徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の活用法~U。

    おはようございます。 今日も素晴らしい奇跡の瞬間は朝目覚めるところから、それが素敵な幸運だと気付けないのは不幸です。 それは自分で自由自在に未来を描けることなのに、自分で自分の未来を不幸にしてしまうかのごとく振る舞うのは、日本に生まれた幸運を無駄使いしているのと同じです。

    今年最初の運の活用法も通算では21回目となりましたが、少しはお役に立てているなら嬉しいのですが、全然役に立っていないと言われたら悲しいです。 人は不思議なことに高級店ではお客様の方が丁寧で「買わせて頂く」なのに、安売り店へ行くとお客様の方が「買ってやっている」なので、この一文を「深い!」と思える人は既に運を活用できています。

    さて、人と人との出会いが長続きしない、誰かと知り合ったけれど2~3回会っただけで連絡もしなくなった、メールや電話など連絡先を交換したけれど連絡する気が起きない、これを経験した人は「どうして? 何か悪いことした?」と悩まれます。

    しかし、これは必然と言えば必然で当たり前のことが起きているだけ、出会いがいくらロマンチックだろうと劇的だろうと同じで、長続きしない関係を無理に続ける方が悩みを生み出すので問題です。

    では、どうして出会ったのに関係が続かないのか、どうして連絡が途絶えてしまうのか、それは一言で表すなら「敬意がない(尊敬がない)」からです。

    長続きする関係と言うのは運勢レベルが同じであること、運勢レベルが違えば仲が良くても付き合うことはできない、何となく違和感が出てきて連絡を取りずらくて縁遠くなってしまう、これはお互いに敬意がないか一方通行で理解がないかのどちらかです。

    これは職種や会社や学校~ひいては年収や地位や立場なども関係なく作られるもの、と言うよりも出来上がってしまうものと言った方が的確かもしれません。

    どちらかと言えば異業種や他分野の方が仲良くなりやすいかもしれず、距離を一定に保っていれば近づきすぎず離れすぎずでお互いに敬意を払ったまま、長い付き合いになっていくことになります。

    一流同士が対談する時に「良いこと言うなあ」となるのは、「これは見ておかなければ」と興味を惹かれたりするのは、どちらも敬意を表して対談している場合に限られて、プロ野球の張本(自称一流)がキングカズ(真の一流)に「おやめなさい」と、分かりもしないのに引退勧告したようなのは論外と言います。

    お互いが別々の人生を歩んできたのに惹かれあう、「一流は一流を知る」と言われるのは見ているものが同じレベルでしか分かり合えない、そういう感覚が同じと言う他人からは分かりえないけれどオーラを感じてしまう、そこにロマンや感動を見い出していくのです。

    しかし、臆することはなく、素敵なお客様もれっきとした一流で、その辺のオヤジ連中が部長とか役員とか社長と言ったところで、肩書やお金が無ければ女性に相手にしてもらえない、もう少し詳しく言うなら部下にも家族にも辟易されている自慢話しかしないから、もはや世間から相手にされていないことに気付かず傲慢な分からず屋のままなのです。

    そんな社内でしか通用しない肩書にしがみ付いているオヤジ連中の嫌味は相手にせず、素敵なお客様は「自分が対談するなら、○○さんだな?」と、未来で対談するであろう人を思い浮かべて、「その人は対談するに相応しい人だろうか、そして自分も対談されるに相応しいだろうか?」と、対談する時が来ても平然とできるように準備しておくのが開運につながります。

    常日頃から準備を怠りなくしておくと真剣勝負OKですが、打ち合わせ済みの芸能人の鑑定ばかりしている占い師と、初対面で何も分からない人の鑑定を毎日している占い師では真剣勝負の回数が段違い、テレビの先生方のように「一般人の鑑定はしない」なんて逃げることは無いし、「いつ何時、どの占い師さんとの真剣勝負もOK!」と、言えるだけの自分でいないと鑑定する資格はありません。

    芸能人の鑑定だけしていればいいなら霊視に見せかけるなんてお茶の子さいさいですが、それでは素敵なお客様に嘘を吐くことになるから私にはできません。

    そして準備をしておくと人間関係も変化してくるのですが、自分が今「どのような立ち位置にいるのか?」を知りたければ、自分の周りを見たらすぐに分かってしまいます。 これは嘘偽りなく判定できてしまうので、今の自分を知った上で人間関係を変える努力をしないと、いつまで経っても変わりなくの人生になります。

    その判定基準となるのを知りたかったら今の自分の周りを見るで、よく連絡を取る人、何かあると相談する人、自分の上司や同僚や後輩、飲み会をする仲間、一緒に旅行へ行く人、こういう自分と関係がある人を3~4人だけでいいから思い浮かべてみると、たちどころに自分の未来が見えてしまうものなのです。

    もしも、周りにいる3~4人を頭に思い浮かべた時に、「パッとしない・性格に難あり」などと思うようであれば、実は自分自身も同じように見られている、もしくは好まずとも見られてしまっている、そういう厳しい現実を客観的に受け止めなければならないかもしれません。

    この3~4人とあなたの運勢レベル(開運など)は無関係ではなく密接な結び付きがあり、先ほど頭に思い浮かべた3~4人の運勢レベルの平均値はあなた自身の平均値でもあり、1人だけ運が良い~1人だけ運が悪い、そういうことは起こりえないのです。

    つまり、思い浮かべた3~4人の将来を見た時や思い浮かべた時に見える将来、それは3~4人の将来ではなくまぎれもなく自分の将来で、自分の将来性を思い浮かべているのと同じことなのです。

    運の悪い人たちは、運の悪い習慣や運が悪くなる習慣を身に着けたり実行したり、話し方や入るお店や身に付ける物など全てが同化していく、同じように運の良い人たちも運の良い習慣や運が良くなる習慣を身に着けたり実行したり、全てが同化して雲泥の差が生まれてきます。

    同じグループでいるなら同じまま、一人だけ抜け駆けは許さないと言うのが運の悪い人のグループですから、運の悪いままでいたいなら運の悪いグループに属していれば、そのまま運の悪い未来を手に入れることができます。

    最後になりますが今日は8日なので、いよいよ10日の新年会まであと二日です。

    誰と知り合いになるかは運次第の席次第ですから、早く来ようが遅く来ようが一年を占う結果になると思います。 新年会で起こったことや感じたことが2016年を表している、そのことを本当に知ることになるのは2017年になる頃、連続参加の人は分かっているので改めて説明はありませんが、ワクワクドキドキが始まる瞬間です。

    ただ、今週に入ってから参加のキャンセルが相次いでいるので、小ぢんまりした会が更に小ぢんまりしてしまいましたが、親密感がアップするかもしれないので、参加する方々は今年一年を占う新年会を楽しんでくださいね。 (私は終了するまで、緊張しっぱなしでドキドキしますが・・・。)

    あなたは運の活用法~U、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は1月14日(木)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop