徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    10年先。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は元気で健康で素晴らしい一日、それは日頃の行いの御褒美と言っても良く、何かがあれば健康を願うのに何もない時は感謝しない、それこそが人の意識のコントロールの難しさ、何もなければ本当は幸せなのです。

    人は目先の欲が一番重要、これは神様以外はコントロールできません。 その良い例がダイエットで、食べるのを我慢しようと思っても食べてしまい体重コントロールができない、それが目先の欲で一番わかりやすい例です。

    「今、食べたら太る!」とわかっているのに我慢できずに食べてしまう、「今、食べたら病気が・・・。」と思うのに食べてしまう、このように人は目先の欲を我慢できることは無く、「わかっているけれど・・・、我慢できずに・・・。」が日常茶飯事です。

    本当は誰しもダメなことはダメとわかっているのに、それなのについついやってしまう、人は罪を犯しながら生きているけれど反省は一時的、だからこそ人でもあるけれど抑制が効かないと行きつく先は不幸でしかあり得ません。

    私が鑑定の時に「未来を視てお話をする」と言うのは、実はかなり難しいことなんだと最近になって気が付きました。

    私は占い師として未熟なアホタレだと反省していますが、占い師になったばかりの時は「当たれば良い」や「今が良ければ」など鑑定結果さえ良ければいいと言う考えでしたが、それがキャリアを積むほどに人の未来を視ることの怖さがわかり始めて、今は10年先を見据えて鑑定をしています。

    ただし、この10年先を見据えて鑑定と言うのも難しさがあり、初めて来る方には10年先のことを視てなんてやっていたら次は来て頂けないから、30分と言う時間の制約内で今と過去を視てお話をして少し先のことを言って終了が多いです。

    しかし、3回目4回目の鑑定になってくると話す内容も理解度の差が出てくるので、今がこうですけれど未来ではこうなるから、今は嫌でもAをしておけばBと言う未来がありますと、こんな感じの話になっています。

    ただ、それでも人は自分が思う通りの未来でないと受け入れられない、自分が思う通りの未来が鑑定結果に出てこないと間違いなく、「この占い師はインチキだ、当たらない、外ればかりのクソ占い師。」とお怒りになられます。

    後はお決まりの、ホウボウで占い師の悪口を言いまくり、ホウボウの口コミサイトに占い師の悪口を書き込みまくり、その悪口の分だけ自分の人生にお釣りが来てますます不幸になる、その繰り返しで浮上できずに潜行したまま進むしかない人生となります。

    10年先を視るとは今が苦しいことや辛いことがあるけれど、10年先には笑顔でいられると言うことです。

    これを鑑定で話すと「今が楽しくて10年後も楽しい人生が良い」や、「それを何とかするのがあんたの仕事でしょ」と、こういうケースだと私の手には負えないので、他の占い師さんへ行かれた方が良いと思います。

    年間で2千人を鑑定していると10年経った時に過去を振り返って大部分の人が言うこと、それこそが今は苦しくても10年先を視て行動しておかないと、結局は自分がツケを払うことになる現実です。

    恋愛や結婚を例に取ってお話するとわかりやすいのですが、「あの時、誘いに乗っていれば?」や、「あの時、付き合っていれば?」や、「あの時、結婚しておけば?」など、ほとんどの方が「あの時、○○しておけば?」と「しなかったこと」を後悔されています。

    かのソクラテスは、「結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。」と言い、「一度は結婚しておいた方が良い」とも言っています。

    占い師として言うなら、「今の年齢に10歳プラスして、今日の時点で結婚しない選択を正しいと思うかどうか?」で、今はわからないと思いますがほとんどの方は10年後に間違いなく、「あの時、結婚しておけば?」と後悔する未来になると思います。

    だからこそ、今は嫌だと感じても未来では笑顔の道を歩いて頂きたいのですが、10年先の自分を視て今を頑張るとは誰しもなかなかできにくいものです。

    恋愛や結婚は今の自分に応じた相手と出会うもの、いくら選り好みしたところでレベルの違う他の誰かに出会えることはありません。 今の目の前の相手を選んでおく、それが出来る人が結婚できているだけです。

    2015年1月の新年会で初めて出会い、2016年1月の新年会で結婚発表をした「奇跡のA夫妻」ですが、この二人は「男性の幼い部分や未熟な部分を、女性が広く受け止めて程々を理解していた。」からです。

    何故、「奇跡のA夫妻」と呼ぶのか、それは今のままなら素敵なお客様同士が付き合って結婚する可能性は、73%の確率で「無い」と断言せざるを得ない状況だから「奇跡のA夫妻」と呼んでいます。 (何か改善しないと成婚率は27%以下のまま)

    2015年10月のパワスポ巡りより男性の参加を解禁してから、ことごとく花が咲かない状態で、この花が咲かない状態だと間違いなく男女どちらかが鑑定に来なくなります。

    私も鑑定に来なくなると言うダメージを受けているので、それが正しい行動なのかをよくお考え頂きたいと思います。

    未来は変わるので絶対とは言いませんし、奇跡のA夫妻が最初で最後とも言いませんが、気まずくなってどちらかが鑑定に来なくなるのを防ぐ為にも、今後は男女の出会いを全面禁止の方向で考えざるを得ません。

    それもこれも私に能力が無いばかりに、素敵なお客様に多大なご迷惑をお掛けしておりますが、今後も努力して参りますので御愛顧と御支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 m(__)m

    あなたは10年先、今の自分を後悔しませんか?

    (ToT)ゞ スンマセン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop