徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    お金の活用法~12。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は元気で健康で動けていますから、その状態を感謝しているなら幸運は近付いてくるし、不平不満を言うなら遠のいていくだけですから、今の幸せとは自然に目の前にあると言うか、今の自分が本当は幸せな状態であることに気付く、それが開運に一番ではないかと思います。

    さて、お金についての12回目に入りましたが、お金とは便利なものであるに越したことは無い、無ければ無いでつつましく生きればいいだけですし、あればあるで節約していればお金に困ることはありません。

    それなのにあればあるだけ使ってしまい、無くなれば借金をしてしまう、それがお金で苦労する地獄行きの切符を購入するのと同じです。

    しかし、これは余り長く書くものでもないので早ければ9月には終了したいし、遅くても秋には終了して違うテーマに移行したいと思いますが、お金に纏わる悲喜こもごもは生きている限りが永久に付き纏いますから、それは避けては通れない大切なものなのです。

    世の中にはセミナーなどでお金を簡単に稼げるかのように錯覚させますが、残念ながら経済に関して言うなら「完璧」なモデルが教材に上がるだけで、「そんなの、いねぇ~よ!」と言うケースがほとんどです。

    だから人は損しない為には元を取ると言う考えに終始してしまい、「サンクコスト(既に支払い済みのお金)」に、いつまでも執着して元を取る為には平気で人を裏切ったりもします。

    つまらない映画だとしてもチケット購入してみている以上はお金は返らない、食べ放題に行って元を取ろうとしても食べられる量は決まっている、そういう返ってこないお金は判断材料にしてはいけません。

    映画がつまらないけれどお金を出しているから見る、欲しくないけれどお金が勿体ないから食べる、これらは全て間違った判断なのに「元が取れない」と言う浅ましい考えに陥るのです。

    このサンクコストがギャンブルや投資にはつきもので、「もう、後には引けない!」となってさらに泥沼にはまる、その考え方をやめれば助かるのにやめられない、その怖さがわかっていないままにセミナーなどへ行くから、カモネギとなって喰われてしまうのです。

    私は時間は命であると何度も繰り返していますが、良い歳になったら時間を無駄に失うことの怖さに気付かないといけないのです。

    機会費用(他のことの為に使えなかった時間)と言う言葉がありまして、一番わかりやすいのはパチンコへ行く男です。 私はパチンコへ行く男と付き合っても未来は暗いと言いますが、どうこう言ってもろくでなしとしか言えません。

    何故なら、本来の人間とは労働する義務があるので1日8時間働いて家族を養う、それが普通の男ならするべきことの筈ですが、その一日8時間をパチンコへ行ったとします。

    そうなると1日8時間を時給1000円で働いたとしたら8000円ですが、これがパチンコへ行って8時間で5000円負けたとします。 この時にパチンコへ行くような男は必ず「5000円負けた」と言う感覚しかない筈ですが、機会費用で計算すると「8時間働いたら手にできた8000円+負けた5000円=13000円」と、本当の損した金額は13000円なのです。

    これはスーパーの安売りにも言えることですが、10円安いからと言って電車に乗って隣の駅まで言って買い物をしても、電車賃と労働時間の損をしていることに気が付いていません。

    また、男ならラーメン屋に~女性ならお得なランチに長い行列に並んでまで行くこと、これが本当に良いことなのかどうか、行列に並ぶ時間があれば1000~2000円を稼げている筈ですが、いくら500円で安いランチに見えても機会費用を足すと2500円になっています。

    こういう考えのできない人がセミナーに行こうが投資をしようが商売をしようが、どれをやっても損するだけでまともな結果にはなりません。

    お金を使うと言うのは自分の未来の労働時間をつぎ込んでいると言う現実、働いたらお金を貰えると言う労働条件の話をしている訳ではなく、あなたが無駄使いをしようとしている時に、「このバッグを買うには時給1000円なら24時間働かないといけない」と、これから使うお金が「どれくらい働いたら手に入るお金なのか?」に気付くことで、かなり防げるようになります。

    これから自分が使うお金の大切さは、どれくらい働かないとダメなのかを考えていると、「40時間分の対価か?」や「80時間も働かないと買えないの?」など、これこそが無駄使いの抑制になると思います。

    例えば、毎週合コンや飲み会に行ってストレス発散と言うのは構いませんが、その時に使うお金が2万円とします。 その2万円を稼ぐ為にストレスを溜めて仕事をすると言うのであれば、それは本末転倒でお金とストレスを交互に無駄使いしていることになります。

    本当にお金を溜めたければ、「節約と稼ぐが一体」でないと無理なのです。

    節約だけで行こうとしたら、仮に毎月3万円の貯金をして30年後にいくらになっているか、その答えは1080万円ですが「少ない or 多い」のどちらに感じるかと言えば、大抵の人は「少ない」と感じる筈です。

    それは30年間毎月節約してきた結果が、この金額だと居ても立っても居られないほどがっかりで、「そんなもんなの?」が本当のところだと思います。

    結局は心に付いた贅肉をそぎ落とさない限り、いつまで経ってもお金に対する考え方は変わらない、そこのところをよく考えるとお金を貯めると言うことが本当に出来始めると思います。

    あなたはお金の活用法~12、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop