徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    理想の相手。

    おはようございます。 素敵なお客様の笑顔が見られることは多くの人々の幸せ、それは周りの人々へ素敵な気分のお裾分けだから、自分が不機嫌でいることは周りへ不幸のお裾分け、笑顔と不機嫌では徳の積み重ねにも繋がり自分への影響もあります。

    誰しも生きていることをプラスの計算で考えがちですが、生きているとはマイナスの計算が本当で、現在35歳で70歳で死ぬとしたら残りは35年しか生きられない、そのことに気付かず今を大切にしない人が多い気がします。

    人は死ぬことが分かっていながら生きる、だからこそ短い人生を楽しく生きる為に夢を見る、楽しく夢を見るには人と関わることが一番、人と関わることで自分が知らない縁が広がる、それはすごく素敵なことなのです。

    それでも人との関わりを避けて生きるのも一つの人生、逆に人との関わりを持ちながら生きるのも人生、そのどちらが良いかは死ぬ時に自分だけが分かること、後悔するのか満足するのかは、死ぬ時の自分の胸の中だけに分かる答えなのです。

    その良い例が恋愛で、恋愛において納得できないとか気持ちが追い付かないとか、そんな自分勝手な思い込みにより逃げる言い訳を作り、それでチャンスを逃がして彼もいないまま過ごす人は割と多いのです。

    そういうことを言って日々過ごしている人は、気付いた時には手遅れと言うことにすら気付けない、時間と過去は取り戻せないから後悔しても後の祭り、今恋愛しなければ未来で結婚はないと言う当たり前に気付いていないのです。

    そして、そういう人ほど「良い出会いが無い」と言いながら、いざ出会いのチャンスがあると、そのチャンスを作ってくれた神様〜人〜場所などあらゆる人やモノに文句を言うので、そういうことを言うなら次から出会いのチャンスは自分で作るしかありません。

    出会いのチャンスがない時は出会いのチャンスが欲しいとクレームを言い、出会いのチャンスができたらもっと良い相手が欲しいとクレームを言う、それで良い恋愛や幸せな結婚が出来たらその方が不思議です。

    例えば、家族や友人に見放されるのも辛いことですが、実は占い師に愛想を尽かされるのもピンチ、占い師は人の話を毎日聞いているので自然と心の許容範囲が広くなりますが、その占い師に愛想を尽かされるようだと行動や言動がおかしい証拠、恋愛だけではなく人としてもかなりマズイ状態です。 (ただし、これはまともな占い師の話で、変な占い師とは縁が切れても構いません。)

    この世に生まれてきたなら恋のチャンスは全員に公平な筈ですが、そのチャンスを目の前にして「何か違う」や「何か合わない」など、「何か○○〜」と言い出したら終わりと言っても過言ではなく、もう最後の最後に残ったろくでなしと言う外れくじを引く前兆です。

    どうもチャンスの意味を勘違いされている方が多いのですが、出会いのきっかけがあった時にその場で決断しないなら、そのチャンスは失い次の人へ順番は回りますが、チャンスを逃す人ほど後になってから「言おうと思ったのに」と後悔、いくら後悔しても時間を取り戻すのは不可能です。

    これは仕事でも同じことですが、チャンスが来た時に「もう少し自信が付いてから・もうちょっと実力が付いてから」と、そんなことを言っている人はチャンス自体が来なくなるし、ひいては誰にも相手にされなくなっていきます。

    出会いのチャンスを貰った時に、「私には勿体ない」と言い続けていると最後に泣くのは自分で、「勿体ないかどうか決めるのは、自分じゃなく相手。」であることを忘れて、自分に選ぶ権利があると上から目線になっていることに気付けていません。

    一見すると控えめな「私には勿体ない」と言う言葉は「選ばれることが前提」で、そんな上から目線の自分に気付かないのに良い恋愛のチャンスが来る訳もなく、選ぶと選ばれるはどちらも5:5の公平なもの、自分にも好みがあるよう相手にも好みがある、選ばれることが前提の話や言葉が多い人は外れくじを引くのは必然です。

    恋愛成就とは自分と合う相手が一番で、その合う相手とは頭で考えた時は上(理想)を望みますが、気持ちが満足するのは下(現実)です。

    これを文章にすると、「頭が良くて、尊敬できて、寄付やボランティアをしていて、仕事を真面目にしていて、借金もなく、優しい男性。」となり、こういう男性と出会いのチャンスを貰った時に世の中の90%くらいの女性は、ほぼ間違いなく「嫌・気持ち悪い・苦手・つまらない・面白みのない男」と感じて付き合いが続きません。

    「えっ? そんなことはない、素敵な男性だから、紹介してください!」と、仮にもしも万が一、こういう女性がいたとしても建前(理想)の話で本音(現実)は全く違います。

    今まで視てきたところで現実的な話で言うと、「頭が良くて、尊敬できて、寄付やボランティアをしていて、仕事を真面目にしていて、借金もなく、優しい男性。」と、出会いのチャンスを貰った時にうまくいく可能性は甘く見てもせいぜい10%未満です。

    何故なら、こういう男性とデートしたら必ず感じる不満があるのでいくつか上げて見ると、ボランティアのことを熱く語る、休みの日はボランティアへ行ってしまう、寄付にお金を使ってプレゼントしてくれない、寄付の為に贅沢しないなど、数々の不満が出てくるのを過去20000人を鑑定した実体験から感じています。

    あくまでも建前(理想)としては存在するけれど、本当(現実)は寄付やボランティアより、話が面白くて飽きさせず~高価なプレゼントやお洒落なレストランへ行く、そういう男の方が良いのではないかと考え直してみることで自分の本音に気付ける筈です。

    もしも、本当にその気があるなら私の周りの男性を紹介してもいいけれど、私はどちらの味方もできないので関係を壊すくらいなら最初から紹介しない、仮に大学院卒の現役医師で帰国子女で実家が病院と言う寄付の神様を紹介しても、うまくいく可能性がゼロなのはイベント後に寄せられた様々な声からも明らかです。 (常連の方々は納得されています)

    チャンスとは目の前にある時だけがチャンス、通り過ぎたら単なる空気なのに「あの時、あぁしとけば?」と後悔するのは、大抵が選択を間違えた時であり、良い男と付き合うのは理想であり現実ではありません。

    私自身も色々な考え方を学ばせて頂いておりますが、話が面白くてノリが良くてイケメンで背が高ければ無職の浮気魔でもいい、そういう考え方など様々な意見をお伺いした結果としては、本人が幸せならありなのかなと学ばせて頂いております。

    イベント後のご意見を受けて今年は男性鑑定の基準を昨年より大幅に緩めましたが、それは私の為ではなく長い目で見ると多くの方々の為です。 そして現在のところ、それはそれは凄い&面白い男性が来ているので、今はこういう男性が女性に好かれるのかと、目から鱗で学ばせて頂いております。

    作り話ですが、3月とは言え肌寒いのに鑑定場所で上半身裸になって刺青を見せつける、こんな男性を好きと言う女性も多いのかなと勉強になりましたが、私は「束子で擦って欲しいの?」と聞いてしまいました。

    4月のパワスポ巡りは女性の見る目が一つのポイントになりそうですが、埼玉のイルマニアと言う男性の4人組みたいな方が、ノリが良くて楽しくて付き合うには良いのかなと、私も山崎基準外の男性鑑定をあれこれ思案中の日々です。

    あなたは理想の相手を、どう思っていますか?

    +.゚(*´∀`)b゚+.゚

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は週明けの予定で、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop