徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    裏返しの怖さ。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、素敵なお客様のおかげで平穏無事なのは感謝、何事もないのは幸せなことです。 私も気を緩めることなく精進して、、今後も努力を怠らず進んで参りたいと思います。

    さて、人は生きているだけで幸せ、お金はあると便利なものですが健康より大事ではないし、身体と交換できるようなものでもありません。 腕をくれたらお金を上げると言われても、腕とお金を交換できる人は少ないと思います。

    人は目先のことにとらわれると、その裏にあるものの怖さに気付かなくなります。

    人は表面的に見えているものを簡単に信用してしまいますが、表面的なことだけ見ていると裏にあるものが表に出てきたら失敗する、失敗した後で気付いても取り返しはつきません。

    その良い例が恋愛に関することで、恋とは相手がいることなので自分の気持ちだけではどうにもなりませんが、それをどうにかなると思ってしまいがちなのが怖い部分です。

    例えば、片想いは恋愛には付き物ですが、これを自分の側から考える人がほとんどです。 片想いを相手の側から考える人などほぼいませんが、片想いとは自分から見ると正義でも相手から見ると不義(正義の対義語)である、それに気付いていたら簡単に片想いはできません。

    片想いを辞書で引いてみると、「自分のことを思ってもいない人を、一方的に恋慕うこと。」とあり、この「自分のことを思っていない」とは「自分のことを好きじゃない人」でもあります。

    自分は相手のことが好き→相手は自分のことを好きじゃない、これで「どうして思いが届かないの?」と悩むことになりますが、ここで裏返しの怖さを考えて頂きたいのです。

    何故なら、あなたは相手のことが好きじゃない→相手は自分のことを好き、こういう相手から片想いをされていたらどう思うのか、いくら相手があなたのことを好きでも「私は興味ない(好きじゃない)」で済ませたら、片想いを一つ終わらせたことになります。

    ここで「あっ、そうか!」と気付けたらいいのですが、自分の気持ちはコントロールできても相手の気持ちはコントロールできない、だから片想いと言うのは自分の方から見ると「どうして気持ちを分かってくれないの?」ですが、好きじゃない方から見ると「どうして断っているのに分からないの?」となります。

    人の気持ちはコントロールできないことに気付けない、自分の気持ちを誰かによって変えるなどありえないから片想いなのに、相手の気持ちが変わると思っている矛盾に気付けないのは怖いです。

    片想いとはこちらからの一方的な恋心であり叶う筈が無い、片想いで恋が叶うのは少なからず相手も自分のことを好いていてくれる時だけ、全く気持ちが無いのを振り向かせることなど不可能であることに気付けないとダメです。

    ただし、片想いで努力するのは無駄ではなく自分を磨く為には必要なことで、自分の魅力を磨き上げて今の相手は振り向いてくれないかもしれないけれど、未来の相手は振り向いてくれることに視点を向ければ決して悪いことではありません。

    一番問題なのは、「人を好きになれない・私には勿体ない」と言って恋をしないこと、これを言う人の裏返した本音を見ると「振られるのが怖い」や、「付き合って変な人だったら嫌」など恋を損得勘定に置き換えている打算と現実があります。

    「振られるのが嫌」と言ったところで恋愛である以上は、自分だって好きでもない相手から告白されても「振る」のですから、両思いでない限りは恋が成就しない可能性が常にあります。

    自分が振られたら嫌な気持ちは理解できますが、自分が振る立場の時にどうしているのか、自分が手酷く振っておきながら自分が振られるのは嫌と言うのは筋が通りません。

    恋とは裏返すと怖いもので、恋が成就する裏には何があるのかを余り気にしていない人が多いのですが、恋が成就するとはどういうことなのかを少しは見てもいいのではないかと思います。

    年間で2千人を鑑定していると分かること、それは恋が成就する裏側には必ず、「泣いている人がいる」と言う現実です。

    では、ここで新年会を振り返ってみると、4組(8人)が連絡先の交換を申し出てきました。 私は素敵なお客様同士の出会いになるきっかけ自体は否定していないので、勝手に連絡先交換をするルール違反ではなく申し出て頂ければ、それ自体は良いことだと思います。

    2015年の新年会で初めて出会ったA夫妻は2016年の新年会で結婚発表となったのですから、こういう縁結びに少しでも役に立てたのであれば私も嬉しいですし、良い話題は開運へ繋がるので幸運のお裾分けでもあります。

    しかし、よく考えて頂きたい部分として、もしも「気軽に連絡先を交換した」と言うなら、それは責任の重さに気付いていないオコチャマです。

    何故なら、「他の人のチャンスを潰した上で成り立っている」ので、「うまくいきませんでした」で笑って済ませられる問題ではありません。 本当は違う相手がいたかもしれない、もっと相性の良い相手がいたかもしれない、それを邪魔したのかもしれない、そういう部分を気付かないとダメなのです。

    私は視た瞬間に「相手を間違えていますよ」と分かっていても、当人同士が同意の元なら反対も出来ませんが、私が主催するイベントにおいて連絡先交換を軽い気持ちでやられては困ります。 (←全てのイベントは、合コンではありません。)

    自分が相手と連絡先を交換することで他の誰かの可能性を潰している、その責任の重さを分からずにいるのであれば、そして善意に対してクレームを言うようでは、開運と言う以前に人として間違っています。

    恋愛とは常に「誰かの可能性を潰している」と言う、その怖さを分かっていない人が次々と付き合う相手を変えてみたり、気軽に連絡先交換をするけれど長続きしない、その悪循環に入って最後には外れくじを引くようになります。

    あなたは裏返しの怖さ、ご存知でしたか?

    (*ノ´□`)ノガンバレェェェェ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop