徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    鏡。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、移動している間も素敵なお客様が幸せになれる、その為には自分はどうすればいいかを考えていると、あっという間に時間が経ってしまいます。 今後も素敵なお客様には幸せなことが山のように起きる、雪崩のごとく幸運が訪れることを信じています。

    何よりも素敵なお客様は朝普通に起きて普通に顔を洗い普通に出勤、そして普通に仕事を開始してと普通の連続かもしれませんが、それはもの凄く幸運の元にある普通で、何不自由ない生活ができる普通です。

    自分が生活しているといつの間にか分からなくなるのはありがたみと言う感謝で、「ありがたいことだなぁ」と感謝できる生活が本当は普通だけれど幸せなこと、それは気付かない幸せとも言えるもので、本当は気づかないだけで大きな幸せを最初から手に入れているのです。

    生きていると不平不満が出るのは当たり前、私だって生きている以上は不平不満を考える時がありますが、それでも一時的に思うだけですぐに消えてしまうことが多いです。 人は頭に来ることもありますが、怒ってみたところで変わる訳でもなく、それに触れれば余計に嫌なことが積み重なるだけです。

    「鏡の法則」と言う言葉がよく使われますが、生きていることを冷静に捉えるならば、全て鏡のように成り立っているとも言えます。

    「あの人は、何だか嫌だなぁ」と感じているなら、相手もあなたのことを嫌な感じだなと思うことになります。 同じく「あの人は苦手なタイプ」と敬遠してると、相手も同じくあなたのことを「苦手なタイプ」と敬遠してきます。

    ネット社会~情報社会と言われるようになってから、人は感受性や共感力や直観力がアップしてきましたが、今は嘘をついててもばれてしまう時代になったとも言えます。

    例えば、遅刻した言い訳として「電車が遅れて~」と言ったところで、すぐにネットで鉄道関係の情報が手に入る、この時代はどんどんと個人も企業も嘘がばれてくることが増えました。

    これは霊能者ならばすぐ、「地球の波動の影響で気を感じ易くなって、あなたには分かるようになってきた!」など、訳の分からないことを言ってお金儲けに繋げるでしょうが、どちらにせよ~嘘の吐き難い時代になってきました。

    しかし、そんな科学万能に思える時代でも「鏡の法則(宇宙の法則)」のようなものはあり、それを簡単に説明すると「人は誰でも鏡の様に自分を映し出す」で、あなたが嫌いな人の嫌いなところは、実はあなた自身が自分で嫌いだと感じているところが、嫌な相手を通じて反映されているとも言えます。

    つまり、あなたが好きな人のことを「素直なところが大好き」と思うなら、あなたの中にある「素直さ」が相手を通じて反映されています。

    あなたが素直だから相手の素直さが分かると言うこと、相手から感じる感覚はあなたの中に存在する感覚だからで、Bさんは明るくて正直な人と思えるのはあなたの中に明るく正直な気持ちがあるからで、Bさんを通じて自分を見ていることになります。

    仕事でも同じようなモノですが、Cさんがサボって入るのを度々見かけるならば、もしかして自分もサボっているかもしれない、Dさんはずるいなぁと思うならば自分もずるいことをしているかもしれない、似ているからこそ同じ波動をキャッチするのかもしれません。

    だから周りを見渡して自分が運が良いかどうかは、今の自分の人間関係や環境を見ると運気のレベルが分かります。

    ただし、それは絶対とも言えないのですが総じて合っていることが多く、運気が低下していると何も上手く行かないし、恋愛も良い相手に巡り合うことは少ないです。 逆に運気が良い時は何をしてもとんとん拍子だし、良い相手と巡り合って楽しい日常生活になります。

    世の中には絶対はなく例外もありますが、素直で明るい状態を続けていれば暗くて陰気な人と関わりを持つことは少なく、普段の生活態度や行いが自分に降りかかってくるのが自然の摂理です。

    運気向上をしたいならば「同じことが2度あれば自分に責任がある」で、人間関係や家族間で揉めている、職場を変えても彼(旦那)を変えても揉めてしまう、それは突き詰めると要は相手は自分を写している鏡と言うのが、世間で流行っていた「鏡の法則」です。

    「最初は良い人だったのに」や「どこの職場に行っても最初は良いのに」など、これらは良くある減少ですが冷静に考えると、自分が知らず知らずのうちに「あの人が嫌・あの人は怖い」など、自分の波長を悪くして伝えてしまったから相手もあなたのことを敬遠してしまったと言えます。

    残念ながら知らず知らずに毒を吐いていることもあり、今から周りに明るい波長と言葉を投げかけて、誰とでも仲良しになれる言葉を使うようにすることです。

    そんな魔法みたいな言葉はないと思うかもしれませんが、意外とそうでもなく10人いたら5人は好意的になってくれる言葉があると言えばあります。

    人間関係改善には最高の言葉ですが、自分が本気で使わなければ相手に見透かされて逆効果、その言葉は「あなたが好き・あなたは良い人だから好き」など「好き」の一言です。

    どんな人でも自分を「好き」と言われて嫌な気持ちの人は少なく、コツとしては何となく言う~さらりと不意に言うで、「Fさん、仕事が早いね」~「Gさん、うまいですね」など、人間関係を変える言葉で苦手な人がいるのなら「好きです」と好意を示す、その瞬間から人生は変わります。

    この言葉は自分を最大に防御する魔法の言葉でもあり、「好きです」と言う言葉は言われると気持ちが良いから、最後には自分も好きと言われて相手を好意的に思うことが増えてきます。

    ただし、むやみやたらと異性に「好き」と言い続けると、明らかに誤解されてしまうので、それについては充分注意してください。

    私が素敵なお客様と言うのは県北と言う地獄を潜り抜けてきた本心で、県北ではない天国にいる素敵なお客様は天女だからです。 大げさでもなんでもなく出会う人が全て天女に見える、これを自分に当て嵌めて頂ければ言葉が軽くならず真実味が伝わる筈です。

    まずは同性同士から好意を示す、家族や同僚にも好意を示して枠を広げて行き、慣れたら異性にチャレンジしても良いかもしれませんが、くれぐれも異性の場合は迂闊に好きを言うと誤解されます。

    あなたは鏡の如く、自分を見られますか?

    v(´・∀・`*)vィェィ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop