徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    外れくじ。

    おはようございます。 人は生きているだけで丸儲け、日本に生まれただけで世界でも上位級の幸運、それに気付かず不平不満を言うようではどうにもならないのですが、そんな贅沢な生活に気付かず不平不満を言いまくる30~40代で引き籠りの男性が日本には数多くいます。

    年間で2千人を鑑定していると50代~60代のお母様方より、「うちの息子が働かない」とか「家から一歩も出ない」など、こういう話は五万と聞きます。

    これは日本が豊かで平和な証拠、明治時代に憲兵が来て調査(今で言う職務質問)を受けた時、職業欄に無職と書いたら「なかなか、良い暮らしをしているな?」と、褒められたくらいですから歴史は繰り返すで、無職の男性が増えているのは日本が豊かな証拠です。

    女性の引き籠りやニートもいるにはいますが、私が受ける相談の比率で言うと9:1で圧倒的に男性が多いです。

    岡山市でも倉敷市でも息子をマンションに一人暮らしさせているのは、「自宅にいられると近所に恥ずかしいから」と言う理由が大半、ニートや引き籠りの息子に岡山駅や倉敷駅にほど近い便利なマンションを借りてやり、総社~笠岡~瀬戸内の辺りの親でも「うちの子は岡山に出て働いている」と、見栄を張っている親もかなり多いのです。

    こういう男性の過去は勉強もせずに悪いことばかり、喧嘩や万引きなど自分のことしか考えない、すぐにガンをつけたり喧嘩を吹っ掛けたり、いざとなれば逃げることには素早いから罪を逃れ、尻拭いは親に任せて知らん顔です。 もしくは元々の性格なのか~虐められて性格がねじ曲がったのか、実力も無いのに上から目線で人に嫌われ、口だけは一人前でも実際はニートなど、ろくでなしにも呆れるほど色々なタイプがいます。

    こういう男たちは総じて「俺は、こんなところにいる人間じゃない。」や、「俺はクリエイティブな仕事でビッグになる!」など、実力も中身もないのに上から目線でプライドだけは一流のままです。

    こんな男たちが生活保護になるのを例え話で書いてみると、中学までは義務教育だから行けるけれど高校は違うので、いじめに遭うとすぐに中退してその場から逃げる、そして親の金で通信制の高校に通ったり、遠く離れた県外の高校へ通ったりしますが同じく中退するの繰り返しです。

    こういうケースでは大抵が4~5校は高校を渡り歩くのですが、基本的な人間関係構築ができないことや学力不足が原因で通わなくなり退学がほとんど、そこからお決まりの引き籠りに入るのですが男だから性欲だけは一人前以上にあります。

    性欲だけは一人前以上だけど女性に目を向けても相手にされる訳もなく、そこから後はお決まりの性犯罪に走るのですが、ここでも親がお金で示談にするケースが大半で表ざたになることは少ないです。

    その好例が岡山県北の●山中学の2年担任教師が生徒名簿を悪用して、女子生徒100人をレイプした事件、この男性教師は今ものうのうと暮らしていますが、いつものことだから誰も無関心、これが岡山県内の教師のレベルで通常運転、私の通った県北の小中高の偏差値は大体10~30の間です。

    そして親も高校へ通わすことをあきらめて自宅へ引き籠ることを許可、こうなると部屋でネットやゲームを一日中するろくでなしの出来上がり、部屋から極力出ない為に尿をペットボトルにして部屋に並べる、食事は親に部屋の前まで運ばせて気に入らなければ母親を殴りつけます。

    こんな生活が成り立つのかと言えば「親が生きている限り成り立つ」で、親はどこまでも息子には甘いままなので、万一の時には家を売ってでも息子が快適に生活できるようにします。 (厳密に言うと死んでも成り立つ、親の保険金や遺産があるし、それも無くなれば生活保護。)

    こういう男たちは相談を受けてもどうしようもないのですが、とにかく母親が言うのは「うちの子は本当は良い子なんです、やればできるんです、悪くないんです。」で、仕事をさせたいと言う割に「綺麗で~楽で~高給で~能力が発揮できて~。」と延々息子自慢、こんなバカ息子に就職先なんてある訳がないことに気付けないのです。

    では、大学を出ているならこうはならないかと言えばとんでもない、私は世間の評価とは違い「東京大学と早稲田大学はアホばかり」と常日頃から公言していますが、自分たちは頭が良いとばかりに上から目線で支配欲や顕示欲や物欲にまみれているだけで、中身は何も無いのが実情です。 (その証拠に官僚は東大卒ばかりですが国の借金は増える一方)

    これもまたろくでなしの見本みたいな男たちですが、東京大学を出て大手企業に就職したのは良いけれど、少しの残業で過酷な労働と言い始めて、更に東大出身のプライドから周囲と対立して人間関係の破たん、そして退職したのですがどこへ行っても面接で落とされます。

    仕方なく採用された単純作業も自分が満足にできないことは棚に上げ、せっかく指導と注意をしてくれる上司に向かって、「低学歴のクズのくせに、僕は東京大学卒だぞ!」と言ってクビです。 (日本の生活保護やホームレス、大学別では東大卒が一番。)

    こうなるとお決まりの引き籠り生活に突入するのですが、無駄に知識だけはあるので自分が上になれるオンラインゲームの一つ、FPSなどを好んでするようになります。

    注:FPSとは「ファーストパーソン・シューター(First-Person Shooter)」の略で、プレイヤーが主人公の視点(一人称視点、主観視点)で、ゲーム内の世界を任意で移動することができる3Dのアクションシューティングゲームを言います。

    しかも時間だけはたっぷりあるので朝から晩と言うよりは夜から朝までやりまくり、朝には寝て夕方に起きてゲームをやるの生活、これがニートや引き籠りが好きな「働いたら負け」と言う迷言に繋がります。

    多くのご相談を受けているからこそ分かるのですが、結婚相手に満足いかない理由は「外れくじを引いたから」で、人は誰しも運命から3本のくじを見せられているのですが、そのうち1本しか当たりくじはありません。

    しかし、大半の女性は当たりくじを除けてから、外れくじ2本のうち「どっちが良いかな?」とやっているだけ、それも一つは浮気癖で一つは借金癖と言う感じで、どちらがより不幸にならずに済みますかと聞かれているようなもの、どちらを選んでも同じとしか答えられません。

    イケメンで背が高くて収入が多くて話が面白い、この理想も良いけれど世間の実態(男たち)は、このような引き籠りやニートが数多く存在する現実を見ないと、男の数は限られている~それも良い男と言うよりまともな男は限られている、その部分を少し見て頂けると恋愛も結婚も少しは進展するのではないかと思います。

    私のところへ鑑定に来ている男性が絶対に良いとは言いませんが、私の話(寄付やボランティア)を理解できる男性ですから、世間の男性よりは少しだけましではないかと思います。

    ただ、理想と言うのは100人いれば100通りですし 人には好みもあるから好き嫌いは人それぞれですが、好みの差はあれど顔や雰囲気で斎藤工さんや西島秀俊さんを良い男じゃないと言うなら、私の周りに良い男はいないと言うしかありません。

    あなたは外れくじ、引きたいですか?

    ゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は週明けの予定で、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop