徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    無断キャンセル。

    おはようございます。 今日は祝日ですが素敵な一日の始まり、それは素晴らしいあなたの未来が輝いているからで、人は善行を積もうと努力までしなくても、周りへ迷惑を掛けないだけでも開運へ繋がります。

    例えば、前から歩いてくる人を除ける、電車に乗り降りする時に邪魔にならないようにする、公共の場所では大声を出さず静かにする、人の誹謗中傷(陰口)を言わない、このように運を良くするには基本的な部分があります。

    占いとは言っても誰でもかれでも運が良くなるわけではないし、必ず自分が理想の相手と結婚できるわけでもありません。

    相手に嫌がらせばかりする、人の悪口ばかり言う、場の空気を読まずに気が利かない、こういうことをしたら人との縁が切れてしまいますが、これで縁が繋がると思う方(開運できると思う方)がどうかしています。

    相手が喜ぶことは相手の受け取り方にもよるので難しいけれど、周りに迷惑を掛けないのは自分の注意でやれること、相手に嫌な思いをさせないのは自分の注意で防げます。

    さて、今年も後半戦に突入しましたが、1~6月で良いことがあった人はおめでとうございます。 そして良いことが無かった人は、後半で良いことがあるのであきらめないでください、そういう感じでどちらにしても良い方へ取るのも開運には大切なことです。

    私の人生はろくでなしそのものでしたが、素敵なお客様のおかげで好転しましたから、本当にありがとうございます。 今日は私の悪い部分の反省文みたいな内容で、ここから先は全て私の責任で反省するばかりです。

    人生において目の前で起こることは全て正しい、悪いことがあっても修行や改善点と思えばいいだけですし、良いことがあれば素直に喜んで活力源にすればいいだけ、私は常に修行をしている毎日で課題を与えられているだけです。

    今年は男性鑑定が昨年以上に増えていて、色々な男性にお会いできるのは良い勉強になっています。 今年はある男性を鑑定したことでNさんと言う男性の話がよく出て間接的な繋がりができ、次は直接会える立場になろうと目標ができたり、男性鑑定が増えているのは違いと味がある日々となっております。

    しかし、世の中、甘くはありません。 男性鑑定が増えた分だけ女性の鑑定枠が減りましたが、それは枠の数が決まっている物理的なことに加えて、枠を無駄にする問題が増加して、プラス分をマイナス分で打ち消してトータルは同じとなっています。

    その問題とは「無断キャンセル」で、2016年1~6月の上半期だと「東京240件+倉敷34件=合計で274件」ですが、これを見れば一目瞭然で東京鑑定での無断キャンセルがほとんど、もしも東京鑑定で無断キャンセルがゼロならば、予約待ちが現在の6ヶ月待ちから1年待ちになっています。

    「そんなに多いの?」と思うかもしれませんが、「予約を忘れる・相談が無くなった・行くのが面倒になった」など、様々な理由で無断キャンセルがあります。

    2016年2月5日(金)の東京鑑定で一日に9人の無断キャンセルが出たのが過去最高、これにより東京鑑定のみ無断キャンセルする可能性が1%でもある人には、お電話にて確認する作業を開始しました。 (注:それまでは信用して、一切確認はしていません。)

    こちらから電話すると「あぁ、キャンセルします。」との返事ですが、私から電話した時点でキャンセルすることが分かっているのに、それでも連絡がないのは「連絡する意思が無い=無断キャンセルする気」となってしまいます。 (キャンセルされるのは私の責任で、魅力と実力が無いからだと反省しております。)

    ただし、人には色々な用事があるのでキャンセル自体は仕方が無いこと、連絡さえして頂ければキャンセル自体はOKですが、全く連絡無しでキャンセルされると枠が無駄になるので、こちらから電話して確認と言う作業を始めております。

    では、無断キャンセルの見分け方ですが、キャンセルする確率により電話の内容を変えています。 無断キャンセルする確率「0%」の時は、必ずお越しになられるので確認の電話自体をしません。

    「1~20%」の時は、ほぼお越しになられるので「予約は続行されますか?」と、確認するだけです。 「21~50%」の時は、「予約は続行されますか? どうされますか?」と、来ることが前提の確認になります。

    「51~80%」では、かなりキャンセルする確率も上がり、「予約は続行されますか? それともキャンセルされますか?」となり、「81~99%」になると、「予約はキャンセルされますか? どうされますか?」と、キャンセルすることが前提の確認となります。

    そして「100%」の時は、「予約はキャンセルでよろしいですか?」と、キャンセルの確認をします。

    100%の時は大抵が「なんで、わかるん?」と言われますが、「キャンセルされますよね?」と念押しすると、しばらく沈黙の後に「キャンセルします・・・。」となります。 「何でわかったんだ?」との邪な気持ちが視えるのは残念ですが、「ありがとうございました」とお礼を申し上げて終わります。

    ただ、私も万能ではないので「着信拒否・行くと嘘を吐く」にはお手上げで、着信拒否だと「もしかして来るかもしれない?」と迷いが出て、実際に着信拒否をしているのに来たケースが過去3回(視抜けなかった)あります。

    着信拒否なのに来たケースはまともな鑑定にはならないので、着信拒否をしている場合は無断キャンセルの方が良かったとも言えます。

    また、無断キャンセルする気だったのを視抜かれてカチンと来て、意図的や恣意的に嘘を吐くのもお手上げです。 電話口で「それは嘘ですよね」と言えばトラブルになりますから、仕方なく相手の言葉を信じるしかありませんが、霊視では来ないと視えているので迷いが出てしまうのが未熟な私のアホなところです。

    今日は私の間抜けな日常についてでしたが、これは無断キャンセルしてやろうと思わせてしまう私が悪い、行きたいと言う魅力あるレベルにないから無断キャンセルされるだけ、全ては私の責任で誰のせいでもありません。

    このように間抜けでアホタレな私は予約が入らず暇な占い師として悩んでいるので、素敵なお客様方が予約を入れて頂けることには本当に感謝しております。 素敵なお客様からの予約が無ければ私は単なるプータロ―(無職・ニート)で、予約の電話を掛けて頂けることは極上の幸せで、本当にありがとうございます。

    あなたは無断キャンセルについて、どのようにお考えですか?

    (b´ω`d)アリガトウ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop