徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    真実。

    おはようございます。 いつも素敵なあなたには幸運が山のように降り注ぐのですが、それは輝かしい未来がある証拠です。 捉えきれない夢かもしれないけれど、捉えるようにしていくことが夢を追いかけること、それは自分が生きている実感を得ることになるのです。

    人は真実を知りたがるけれど真実を知ると言うことは不幸になることも多く、それでも真実を知りたいのは不幸になりたがっている行動に映る時があります。

    日本には昔から騙される楽しみと言うのがあるのですが、大相撲が八百長だとかなんだとかうるさく言うのは野暮と言うもので、それでは総合格闘技やボクシングが真剣勝負かと言えば興行と言う名の基に置いて、お客様を満足させると言うのは筋書きが無ければ難しいのです。

    例えば、ボクシングにしても観客減少に悩まされていたら、派手なパフォーマンスをブチ上げて話題を振りまく兄弟で選手と言うのが出現したら、それに便乗して勝ち続けるストーリーを作るのは経済として当たり前の話です。

    これは別に真剣勝負でなければ面白くないと言っているわけではなく、オリンピックは国を挙げて真剣勝負をするから面白く感じるけれど、普通の大会でレスリングや水泳を常日頃から熱心に見ているのは関係者が多く、真剣勝負なのに話題にすら上らないはずです。

    ナショナリズムと大袈裟に言うほどではないけれど自国を誇りに思う、それはどこの国でも国旗や国歌を大切にしていることから分かるはずです。 オリンピックが面白いのは自国の選手が競うからであり、それ以外で面白く感じるのは記録へ挑戦する時だけです。

    日本では国旗や国歌を強制するのは憲法違反だと言って裁判をする教師が多いけれど、サッカーの日本代表が戦うのを見てどう思うのか、柔道の世界選手権で日本人が金メダルを取ったのをどう思うのか、教師と言う職業を選んだ人が国旗や国歌が嫌なら他所の国へ行くしかないのです。

    教師の採用試験はコネが重要と言う暗黙のルールを誰もうるさく言いませんが、それを横へ置いといて自分の権利だけ主張するのも変ですし、生徒に聞かれて知らない&できないと言うのも教える立場として変だと思います。

    英語の先生なのに街中で外国人に話しかけられて会話ができない、物理の先生なのに小柴先生や益川先生などのノーベル物理学賞の中身が説明できない、これでは何も言うことは出来ないと思うのです。

    話が少し横道へそれたので戻しますが、真実を知ると言うのは自分の中にある知識の入れ替えをすることになるので、それは良いのか悪いのかは受け止め方にもよるのです。

    よくある御相談のひとつに彼や御主人の浮気についてですが、この御相談にお答えすることはとても簡単です。 彼や御主人が女性と一緒に行動している姿を視れば済む話ですが、それを知ってしまった以上は「次にどうするか?」と言う覚悟も必要なのです。

    浮気を知らなければ幸せな気持ちでいられたのですが、知ってしまった以上は浮気の事実に対してどうするのか、許すのか~離婚するのか~裁判にするのかなど、次から次へとやらなければならない判断材料が出てくるのです。

    知らなければ何もしなくて済んだことを、真実を知ってしまったが故にダメな方へ行くのであれば、それは真実を知ることは残酷なことに繋がると言うのもひとつの真実になるのです。

    私は霊視カウンセリングであって占いとは少し違うと言う部分がここで、全部が全部真実を話す必要は無いけれど、どうしても知りたいのであれば悪い結果になることをお伝えした上で話すしかないのです。

    真実と言うのは残酷なモノで、知らなければ幸せだったけれど知ってしまったら不幸になる、これは世の中の真理ではあるけれど悲しい事実として心に残ってしまうこともあるのです。

    例えば、癌で亡くなる未来の方に余命を正直に言うのが正しいのか、それとも大丈夫ですよと安心するようにして真実を伝えない方が正しいのか、人により意見の分かれるところではあるでしょうが、私はケースバイケースで行くのが正しいのかなぁと迷うところではあります。

    人は真実を追い求めるモノですが知ってしまえば後戻りはできない、それが良くても悪くても前に進むしかない、それは悲しい現実になるのか~喜びの真実となるのか、運命は時に残酷な現実を目の前に突きつけることもあります。

    あなたは真実を、絶対に知りたいと思いますか?

    ウーン (Θ_Θ;)
    関連記事

    PageTop