徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    話し方~前編。

    おはようございます。 今日も素敵なあなたの頭上には青空が広がっている、例え雨であろうと曇りであろうと、今と言う瞬間からあなたの頭上は晴れ晴れとしている、気持ちの美しさがあなたの心にある限り、きっと素敵な青空が見えるはずです。

    素敵なあなたの心が晴れ晴れとしているなら、あなたと話をする周りの人々も心が晴れ晴れして、あなたと話をすることが楽しくて楽しくて、あなたと話をすることで心が癒されて、そういう素晴らしい時間を積み重ねることが徳を積むことの一つでもあります。

    人は人とコミュニケーションを取る時に態度や表情と言うのも大きく作用しますが、意思の疎通と言う面では会話が無くては成り立ちません。

    しかし、その会話でのコミュニケーションが重要視されている面とは別に、話すことに悩んでいる人が数多くいるのも事実です。 目の前の人と会話をすることが苦痛でなくなると目の前の人との関係が変わってきますので、必然的に多くの人と会話をすることが楽しくなってきます。

    ただし、人と会話すると言うのは人がしているのを見ると簡単そうに見えるのに、自分がするとなればやれそうでやれないのが上手に話す難しさです。

    聞いてくれる相手に思いやりを持ちながら、自分の伝えたいことを話すことが出来たなら、相手に自分の真意を理解してもらえたなら、どれだけ人間関係で悩まなくて済むかを考えると、人と上手に話すと言うのはとても大切なことです。

    では、上手に話すと言うのはどういうことか、その前に人と話すと言うのはどういうことか、それを考えてみると答えを言える人は余りいません。 何故なら、人と話すと言うのは「会話」と言うこと以外に、目に見える形は何も無いから100%アドリブの世界です。

    多くの人が悩んでいる「上手に話せない」と悩むこと、そのシーンを思い出してみると「どんな時にうまく話せなかったのか?」が分かるのですが、コインに表裏があるように「うまくできたシーン」もあるはずです。

    話す(伝える)と言うのはコミュニケーションの手段として大切な要素で、話す(伝える)とは「どういうことなのか?」を考えることから始めて見ると、上手に話すと言うことが理解しやすくなります。

    朝起きてから夜眠るまで人である以上は一度も会話しないと言うことは少なく、誰しも毎日の中で無意識に人と会話をしています。 それなのに小学校でもどこでも話すことを専門的に学ぶ機会があったかどうかと言えば「無い!」で、人と上手に話すと言うことを誰かに教えてもらった経験は、日本の教育システムにおいてはないはずです。

    人間には三大欲求と言う「食欲、性欲、睡眠」があるのですが、同じように「話すこと」は呼吸と同じく日常的な行為なので意識せずに行っています。

    生まれてきてからの記憶を思い起こして頂きたいのですが、大部分の人は初めて言葉を話してから今までの人生において、きちんと教えてもらうこともなく我流で話してきている筈です。

    ここで屁理屈を言う人なら、「い~や、御釈迦様は生まれてすぐに歩いて、天上天下唯我独尊と言った」なんて言うかもしれませんが、そうではなく自然と会話しているだけで教えられたことは無いと言う意味です。

    このように生まれながら無意識に行ってしまっている日常の行為を、今になってから自然に改善したり学んだりするのは意外に難しいものです。

    話すことも同じでうまく話すことを意識すると不自然になってしまいますが、今まで自己流で身に付けたことを意識して見直して自然にできるまで練習することで、いきなり突然にと言う表現ですが自然に振舞えるようになってきます。

    逆に考えると、もしも生まれてから一度も話すことを学んでいないとしたら、学んでいないのに今の状態なのですから、学ぶことや経験することで今よりもっと上手くなる可能性大と言う証拠です。

    それを今から気付いて頂きたいのですが、一番目に「自分が言いたいことを知る」で、自分は何を言いたいのかが分からない、これは超能力者でもない限り絶対に相手に分かりません。

    ところが意外に自分が伝えたいことを頭の中では理解しているのに、いざ話すとなれば言いたいことが分からずに話し続けていることが多いです。 「何を言いたいのかわからない」と言われることが多いのは、簡単明瞭と言う言葉通りに話が長いことが原因の一つです。

    何事も話す前に内容をまとめる作業を繰り返すことで自分が何を感じているか、どのような考え方を持っているか、それを自分自身へ納得させる作業が必要、表現が豊かだと言い得て妙ともなるのです。

    例えば、ツイッターにも書いておりますが、不倫で問題の男性アーティストがmiwaさんのことを、「音楽を舐めている」などボロカスに貶しているのは口説いても断られた男がよくやる行為で、 私以外私じゃないのと奥様と彼女を使い分けたり、離婚を卒論と言い換える辺りが表現力の豊かさで、ある意味見習わなくてはと言うくらいです。 (苦笑)

    まだまだ、長くなるので、明日へ続きます。 m(__)m

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop