徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の活用法~S。

    おはようございます。 素敵なお客様には輝かしい未来がある、けれど何もしなくてある訳ではなく、ちゃんとした生き方をしていないと無理です。 乳癌が再発する人としない人、それ一つ取っても生き方の差が出ていますが、人の嫌がることをして起きながら、自分だけ良い思いをしようなんて虫が良すぎます。

    この運の活用法も19回目になりましたが、年末が見えてくるどころか来年のことが視野に入る時期となりました。

    年明けからスタートダッシュを効かせておけば、それは誰もが思うことですがスタートダッシュよりもミスをしないこと、プラマイゼロはマイナスよりも良いことだと気付いて、恙無く過ごせるならば嬉しいことは必ず起きてきます。

    さて、運を活用する上で非常に大切なこと、それは「相手の邪魔をしない・足を引っ張らない・妬まない」と言うこと、友人知人と言うのは実は一番身近な成功を妬む人でもあり、運の良いか悪いかは人を妬むかどうかで決まると言っても過言ではないほど、人は自分の身近な人が成功したら気分が悪くなるものです。

    「そんなことない、祝福できるよ!」と思うかもしれませんが、男女問わず誰もが経験しそうなことを例に出すと、目の前に好きな人がいて自分か友人かどちらかを選ぶ、その好きな人が自分ではなく友人を選んだとしたら、果たして本当に祝福できるのかです。

    これがろくでなしと付き合ってはいけない部分で、恋でも仕事でも成功者が出たら足を引っ張ろうとする、それがだめなことだと知ってか知らずかは別として、成功しかけた人の邪魔をして自分が入り込もうとする人たちとつるんではいけません。

    類は友を呼ぶと言う言葉があるように、人間が形成するグループと言うのは極端に分かれる傾向があり、A=全員が成功もしくは成功に準ずる、B=全員が失敗もしくは成功できないまま、こうなりたくなければ武者小路実篤の「共に咲く喜び」を知るべきです。

    Aグループは誰かが成功したら拍手するだけではなく、もっと成功するように協力していく。
    Bグループは誰かが成功したら拍手どころか足を引っ張り、自分達と同じ位置まで下げる。

    Aグループは成功した人を更に押し上げると同時に上から引っ張り挙げてもらえ、Bグループは足の引っ張りあいで最後は仲間割れして全滅するのがオチです。

    しかし、如何にAグループとは言え妬みがないとは言えないので、最も成功したければ最後まで時がくるのを待つと言う方法もあります。 周りの人を最初は応援やお手伝いだけして行き、自分のことは最期まで控えめにしておきますと、周りが全て成功しているから皆心に余裕が生まれて、「次はあなたの番だよ」と全員が応援してくれる立場になります。

    こうなると妬みなど生まれる訳がなく、しかも周りの人は先に成功しているから引き上げる力も強い、最初に成功した人は助けも弱く大変だったのに後からだと成功した人の力添えは協力、これだけでも全然違ってきます。

    こうなる為にも付き合う人はよく考えないといけないのですが、厳しい意見を言うなら例えとして「生活保護を貰っているような人たちと付き合わない」で、生活保護を貰っている人たちの中にも良い人はいると思いますが、そんな人に巡り合う確率は宝くじの1等より低い確率です。

    元気で働けるのに弱い振りして労働意欲もなく貰うことしか考えない、お金が支給されれば酒やタバコやパチンコに使う、病気になればタダだからとタクシーで往復、入院するとなればタダだから個室でワガママ言い放題、こういうのは「弱者の振りをした強者」だとそろそろ気付くべきです。

    人は生きている時間は誰しも同じ、24時間は24時間で自分だけ一日が36時間なんてありえないので、同じ時間しか生きられないなら付き合う人をよく考える、世の中では親友と言う言葉を軽々しく使いすぎるのですが、今の世の中で親友とは「いいねボタン」を押したら親友が関の山です。

    本来の親友とは年齢や性別や職業や収入などは関係なく、「彼女といたら勉強になるし、友人であることが誇り。」とか、「彼といたら学ぶべきことが多いし、あぁ言う生き方をして多くの人の役に立ちたい。」など、切磋琢磨したりお互いを尊敬し合える、そういう人を本当の親友と呼びます。

    誰かいないと寂しいからとばかりに我慢しながら群れているグループに所属、これでは親友なんかできる訳もなく最初から親友作りをあきらめているのと同じ、何となく群がっていると分からないかもしれませんが、何となく我慢しているグループに所属すると時間を膨大に失います。

    LINEやTwitterやFacebookなどを一生懸命にやっている人と、それらに見向きもせずにボランティアに参加したり一人旅をしたりの人と、どちらに友人が多いかと言えば後者でネット上の繋がりは希薄、まれにいるネットで出会って結婚やネットで知り合ってビジネスチャンスなど、ほとんどいない確率の武勇伝を当てにして時間を浪費するのは無駄です。

    私はLINEやFacebookはしませんし、Twitterはブログを更新しない時のサービスや、お知らせがある時の必要なことにしか使いません。 逆に「LINE・Twitter・Facebook」などネットにかじりついている小さな世界の男と、本当に恋愛や結婚したいのかと聞きたいくらいで、そうなると寄付の神様クラスの人とは間違いなく結婚できません。

    群れから飛び出すのは怖いことかもしれないけれど、群れから飛び出して一人になってみると「どうして、もっと、早くしなかったのか?」と後悔します。

    それに群がっていないと分かること、逆に群がっていないからこそ分かる感覚があり、群れている人たちの中に群れていない人がいると異彩を放つ、そして向こうも異彩を放つあなたに興味が出る、それはまるで以前からの知り合いのような感覚に陥ります。

    まだ、一度も会ったことが無いはずなのに「親友(彼・彼女)とは、こういうものか!」と、始めて味わう感覚を体験したなら運を活用なんて当たり前、運が悪くなる筈がないのです。

    私が鑑定にて理想の男性像をお話した時に、「いない・理想論・いたとしても出会えない」などで片付ける人は、自分が群れていないか~それも足の引っ張りあいをする人たちと群れていないか、その辺をよく考え直すと新たに見えてくるものがあるはずです。

    何故なら、10月のパワスポ巡りで私のところへ鑑定に来ている男性を初めて見た人が多いと思いますが、山崎の規準に該当する男がいることを証明したのですから、「いない」ではなく「いる」に切り替えて次は自分が出会う番だと信じるべきです。

    私のところへお越しになられる素敵なお客様は日本一幸せになる、それが私の願いでもあり未来で起こる事実でもあります。

    あなたは運の活用法~S、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は12月16日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop