徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    年収2千万。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せなことがある、それは出会いかもしれないし、仕事で誉められることかもしれない、人によって幸せの感じ方は違うのでお金と言う選択肢もあり、高収入なら結婚できると言う人だっているかもしれません。

    ただし、年収2000万と言うのはお金持ちではない、この話をするとほとんどの人が「?」となりますが、それは無理もないことで周りを見渡して年収2000万がいるかと聞かれた時にほぼいません。

    日本で年収1000万以上の男性は増減があるとは言え、全人口の3.9~6.1%の間から変動なし、普通に生きていたらほとんど関わりを持つことはありません。 そして年収900~1200万くらいが、破産宣告や見栄を張って貧乏になったなどの憂き目に一番遭います。

    実は日本で一番幸せなのは東京だと年収400~500万、地方だと300~400万の家庭になりますが、その意味は最後に解き明かしたいと思います。

    普通の人が見ている世界と富裕層が見ている世界の違いこそが年収の差で、年収1000万でも貯蓄ができず逆にローンを抱えて四苦八苦して貯蓄も300万以下、そういう事実を知らないと勘違いしてしまいます。

    日本の場合は金融資産を全く保有していない世帯は30.4%、これは約3軒に1軒の家庭に金融資産は全く無いことを示していますが、これは働きもせず贅沢ばかりの生活保護も入れての話です。

    年収1000万の家庭を見ると10.8%の世帯が金融資産を保有していない、そして年収1200万以上の世帯では11.8%、このことから見ると年収が高いと貯金ができる訳ではありません。

    年収が1000万の家庭より1200万以上の家庭の方が、金融資産を全く保有していない比率は多く、中途半端なお金持ちは見栄を張ったり贅沢な生活がエスカレート、貯蓄どころじゃ無くなっている場合が多いです。

    日本で高年収サラリーマンとは年収1500万~3000万の辺りですが、よくあるパターンが年収3000万と言う高給取りなのに貯金が1000万以下のケースです。

    このパターンに入るのは医者や外資系のサラリーマンや弁護士で、年収3000万だと所得税+住民税=実効税率は約30%台、実質2000万以上が自由に使えるのに、どうして貯金が1000万以下なのか、そこが中途半端なお金持ちの怖いところです。

    実は「身の丈に合った生活をせず背伸びをしてしまっているから」で、年収3000万なのに年収1億の富裕層のイメージで生活してしまうから、いつまで経ってもお金が溜まらないのです。

    逆に年収700万円以下の公務員の家庭は年収から考えると貯金がある世帯が多く、年収700万円で貯蓄が3000万円も珍しくありません。 生活を地味にできたり官舎でコストが安かったり、夫婦共に公務員だったり「入る=多い>出る=少ない」を実現しやすいのです。

    大手広告代理店勤務などの年収1800万円の家庭を見ると、高額なタワーマンションに住み旦那は会社の女性と不倫、そして家族も年に2回は海外旅行で身に付ける物は全てブランド品、贅沢を覚えるような生活をした上に生活レベルを落とせない、これでは収入が高くても貯金ができる訳がありません。

    実感が沸かないかもしれませんが年収1200万~3000万円くらいの場所には、本人も気付かない大きな落とし穴があり、この落とし穴に落ちないようにしないと真の富裕層にはなれません。

    この高収入な人たちや家族が落とし穴に落ちる理由は、見栄と競争心からくるプライドの塊が一番の理由です。 タワーマンション・車・時計・バッグ・クルーザー・ミシュランのレストラン・海外旅行など、他人に対する見栄を抑えられなくなるのです。

    この辺りの収入だと「また、入ってくるから大丈夫!」と勘違い、銀行も現在の収入を見て分不相応なくらい貸してしまうし、カード会社も過去の実績から限度額を引き上げている、そうなれば目の前の現金や貯蓄が少しくらい無くてもすぐに入る、この感覚は高収入貧乏への入口どころか嵌りこんでいます。

    例えば、フェラーリの新車を6年払いで買うと約2700万円くらい、これを6年払いだと毎月37万円の支払い、年収1200万円の人ではきつい金額ですが年収3000万円の人なら、毎月175万円の手取りですから払えます。

    しかし、ローンを組んで買った6年後に残るのは6年落ちの中古車、ところが真の富裕層は税金対策などで2年ごとに買い換える、約2年間で数千万円分の経費を落とすことができます。

    つまり、フェラーリを買う行為は同じでも1200~3000万円の人たちと、真の富裕層が見ている世界は全く違います。 やっとの思いで外国車を買う人たちと節税の為に仕方なく2年ごとに買い換える人たち、この違いこそ高収入貧乏にならない為に見なければならないところです。

    これは家やクルーザーでも同じこと、年収1200~3000万円と真の富裕層が見栄を張り合っても、傍目からは同じお金持ちに見えても次元が違います。

    年収1200~3000万円くらいで落とし穴に落ちない為には、必要最低限の生活費以外は全て貯蓄するくらいの覚悟が必要で、年収200万円の人よりも質素に生きなければ真の富裕層への道は開かれません。

    結局は昔話のように正直にこつこつと生きるを実践しないと、派手な生活の後に残るのは悲惨な現実だけです。

    なお、独身で30代にして年収2千万円を稼ぐような男の場合、ここまでの内容とは違い仕事ができるし計算もできる、周りへの配慮もできるし精神面でもハイレベルが多いので、間違いなく真の富裕層へ向かって進めます。

    しかし、こういうレベルは仕事で忙しく女性と付き合う暇など無い、結局は東京だと年収400~500万円、岡山県など地方だと年収300~400万円、この辺りが一番楽な人生が送れます。

    遅くても仕事が夜7~8時には終わり、土日など完全な休みがあり、正月やGWには長期の休み、趣味の時間も取れ、家族と遊びに行く時間もあり、夜は飲みに行きグダグダと酔っ払う、こんな男と30代で年収2千万円の男では仕事も人生も責任の重さが違いすぎ、比べることはできないから住む世界が違う、正解不正解の問題ではなく思想の問題です。

    メールや電話をして欲しい、週に一度は会って欲しい、家族サービスをして欲しい、子育てを手伝って欲しい、これを言うなら30代で年収2千万円の男と恋愛や結婚は無理です。

    私は脳外科の福島孝徳先生を尊敬していますが、福島先生が「休みは無いんですか?」と聞かれた時、「休みは人生の無駄、土日祝は僕には関係ない、一人でも多くの患者さんを助ける為には、休んでなんかいられない。」と答えました。

    福島先生ですら一日も休まないのに私みたいな未熟でアホな占い師が休んでいる暇などなく、素敵なお客様方にお越し頂ける以上は一日たりとも休むつもりは無く年中無休が基本、もっと予約が入って~もっと鑑定をしたい、3年待ちにならないようでは私は単なるアホな占い師のままです。

    あなたは年収2000万と、結婚したいですか?

    ゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop