徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    悪名と無名。

    おはようございます。 今回も無事に東京より帰って参りましたが、この度の東京は台風直撃で交通網が大混乱、飛行機も飛ばないし倉敷へ帰れなかったらどうしようとヒヤヒヤですが、予約を受けた以上は必ず時間に間に合わす、それが素敵なお客様との約束を守ると言うことです。

    さて、いつもいつも修行僧みたいに頑張らなくても、たまにはよけたり逃げたりしないと体がもちませんし、おかしな人をまともに相手にしていたら疲れます。 話してもわからない相手は何の世界でもいるので、自宅警備員を相手に本気になる方が時間と労力の無駄です。

    会社でも上司に変な人がいれば大変な仕事ばかり押し付けられたり、更には噂話で陰口を叩かれて知らない間に悪者にされたり、そういう自分ではどうしようもないことをいちいちまともに相手にしてはいけません。

    人は自分に応じた人と付き合うもの、陰口や嫌がらせをする人たちと付き合うのは自分も同じレベルだからで、どうやってもダメな人をまともに相手にするのは時間と労力の無駄、そういう時には無視が一番ですから徹底的無視です。

    例えば、、今の時代だとロンハーやナイナイがPTAなどから叩かれますが、昔で言うと最高視聴率が50.5%と言う驚異のお化け番組「8時だョ!全員集合」がありました。 この番組ほど全国のPTAなどから「ワースト番組!」として、抗議され続けた番組はありません。

    昔の番組だから知らない人も多いでしょうけれど、ドリフのリーダーのいかりや長介さん曰く、「はっきり言って嬉しかったですよ。 金もかけないで、こんないい番組宣伝ないですもの。」と、誹謗中傷を喜んでいたそうです。

    よく考えるとその通りで、毎日毎日、新聞や雑誌などで「これがワースト1の番組!」とか、「PTAが目の敵!」や「低俗! 下品! ハレンチ!」と叩かれれば叩かれるほど、「そんな番組なの? ちょっと、見てみよう!」となります。

    しかし、視聴率50.5%のお化け番組ですから、一度見たら面白いから次の週も見るようになり、やがては常連様として定着します。

    これが本当に酷い番組だったら最初から誰も見ないし、話題にすらならずに消えていくだけです。 今でも何かあるとすぐにTV局に電話して「抗議殺到!」と、無料で番組宣伝に貢献してくれる一見するとクレーマー、実はありがたい視聴者が多いのです。

    特に今はネットがあるので匿名でのクレームを付ける人が多く、自分のことを非難されると嫌なのに人のことは批判すると言う、そういう人で渦巻いているとも言えます。

    ここがクレームを付ける人の間抜けなところで、テレビに対する最大の効果的な抗議はTVを見ないこと、TVを見ることで視聴率が上がり広告収入が入りTV局が儲かると言う流れが出来上がります。

    だからTVは一切見ないことが一番のクレームなのに、自宅警備員をしていると暇だからTVを見るしかないので、更にクレームを入れる為にTVを見ると言う、TV局に取って誠に美味しいお客様です。

    これはネット上の「Facebook、Twitter、ブログ」などでも同じこと、人気のある人ほど「悪口・陰口・抗議・誹謗中傷」が多いものです。 どんなに効く薬であろうとも必ず副作用があるように、どんな人気者であっても必ず「アンチ」がいます。

    逆に「悪口を言われるようになって初めて一人前」とも言え、FacebookやTwitterをやっている人ならわかりますが、一番悲しいことは「誰からも相手にされないこと」です。 だから、ブログ・Facebook・Twitterをやって誰かから非難されたり、抗議を受けたり陰で悪口を言われても凹む必要はありません。

    どんなに自分が渾身の記事を書いたとしても、100人のうち90人が賛同してくれても、逆に言うと必ず10人は反感を持って抗議します。

    それは正直言って人気の現れで「勲章」であり、冷静に考えると匿名の誹謗中傷が仮に的を射ていたら、間違いを指摘してくれるありがたい存在に早変わりします。

    もしも、鋭い批判なんかあれば自分を成長させてくれる糧で、更に上のレベルへ行くと全くの的外れなことや感情的な八つ当たりの抗議や悪口や中傷、これも歓迎するところとなります。

    レベルが上がるとどうなるかと言えば、ブログのコメント欄やTwitterの返信に、知的センスの無い低俗な言葉使いで書き込んでくる人、意味のわからない抗議や罵詈雑言を書き込んでくる人、もしくはネット上の色々な書き込みサイトへ誹謗中傷を書かれているのを発見すると、「よっしゃ~!」とガッツポーズしたくなるようになってきます。

    誹謗中傷を書き込んで悦に入っている低俗な人たちが、実は悪口の相手の宣伝をしている事実、ネットでもどこでもネガティブな発言や抗議は凄く目立つので、人は思わず惹きつけられて誹謗中傷を読んでしまいます。

    そして次に「どれどれ、どんなヤツかな?」と興味を持ってしまう、それが非常に良い宣伝となります。

    例えば、あれだけ色々なところでケチョンケチョンに言われた、俳優の水嶋ヒロの小説なんかTVを見ない人ですら、「水嶋ヒロ」と言う名前を覚えてしまうほど誹謗中傷がありました。

    「そんなに酷いの? ちょっと、読んでみよう!」と、本屋に行く度に手に取ってしまうほどの効果です。 これと同じでネット上でも実社会でも誰かに悪口を言われたら、「ありがたい、この人は自分の評判が落ちるのも構わず、私のことを宣伝してくれた。」と思うことです。

    「悪名は無名に勝る」で、「誰からも相手にされない良い人と悪口を言われる有名人」の、どちらをあなたは支持するのか、故立川談志師匠は生前に「良い人だけど腕前はヘボな外科医と、守銭奴だけど腕前はピカイチの外科医。 あんただったら、どっちに切ってもらいたい?」と言いました。

    私もネット上で誹謗中傷はありますが、「山崎って、そんなに酷い占い師なの?」と逆にHPを見に来て、それで予約を入れてくれる人が多いから、毎日毎日ブログやTwitterを見て悪口の書き込みをしてくれる人々は、私のことを世の中に広めてくれるファンです。

    その書き込みを信じる人は書き込む人と同レベルだからトラブルの元、お互い合わない方が安全、そういうトラブルの元になる人との縁を遠ざけてくれて感謝です。

    素敵なお客様も会社で虐められようと誹謗中傷されようと、「私が目立つから好きなんだ」とか、「私がすることをいちいち気にしないといけないほどファンなんだ」と、目立つ自分のオーラや行いを自慢に思えばいいだけです。

    誹謗中傷や陰口を叩く人は格下、誹謗中傷や陰口とは下が上に向かってするもの、口撃や誹謗中傷とは自分が負けているからするもので、誹謗中傷をされる方は自然と上に行って、する方とは雲泥の差ができてしまいます。

    あなたは悪名と無名、どちらを選びますか?

    キタ(゚∀゚)コレ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop