徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    占い師の悩み。

    おはようございます。 今日から年明けの仕事始めも多いのでしょうが、今年も一年のスタートから絶好調、そんな感じで素敵な一日の始まりとなればいいかと思います。 私は今日も事務所にて鑑定となりますが、私にとって素敵なお客様にお会いできる時間は極上の幸せ、休んでいる時間が勿体ないので今日も鑑定にワクワクドキドキです。

    さて、いつも素敵なお客様には幸運の兆しが常に見えているはずで、何をやっても上手く行くように思い通りに進んで行けると考える、それは都合が良いと言えば都合がいいのですが、物事は悪く考えても仕方が無いので自分に都合良く考えるのもストレスを減らします。

    ストレスと言えば素敵なお客様からよく聞かれることの多い質問が、「年中無休で疲れませんか?」や「人の話を聞くのって疲れませんか?」など、優しいお心使いを頂けるのは本当にありがたいことです。

    しかし、前述のように年中無休でも疲れることは無いし、話をお伺いしていて疲れることもありません。 毎日素敵なお客様に会えること自体がワクワクドキドキで、素敵な方々にお会いできる日々に感謝しているので、休むなんて勿体無いからできません。

    また、東京出張をしているのは旅行しているようなものだから、移動が気分転換になるし~東京での鑑定も気分転換になります。 新しい人や新しい土地などは脳を刺激するので、旅行と言う名目ではなくとも旅行に行くのと同じになっているのです。

    私にとって占い師をしていることでストレスを感じることは無く、ストレスを感じるとすれば占い以外となります。 以前もブログに更新しましたが、隣の部屋の人の声がうるさい、駐車場を勝手に使っている人同士が勝手に喧嘩して仲裁を頼みに来る、こういう日常生活の方がよほどストレスが溜まります。 (苦笑)

    占い師の日常と言っても普通の方々と変わりは無く、普通の生活を普通に送るだけですが、私が他の占い師さんと違う点で特殊なのが占い師さんの鑑定が多いことくらいで、占い師さんの悩みと言うのも理解できなくはないけれど、私にとっては「何、言っているの? 何で占い師をしているの?」としか思えません。

    そこで今日は占い師さんの悩みについて書いてみたいと思いますが、占い師さんが相談に来ることは90%が同じこと(似た内容)で、これはもう判で押したように同じ内容(似た内容)の繰り返し、岡山の占い師さんでも東京の占い師さんでも一緒で考えることは皆同じと言えます。

    では、まずは10%の少数派の相談からですが、それは何かと言えば「恋愛&結婚」で、これは占い師に限らず老若男女に共通の御相談、これはもう誰でも想像がつく内容で一般の方と同じです。

    ただし、女性占い師さん特有の悩みとして男性のお客様を鑑定していると、鑑定しているうちに男性のお客様より「付き合って下さい」と言われて、ストーカーになることが多いのです。 (以前にブログに書きましたが、私が予約待ちで勝てない女性占い師さんが青山の方にいますが、この占い方法だと襲われても仕方がないと思います。)

    親身に相談に乗っているうちに自分の話を聞いてくれる「唯一の女性」となり、「この人こそ、理想の女性(女神)だ」となってしまいます。 だから東京の女性占い師さんは男性の鑑定をする時に紹介などの条件付きが多く、本当に実力と人気のある占い師さんなら男性の鑑定はほとんどしません。

    次は90%の相談に準ずるものですが「鑑定料を回収できるかどうか?」が多く、ここで疑問に思うかもしれませんが電話占いや会社に所属している先生方は集金は自己責任、鑑定料を払わない分を立て替えている先生方も多いのです。 先生にもよりますが会社への借金として、少ない先生で30万円前後~多い先生だと400万前後ですが、払わない人間を見分けられない人が占い師をするのも問題です。

    このように鑑定料を集金できず会社へ払えないから、マックやファミレスでアルバイトをして鑑定料の未納分を会社へ納めたり、高額になると自己破産したりなどの占い師さんも多く、占い師を辞めるのは「鑑定料を会社へ納められないから」が理由の先生も多いです。

    私も銀座の占い会社より、「月30万円で、ブースを利用できて、TVや雑誌で売り出してやる。」とお誘いの電話があり、こんなアホな話に乗る占い師が多いのには呆れます。 自分の事務所を持てない占い師が独立の相談に乗るのは変ですし、占いに師匠がいること自体が占い師の矛盾だと気付けていません。

    だから近頃は占いのテナントや占いブースでも入金が先&鑑定料を先払い、更には払うまで部屋から出られないようにするなど、鑑定料の集金は会社に所属する占い師さんの仕事の一つ、電話占いや会社に所属している占い師さんの場合、鑑定料の60%が会社の取り分で残りの40%が自分の取り分です。

    雑誌の電話占いなどが10分=1000円となっていれば「600円が会社で400円が占い師」で、独立できない占い師さんの年収は地方だと100万円以下も珍しくない、だからこそ鑑定以外の物品売買や祈祷やお祓いなどに話を持っていきます。

    ちなみに自分で事務所を出している占い師さんでも、鑑定だけでやっていける占い師さんは10%以下の狭き門で、ほとんどは鑑定以外で儲けようとしますし、岡山など地方だと年収は200万円以下がほとんどで、タウン情報へ出ている先生方でもアルバイトなど副業を持っているのが実情ですが、私は息も絶え絶えながら何とかアルバイトをせずに専業占い師をさせて頂いております。

    では、占い師さんが相談に来る90%は何かと言えばご想像通りかもしれませんが、「どうやれば儲かりますか?」や「どうすればお客が増えますか?」などの質問です。 これは先生方の考えにもよりますが、お金目的で鑑定をして心が卑しくならないのかと不思議でなりません。

    つまり、「今後、占い師としてやっていけるか?」と言う相談が90%、占い師として会社に所属したけれどお客様が来ない、占い師として独立&開業したけれどお客様が来ない、この二つの相談は年がら年中あり県内だと岡山~倉敷~笠岡~井原など、東京だと新宿や銀座や原宿などです。

    私も正直言って来られても困るのですが作り話で解説すると、「お客が増えてお金が儲かって、ネットで叩かれないよう目立たなく活動、そして海外旅行を年に2~3回は行きたいし、家も欲しいし、貯金もしたい。」と、延々と自分の希望をお話しされますが、こんな質問には答えようがありません。

    何故なら、相談にお越しになられる先生方は、雑誌やTVに出ておられるので私より知名度は上、神様と話ができる、龍神や式神を自由自在に操れる、天候を自由自在に変えられる、念を飛ばして遠隔操作できる、呪いで飛行機を墜落させられる、こういう驚異の実力を持っている先生方が私みたいにアホで間抜けな未熟者の所へ、集客と金儲けの相談に来るのが間違いです。

    私も返答に困るので最近は、「弟子が仏陀にお答えなんて烏滸がましい、私のような未熟者では答えが出ないので、至らぬ点をお教え頂ければ幸いです。」と答えていますが、プライドを傷付けず機嫌を損ねないよう細心の注意を払わないと、今は悪口をネットへ書き込む必殺技があります。 (作り話なので、本気にしないで下さいね。)

    真面目な話をすると占い師さんで食べていけるのはほんの一握り、副業としてやっている~アルバイトしながらやっている~旦那様の収入があるからやっていける、そして本業でやっている先生方でも物品販売~占い教室~お祓いや祈祷など、鑑定だけではやれないのが占い師と言う職業で、私も「月曜の朝から翌週の火曜の午前10時までお客様ゼロ」を経験したので、お客様がいない辛さはよくわかります。

    東京でも岡山でも愛知でも大阪でも北海道でも良いから、自分の周りに鑑定だけでやっている占い師さんを見つけたら通っても間違いではなく、きっと相談者の為に親身になってくれる先生だと思います。 ただし、日本全体の占い師~霊視~スピリチュアルカウンセラーを含めても、せいぜい100~200人くらいしかいないと思います。

    何故なら、ちょっと検索して占い師さんのHPなどを見れば分かる通り、どの先生方も販売や祈祷など鑑定以外を掲載しているケースがほとんどですし、HPには出していなくとも実際の鑑定で不安を煽って販売や祈祷へもっていく先生が多いのは実情です。

    あなたは占い師の悩み、どう思いますか?

    (*'◎')ノやぁ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7

    関連記事

    PageTop