徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    お金の活用法~6。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は朝起きて自由に動ける奇跡を手に入れている、それなのに「あれ欲しい・これ欲しい」となるようでは、幸せの意味合いをはき違えていますが、人の幸せとは日常生活に何も起きていないことなのです。

    さて、お金の活用法も何度も読んでいると、お金に関して甘い話はないことがお分かり頂ける筈ですが、「お金が足りないから、給料の高いところへ転職したい。」と、甘い話をする人がいるのを笑えない人が多い世の中であることも事実です。

    最初の「お金が足りないから~」の部分からして間違っているのですが、お金が足りないのは使うからなのに、「お金を使ったら無くなってしまうのは、何故?」と、鑑定の時に真面目に聞いてくる人は多いのです。

    今日は厳しい言葉の連続になると思いますが、彼や旦那が仕事を辞めたいとか上司が嫌だなどと甘えたことを抜かしたら、彼女や奥様の立場として「あなたは辞める権利を口にする立場にすらなれていない」と、ちゃんと自分の立ち位置を教えてあげるのが彼女や奥様の務めです。

    ここから厳しい内容の連続ですが世の中はお金のぶん取り合いで、その争いが終わるのは企業なら破綻や倒産で個人なら死、生きている限りは際限なくお金を奪い合うのが生きると言うことです。

    世間と言うのは人の命の重さや人の人生がどうなろうと、まるで知ったことじゃないのが現実で、実際に世間では多くの殺人や窃盗が起きていても自分に降りかからない限り人は無関心、興味があるのは自分の給料の額や支払いがいくらあるかなどで、お金があってこそ生活が成り立つことを認識しないと生きて行けません。

    先ほどのように高い給料が必要と言うなら資格や技術があるのかどうか、今までに何も築いてこなかった男が今さら何ができるのかを想像して、今まで努力してきてきちんとレールの上を行く男の人生と比べて、ぼけ~としている自分が同じな訳がないことに気付かないとダメ男のままです。

    毎日きちんと出社して出張や単身赴任などを働いて、10年20年と繰り返し続けて40~50と言う歳になってやっと蓄えられる貯金が1000万~2000万と言うお金、自分には向いていない~思ったような仕事じゃない~希望通りじゃないなど、言い訳している男に未来の出番はありません。

    継続した努力ができないのに高い給料なんて無理な話、それでもどうしても高い給料が欲しいなら身体(命)を張るしかなく、「俺は、もう、充分に頑張った。」なんて自分で言う男ではダメ、給料が低いと言うなら他人に負けていることなのに努力はしたくないなんて、本当にどうしようもない生活と考え方の男です。

    ダメな男がやることの一つに不平不満があり、お金を出す側と受け取る側ではどちらが切り札を握っているのか、勿論ですが切り札を握っているのはお金を出す方なのに貰う側が偉そうな話し方をします。

    まだ、受け取っていないと言うことは途中経過にも拘らず要求が甚だしい、お金儲けのできる人は頭を垂れて服従を装った方が利口だと知っていて、受け取るまでは下手に出ると言う世渡りの基本ができています。

    ある意味でお金は命より重い部分があり、世間では綺麗事を言いますが借金返済の為に生命保険に入って自殺する、それで借金を返して残された家族が良い生活ができるなら死を選ぶ、そして家族も毎日取り立てが来るよりも平和で贅沢ができるならと思う、それこそお金は命より重いと言う証です。

    人は好まざるに関わらず生きる為にはお金を得る、そしてお金を得る為に時間の多くを費やしています。 自分の命を削って存在そのものをお金に変えている、それは自営業者も公務員もサラリーマンも全てが同じ、気が付いていないだけで命の代償がお金ですから、無断キャンセルする人は命を奪って平気とも言えます。

    お金に甘い人は必ず「もう少し待って」を言いますが、社会と言うのは自分の母親ではないから、お金にルーズで甘い人をいつまでも待ったりはしない、あれこれ理屈を言うのが得意な人はお金に甘いことが多いのですが、自分が持たざるモノなのに語ってどうもなりません。

    いくら語っても状況は何も変わらないままで、そういう人が今すぐにするべきことは働くこと、一生懸命に働いて自分に勝つことから始めないと、自分に負けてばかりいるから人生の意味がいつまで経っても分かりません。

    自営業でも同じことで「儲かったらいいな」と言って親や奥様のお金を使い続ける、そんな「儲かったらいいな」ではなく「必ず儲ける」でなければ自営業をしてはなりません。 そういう自営業者は失敗して行きつく先が地獄ではなく、今現在が既に地獄の釜の底なのに気付いていないのです。

    社会と言うのは質問すれば答えが返ってくるものではなく、社会では肝心なことは何一つ答えない、企業でも官僚でも政治家でも「遺憾・善処」などと言うだけで肝心なことには何一つ答えない、これは企業でも省庁でも経営者でも個人でも同じこと、曖昧にして答えないからこそ生き抜いています。

    その基本を分かっていないから地獄行きになるだけ、世の中には親切丁寧に答える人もいますが、それは大抵が答える側にとって都合のいいケースがほとんど、その好例がネットワークビジネスで気持ちの良い内容を聞いて信用して騙される人の多いこと、乗せられているだけなのに気付かないのです。

    質問に対する答えと言うのは真偽がわからないのに、人は聞くだけで安心してしまうと言うか~信用して楽になりたいと願うもの、だから詐欺に遭う人は減らないし無くならないのです。

    ダメ男によくある行動パターンとして、働こうかどうしようかを迷っているなら一生迷い続けて貴重なチャンスを失い続ける、20歳を超えて何年も経つなら気付かなければならない、働いて自分に勝つことが全てで結果の伴わない戯言は誰も聞いてはくれません。

    野球のイチロー選手やサッカーの本田選手が脚光を浴びて、みんなが賞賛するのは本人が結果を出したからで、よく闘ったからじゃなく結果を出したからのこと、結果を出したからこそ人格までもが肯定されています。

    もしも、結果を出していなければ言うまでもなく誰も相手にしない我儘やマイペースと言われるだけ、今燻っている男性には厳しい言い方ですが一切結果を出していないままで囀っているだけ、結果を出せないのに言うことだけは一人前が称賛されない理由です。

    彼女や奥様に対して生きているだけで迷惑を掛けるレベルになる前に、彼女や奥様を幸せにする努力は男としてやらなければならないし、自分の生きている人生に価値を見い出したいなら男として、まずは働くこと~それも彼女や奥様が心配するくらい働き詰めになることで、死ぬほど働いたと周りが認めてから初めて信用とは得られるモノです。

    あなたはお金の活用法~6、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop