徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    アップルとソニー。

    おはようございます。 今日も視線を移せば色々なことが起きているのに、一つのことだけに目を凝視していると、周りのことが見えずに開運どころか不運が起きるかもしれません。 なお、男子会の連絡は全員終了しましたが、もしも私が忘れている方がおられましたら、至急連絡の方をお願い申し上げます。 m(__)m

    さて、いつまでも変わらないままでいることが正義ではなく、臨機応変に対応することも大切で、伝統を守るだけではジリ貧になってしまうから、見えないものを見るようにして時代に追いついていかないと差は開く一方です。

    その好例はが絶好調のアップルと息も絶え絶えのソニーで、昔はソニーの方が上だったのに今では埋めようがないほど差が開き、もはや逆転は不可能と言えるのかもしれません。

    では、その差はどこにあるのかで、アメリカ経済が短期的利益だけを追い求める近視眼化の傾向を強めている今、その象徴とも言えるのがアップルで、独自の技術を開発した訳でもなく、さまざまな既存技術を寄せ集めただけの製品で利益を伸ばし続け、時価総額がアメリカ第2位と言う巨大企業になりました。

    ここには重要な論点がいくつか含まれている感じで、まずは「アップルが独自の新しい技術を開発した訳ではない」と言う点で、これは意外にも「その通り!」と言う関係者は多いと思います。

    iPodの原型はソニーのウォークマン、iPhoneの原型はNTTドコモのiモード、iPadに至ってはiPhoneとノートPCの中間、これが関係者の感じていることです。

    そしてタッチパネル方式もゼロックスが開発したモノ、アップルはそれを真似(利用)して新たに組み合わせただけ、だからと言ってアップルがダメではなく功績は素晴らしい、過去のさまざまな新製品だって同じことが言えますから、自動車だって全く新しい技術を作り出した訳ではありません。

    何百年も前からあった馬車にガソリンエンジンを載せたのが車、アポロ宇宙船など寄せ集め技術の最たるのが自動車、それにパクリで有名な中国ですが、中核技術のロケットは11世紀の中国で発明されたものです。

    この世で全く新しい技術に基づいて作られた製品とは、現代社会では原子爆弾やプログラム内蔵型コンピュータくらいで、過去に存在していなかったものと言う定義でしかなく、後は半導体素子やLED電球くらいです。

    アップルが凄いのはさまざまな技術の組み合わせから、従来はなかった新しいコンセプトの製品を作り出したこと、フォードだって自動車を発明した訳ではないけれど、個人で買える価格の自動車を生産したことが凄いのです。

    iPhoneは「スマートフォン」と言う新ジャンルの開拓と想像で、日常生活どころか見方や考え方すら大きく変えています。 iPhoneは目がタッチパネルへ向きがちですが重要な点はインターネットがあること、iPhoneにより個人向けのクラウドコンピューティングが始まりました。

    日本の問題はこうした意味でのブレイクスルーを実現できなかったこと、スマートフォンはiPhoneの基本コンセプトを真似て、細部に変更を加えているだけで独自性がありません。

    特にゼロックスはタッチパネル方式と言う技術を生み出した本家にも関わらず、それをPCに応用しようとしなかったことやスマートフォンへ進化させなかったことが最大のミスです。

    日本企業が短期的な経済条件の変化に動かされないのは事実ですが、日本企業は経済条件の短期的変化にも長期的な変化にも鈍感なだけ、マーケットの変化に対応しようとしないと言われています。

    株式市場は遊びではなくお金の掛かった真剣勝負の場、アップルとソニーの株価の推移を見ると差は歴然、アップルの現在の株価は2004年頃と比べて10倍以上、2001~2003年頃と比較したら30倍近くにもなります。

    これはアップルの製品は革新的なもので、全世界の人々が価値を評価している、そのように素直に見るしかありません。

    一方、ソニーの株価は2000年頃には1万4000円前後でしたが、2001年には4000円台にまで下がり、「ソニーショック」と言われた現象は2003年春のことです。 2007年には7000円前後に回復しましたが、経済危機で1000円台まで落ちて1500円前後で動いたりしていますから、2000年頃に比べると約9分の1になっています。

    ソニーは革新的な製品を生み出せず価格引き下げ競争から脱却できずに、体力を消耗しつつあることを示しています。

    そしてアップルは中国など新興国の安い賃金を用いて製品を作り、それを所得の高い先進国で売るからこそ利益が驚異的な水準に達します。 アップルの成功は新興国が工業化した後の先進国においても、製造業が高い利益率を上げうることを示しました。

    つまり、先進国の製造業は従来とは異なるビジネスモデルを採用する必要があり、しかもアップルの製品は価格以外に魅力がある為、激しい価格競争が生じてしまう製品ではありません。

    今となっては元の技術を開発したのがアップルかどうかは問題ではなく、重要なのは製品のコンセプトでアップル製品は新しいコンセプトの製品で、人々の生き方を変え~モノの見方や考え方も変えてしまうのです。

    それに引き換え日本の製造業は賃金水準が高い日本で生産して、所得の低い新興国に売ろうとしていて、しかも製品は価格勝負だから差別化要因は価格のみ、だから新興国メーカーとの激しい価格競争に巻き込まれて利益水準が低迷します。

    日本企業がアップルに負けるのは結局のところ生き方の差で、経営者が「どういう生き方をしたいのか?」が、きちんとしていなかったことに尽きる、それは三菱の偽装問題を見れば分かります。

    お金を儲けるには何でもあり、目先のことばかり考える、人はどうでもいいから自分のことだけ、そんな考えだから日本の技術は優秀なのに活かせない、社員のやる気を削ぐようなことばかりしているからです。

    岡山県で言うと三菱自動車水島製作所にしがみ付いている企業も、昔は偉そうにできても今は顔面蒼白、水島製作所が無くなれば専属の運送業(中谷興運)など、間違いなく仕事がゼロになります。

    あなたはアップルとソニー、その差はどこだと思いますか?

    (゚Д゚;)

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop