徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~2。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には良いことがある筈と祈っておりますが、どうこう言っても人と人との縁が繋がった時にこそ良いことがあったと思えます。 物を買ったり美味しい食事やお金が儲かったも良いことですが、そこだけでは一人で寂しい限り、誰かと一緒にいることこそが楽しいことを倍に~悲しいことを半分にしてくれます。

    さて、男心をわからずに恋が終わり、男心を理解せずに喧嘩して結婚生活が終了、そして別れて一人で過ごすなんて言うのも悪くはありませんが、できれば仲良くお墓まで一緒に行けたらと思うのです。

    その為にも「うるせ~な、そんなこと、わかってるよ!」と言わずに、ちょっとだけ素直になって「そうなんだ~!」と思って頂けると学びになると思います。

    今日も男心についてですが、男が恋愛をしている時に女性に求めるもの、それをちゃんと理解している女性は強いです。 私は例え話で「恋愛中はほんわか、結婚したらしっかり。」と言いますが、これを実践できなかったり嫌だと言うなら独身でいたらいいと思います。

    これは「して下さい」ではなく「良かったらどうぞ」であり、したくないならしなくていい、したければしても良いと言う、その判断は素敵なお客様にお任せすると言うことです。

    昔「自由だぁ~!」と言うギャグもありましたが、反発して一人でいるも自由、素直になって結婚するも良し、どちらが良いかは自由に選べる立場に誰もがいるのです。 目の前で起こることは全て自分に取って正しいこと、誰かが命令したわけではなく自分が選んだ道なのです。

    男性が恋愛をするなら一番に「可愛い女性」で決まり、これ以外にはないと言っても過言ではありません。 女性らしく控えめで優しく従順でけなげで、思わず守ってあげたいと思うような女性、これを男は「かわいい~!」と思います。

    しかし、可愛くない女性には見向きもしないし早々に退散してしまうので、この辺はいくら鈍感な男でも「苦手・嫌」と言うのは正直に出てしまうのです。

    では、逆に可愛くない女性とはどういうものなのか、これは女性から見るとわからないけれど男から見るとすぐにわかる、それの分かりやすい部分を大袈裟に並べてみます。

    ヒステリックや自由にさせない(束縛)や度を越した我儘、嫉妬深いやネガティブや馬鹿にしている、このようなことをする女性は苦手と言うより接触(会いたくない)したくないです。

    これは女性なら誰しも持っている感情ですが、それを男に理解しろと言うのは無理なのです。 男心としては「恋愛中は可愛いキミだけ見せてほしい、恋愛期間中はできるだけネガティブな部分はみせないで、そしたら可愛いキミの印象だけが残るからプロポーズできる。」が本音です。

    この世に100点満点の人間はいませんから、もちろん男の方にも悪い部分や反省する部分はありますが、自分と付き合っている以上は明るくて気立てが良くて優しくて女神様でいてほしい、味方になってくれて~褒めてくれて、更には「すごい!」や「かっこいい!」など、自分を後押ししてくれる女性を求めているのです。

    これはネガティブになるなと言っているわけではなく、「少なくとも男の前ではネガティブな状態を見せないで」と言うだけのこと、決して難しいことを言っているわけではありません。

    特に、その中でも絶対にやってはいけないこと、それは「ヒステリックにならない」で、ヒステリックを越した女性を見た男が何を思うか、それは「えぇ? こんなに怒るの? そうして?」と頭が回らなくなり、次には「怖い、怖い、怖い! こんなの鬼じゃん、こんな鬼みたいな女、無理!」となります。

    それも1回の喧嘩が全てを決めてしまうので、「たった1回で?」と思っている女性がいたなら大間違い、たった1回ではなく「1回こそ全て」と言う男心を理解しないといけないのです。

    恋愛期間中は何があっても般若の顔は見せない、結婚するまでは清楚で可愛い女性を演じる、怒るのは結婚してからいくらでも怒れば良い、恋愛期間と言っても長すぎた春以外は約2~3年ですから、それを我慢できないようでは30~40年と言う長い結婚生活は無理です。

    自分が夢を見たいのであれば、相手にも夢を見させると言うのが一番、自分だけ夢を見ることが許されて相手には見せない、そんなことでは結婚どころか恋愛がうまく行く筈がありません。

    鑑定をしていても自分の要求ばかりする方(男女問わず)がいますが、それをおかしいと思わない時点でまともな結婚は無理である、それを理解できていない自分に気付くのが良い恋をする為の第一歩です。

    男性は別として女性の方は、私のところへ鑑定に来る時に「男性占い師の前に行く」と言うことを理解しているかどうか、「別に彼に会うわけじゃねぇし」や「彼の前ではきちんとできる」と、こういう考え方なら改めないと良い恋は無理です。

    「オメ―が絶対じゃねぇし、オメ―は彼氏じゃねぇし、何言ってんだよ!」と、そう思われるのも無理はありませんが、素敵な彼ができている方や幸せな結婚をしている方は、間違いなく占い師であろうと美容室であろうと飲食店であろうと、きちんとした格好で話し方も丁寧で気遣いができます。

    つまり、相手によって態度を変えるようでは良い恋は掴めないのです。

    120万カウンターを記念して食事会を開催しましたが、その時の集合写真を見ればわかるように参加されている方々は一様に笑顔ですが、この時に参加した某女性芸能人の対応は人を惹き付けると女性陣は感心していました。

    この意見を媚びていると思うか、そうなんだ私もやろうと思うか、その辺のバランスと言うか、感覚が素敵な結婚生活を引き寄せます。

    冷静にお考え頂きたいのですが、私は色々な女性を20000人ほど視てきているので、その私が対応できないほど酷い状態だと一般の男では対応できる筈がなく、間違いなく独身でいるか~離婚する未来へ進むかのどちらかです。

    私が更新している男心の活用法を古いと言うのは否定しませんので、古いと思う方は自分の思う通りにすればいいし、参考にしようと思う方は活用して頂ければいいと思いますが、昔から良いものは不変なので良い男の考えも基本は変わりません。

    あなたは男心の活用法~2、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop