徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    見分け方。

    おはようございます。 今回も無事に東京より帰って参りましたが、素晴らしい青空を見る度に汚れてしまった心を清めてくれるかのように、あの青さは誰の頭上にも公平に広がっているからこそ、努力して自分の未来を変える行動をする、公平じゃないと言う前に自分が動かないことを認識する、それだけでも未来は変えることができます。

    さて、今の日本の法律上は恋愛や結婚とは異性とするもので、男性は女性と女性は男性とするものです。

    そして生命学的なことを言うと、地球上に存在する人間や動植物や昆虫など全ての生命体は少しだけオス(男性)が多い、その状態が一番バランスが取れていますが、今の日本で結婚受難となっているのは女性の方です。

    日本の総人口は現在のところ、「1億2千533万3千人」で「男=6千99万人・女=6千434万3千人」となっていますが、今の日本は女性の方が約400万人も多く生命体の原則からずれてきています。

    それだけでも女性が余るのに、更なる問題がニートや引き籠りで、働かずに家にいる男と結婚したいと女性が思う筈もなく、この少ない男性の中からまともな男性を探し当てないといけないのですから、女性の見る目とは本当に重要となってきます。

    しかし、「私、見る目が無い。」と言うのは見る目が無いのではなく、一時の気の迷いや面倒くささから「これでいいや」となってしまう、もしくは目先の損得だけで長い目で見ることができなかった、そういう部分を学ばなければ同じことの繰り返しです。

    ここで良い男の見分け方が分からないと言う人が多いのかもしれませんが、良い男なんて冷静に見ていれば自然とわかるものです。

    それがわからないのは知識として見分け方を持っていない、もしくは似たようなレベルなので違いがわからない、ほとんどがこのどちらかに当てはまりますから、学ぶことで自分に降りかかる火の粉を振り払いたい、そう思うなら見分け方を身に付けるしかありません。

    まずは毎度の如く言っている「食事に行ったら全て男が支払う」で、あなたと言う素敵な女性と食事に行って楽しい時間を過ごしたにも拘らず、その対価となる金額を出せない男はハナから相手にしないこと、そんなせこい男は舛添東京都知事や都議会と同じセコサです。

    「でも、そんなの悪い。」と思うのは間違いで奢って貰ったらお礼を言う、そのお礼を言う気持ちやお返しをする気持ちが無いからこそ「悪い」と思うだけ、ちゃんとお礼を言えない~もしくはお礼を言うのが嫌と言う人ほど、奢って貰うのは嫌と言う気持ちを捨てられない、そういう気持ちの人はろくでなしと付き合うか~もしくは彼がいない筈です。

    この基本中の基本を見ることができないようでは幸せな結婚は無理、この最初の部分で蹴躓くようではダメ、まずは綺麗に奢って貰いお礼をする、これが出来なければ話になりませんが、ここ最近で奢って貰ったことがあるのにお礼をしていない、そんな記憶がある人は減点(恋愛や結婚が遠のく)です。

    ただし、最初から割り勘、もしくは女性に奢って貰う、こんな男とは付き合う方が間違い、これは論外なので最初から対象外の男です。

    これ以外でも些細な所を見ていればわかるのですが、レストランへ入る時に「自分から入るかどうか」で、これは先にお店に入れる方がレディファーストと思うのは間違い、知らないお店に先に入れと言うのは、「お化け屋敷で先にどうぞ」と言っているのと同じ、初めていくお店なら男が先に入るのが本当の優しさです。

    女性が知っているお店なら先に入れても良いのですが、知らないお店なら不安が先に立つから男が先に入るべき、これくらいのこともわからない(気が利かない)男が女性を守れる訳がありません。

    そしてお店に入っても奥の席に女性を座らせる、席に着くのは女性が先、この辺のこともわからないようでは、マナーと言うか心使いができていない、それは結婚後の優しさが無いことにも繋がります。

    男性と食事へ行くと色々なことがわかる、洋食でフォークとナイフが使えないのは仕方が無いけれど、和食で箸の使い方(握り方も含め)が悪いのは頭の回転が悪いに繋がるので、箸の使い方が悪くて粋な男を私は見たことがありません。

    まあ、逆に言うと色々なお店を知っていてマナーが良くて払いの良い男は、かなりモテるので競争相手が多い、もしくは彼女や奥様がいる可能性が高い、こう捉えることもできるので注意です。

    そして移動の時や会社などでも男の器量を見分ける簡単な方法としては、エレベーターのボタンの押し方があります。

    現代社会ではホテルやビルや立体駐車場など色々な場所にエレベーターがあり、そのエレベーターも今は集中コントロールシステムが多く、複数のエレベーターがあっても1ヶ所のボタンを押せばその中で一番早いのが自動的にチョイスされます。

    しかし、古い建物の場合はボタン一つにエレベーターが一つ、この時に男の器量を垣間見ることができます。

    何故なら、一番早く来るエレベーターを見抜いて、そのエレベーターのボタンだけ押す、そうすれば余計な電力も使わないからエコにもなるので、ほとんどのアホな男がやる「全てのボタンを押して、一番早く来たのに乗る。」は、一見すると合理的に見えてもバカな男がすることです。

    もしも、彼や旦那が全てのボタンの押すタイプなら、機転が利かないしカンが鈍いし物事を決められない、そういう部分が諸に見えていることになります。

    このように少しの部分に気を付けていると、男性の本音部分と言うか内側が見えてくるので、まともな男性や良い男を見分けるのは意外と簡単です。

    ただ、そこに甘えや怠惰を許すから見分けられないだけで、ちょっと注意していれば分かる筈です。

    あなたは見分け方、できていますか?

    (*゚Д゚*)ェ…

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop