徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の活用法~W。

    おはようございます。 早くも節分を過ぎましたが、1月に良いことがあったなら引き続き起きる、良いことが無かったなら心機一転と考える、そうやって良い方向に考えて2月の始まりを乗り越えていければと思います。

    ただし、その前に感謝するべきなのは「何もないのは幸せなこと」で、何もないからこそ不安がないと言うことを理解しないと、病気や怪我が起きてから「あの時、ああすれば良かった。」となります。

    今年3回目の運の活用法も通算では23回目となりますが、運を活用するのも考え方によるところが大きく、良いように考えると良いことが起こりやすい、悪く考えると悪くなりやすい、けれど運を活用できない一番の要因は何もしないこと、自ら行動することで活用法が更に活きてきます。

    さて、世の中はいやらしい話ではあるけれどお金がないと生きていけないのは事実、お金は決して汚いものでも嫌なものでも駄目なものでもなく、使う人によってお金の良し悪しが変わって来るだけ、キャバクラで100万円を豪遊すればいやらしく感じるけれど、寄付に100万円を使ったら凄いと思うかもしれない、そうやってお金は使う人によって変わる側面を持っています。

    霊視カウンセリングも恋愛や仕事の次にはお金の相談も多く、残念ながらお金に苦労する人はお金に苦労するような人生を送っていますが、それはお金に苦労するような考え方から抜け出せないからです。

    例えば、社会で新聞配達はダメな仕事だけれど商社や銀行などは人に誇れる、こういう考え方の人は間違いなく友人もいないし寂しい人生を送ることになりますが、自分で自分の人生を否定していることに気付いていないのです。

    運命から紐解くとお金と言うのはお金のあるところに集まりますが、それ以外にも人が集まる人のところへもお金は集まります。 友人知人はゼロで部屋に閉じこもりネットにしがみついて匿名で講釈垂れる、そんな人に幸運が微笑む訳もなく残念な結果になります。

    世の中は大きく分けて二つのお金儲けしかなく、時給計算での給与体系と成果計算での給与体系、このどちらの道を選ぶのかで収入は大きく差が生まれてきます。

    ただし、時給は時給の中で貧富の差が生まれますし、成果は成果の中で貧富の差が生まれます。 時給の場合は同じ条件なら長く働いた方が収入は増える、成果の場合は同じ条件ならより成果を上げた方が収入は増える、これが現実で不変の法則とも言えます。

    時給と成果はどちらにも良い点がありどちらが正解と言う訳ではなく、実は頑張れば頑張った分だけと言うのは成果ではなく時給、時給の方こそ頑張る(長時間働く)程に収入が増えます。

    逆に成果の方は頑張ったところで成果が出なければ意味がない、短時間でも成果さえ出れば高収入と言うのが現実、頑張った分だけ欲しければ成果ではなく時給を選ぶべきなのです。 営業目標が達成できなくても給料が支払われる、それが日本企業の良いところで本当に給料ゼロなんて少ないと思います。

    お金は才能や人徳に集まるとも言えるので、お金に好かれたければ人に好かれる、お金に集まって欲しければ才能を如何なく発揮して人の注目を集める、そうやって生きていくのが成果主義で頑張った分だけではありません。

    私はねずみ講やマルチ商法に引っかかる人の気持ちが理解できませんが、安易にお金儲けができると考えている人は全員が「自分だけは違う」と考えている、「俺だけはうまくやれる・俺がやれば何とかできる」と、自分は「利口」であると考えがちなのが失敗の入口です。

    「騙されないと思っている人ほど騙される」は真実で、そういう人を騙すのにはさほど難しくはなく、仮に公務員を騙そうと思えばお茶の子さいさいで、特に市役所勤務や教師は騙しやすく次に警察官や消防士などが詐欺師に狙われやすく、その理由は被害に遭っても表に出さないことが多いからです。

    単純に言うと詐欺師が狙うのはお金があって無知な人、ここで言う無知とは学歴ではなく世間を知らない人、そして利口な人(利口ぶっている人)ほど狙い目なのです。

    収入を上げたい~お金持ちになりたい、そう思うのであれば利口ぶるのは絶対にやめた方がいいです。 社内でも世間でも周りを見渡して利口ぶっている人ほど窓際族、アホな振りしている人ほど出世する、そういう矛盾を見るのはさほど難しくありません。

    周りを見た時に「知っています・分かっています」を言う人ほど、周囲に人がいない筈です。 本人に悪気はないかもしれないけれど、この言葉を言えば言うほど人にキツク当たられたり、陰で悪く言われたり~一人だけ仕事を押し付けられたりと、利口ぶるほど損をするものなのです。

    世間でも「冗談の一つも言えないようでは~」と言うのは、和気藹々として笑いが起こる雰囲気を人は好む、誰も殺伐として雰囲気を好む人などいないから、周りを和やかにすると言うのは成功する為の必須条件です。

    本当に馬鹿なのと馬鹿の振りをするのでは大きく違いますが、冷静に考えると本当に馬鹿ならば成功も出世もする筈がない、それを真に受けて「あいつはホント、馬鹿だよな~。」と言う人こそが本当の馬鹿(無知)です。

    よくあるのが「あいつは小さい時におねしょばかりしていた」や、「昔は全く勉強ができなかった」や「ろくな大学を出ていない」など、相手の昔のことを穿り出して自分の方が優秀だと優越感に浸る、それでは成功も出世もお金も手に入る訳がありません。

    その好例が野球やサッカーを観戦するのが好きな人と興味のない人では受け止め方が違うのですが、選手がミスした時に「絶好球なのに、何で打たないんだよ、へたくそ!」とか、「なんで、シュートしないんだ、サイド、がら空きじゃないか!」など、いかにも自分の方はうまいとばかりに批判します。

    しかし、興味のない人から見ると、「身体能力や収入など全てが自分より上回っている選手を、どうしてド素人が批判できるのだろう?」と、こう見えているのです。

    成功者ほど謙遜して自分の失敗談や自分の至らなさをネタにするのですが、本当は至らなさや失敗の後に続くコメントこそ重要で、「自分は酷い落ちこぼれだった」で終わるのではなく、「だからこそ、死に物狂いで勉強した。」と言う部分を見習わなければならないのです。

    表面上のコメントに一喜一憂するのではなく、その奥にある真実と言うか当たり前過ぎて気付かない部分にこそ、本当に重要な部分が隠されていることに気付ければ、きっと未来で成功を手にすることになります。

    最後に2月7日の慰労会に参加できるかどうか怪しい未来の人には、ぎりぎりで待ち合わせ場所をお伝えするので、今しばらくお待ちくださいね。 (慰労会の様子もデジカメの小部屋にUPの予定)

    あなたは運の活用法~W、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってきてからで、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    関連記事

    PageTop