徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    修行僧。

    おはようございます。 昨日も無事に東京へ帰って参りましたが、これもひとえに素敵なお客様のご支援とご愛顧のおかげで、本当にありがとうございます。 そしていきなりお知らせですがパソコンが壊れたので、今週の運勢はしばらく更新できません。 H社長が岡山へ週末に帰ってきて、その進捗状況により決定するので、とりあえず1週は更新できません。 (ブログは何とか、更新できるかも?)
     
    さて、飛行機へ乗ると、「上級会員の方は~」とのアナウンスを耳にすることがあると思いますが、これは何回も乗る&長距離を乗ると言う人の為にサービスを良くする、その為の会員証みたいなものです。

    JALで言うと「ダイヤモンド・サファイヤ・クリスタル」の3つがあり、私は海外へ行かないのでサファイヤが多いです。 そしてクレジットカードの年会費を払うことでなれる、JGC会員もありますが私はカードが作れないので、条件は満たしていてもJGC会員にはなれません。

    羽田で芸能人に会うことが多いのは一般とは違う保安検査場を通っているからで、羽田にドア付きの中が見えない黒っぽいデザインの場所があり、中は上級会員専用の保安検査場です。 芸能人はここを通るので一般の目に触れないだけ、ナオト・インティライミや宮川大輔に遭遇したのもここです。

    この上級会員になると普通より快適に飛行機を利用できますが、9月の北海道出張の時に帰りの新千歳空港で、寄付の神様が荷物を預けると言うからカウンターへ行くと中国人の団体客がいて、150人以上並ぶ大混雑だから荷物を預けるだけで30~40分待ちでした。

    そこで私が寄付の神様の荷物を私の名前で受付して、さっさとカウンターで荷物を預けたら寄付の神様が、「えっ? 何それ。 そんなことできるの?」と、150人をごぼう抜きにして手続きを済ませたのに驚いていました。

    この上級会員になるには原則として「とにかく飛行機に乗りまくる」で、ANAは回数ではなく正規運賃と航続距離が重要ですが、JALは回数を乗ることでクリアできます。 昔はANAも回数でしたが近距離路線が多く上級会員が増えすぎたので、正規運賃と航続距離を重視に変更しました。

    この上級会員を目指すことを飛行機マニアの間では「修行僧」と呼びますが、この「マイル修行」とは、航空会社がよく乗るお客様に提供される特典を目的とした、有償航空券による旅行の俗称です。

    この旅行者は短期間に多数の飛行機に乗り続ける上に、体力と時間とお金を消耗するなど心身の苦痛も伴うので、僧侶の修行に例えられてマイル修行僧(単に修行僧)と呼ばれ、英語では「マイレージ・ラン」と呼ばれているようです。

    これは1990年代中頃に当時の円高を反映して航空券が割安になり、気軽に海外旅行に行く人が増えてきたことを背景に、米国の航空会社が日本語でサービス情報を提供するようになりました。

    それを真似て1997年にJALやANAがそれまでのポイントプログラムを改良、マイレージサービスを始めると日本国内線でも同様の行為が見られ、ネット上には「修行僧」が情報交換する掲示板が幾つもあります。

    ちなみに修行僧の目的は無料航空券や上級座席へのアップグレード権利や、年間飛行距離や年間飛行回数に応じて設定される上級会員資格(JGC、SFCなど)の取得ですから、乗ることが目的で上級資格維持の為にも乗りまくります。

    遠距離の往復だと東京⇔ワシントンを折り返し便で往復や、経由地点を増やして搭乗回数を増やすのも、大阪→札幌だと「大阪→仙台、仙台→札幌」としたり、搭乗時間が短い路線を往復して搭乗回数を増やしたり、後は周遊飛行として札幌→函館→釧路→札幌などをします。

    これら修行僧を航空会社はどう見ているかですが、当初は航空会社がマイル修行を認識していなかったので、予約時に「折り返し便でいいのですか」と聞いてきたり、予約センターが「間違いではありませんか」と問い合わせをすることが多発しました。

    そして2006年にJALは公式声明として、「どのような形であれ搭乗はありがたく、条件を満たせば特典は差し上げる。」と発表、修行僧の存在を歓迎する意向を明らかにしています。

    逆にANAは2008年に搭乗回数によるステータスアップを廃止、短距離飛行で搭乗回数を稼ぐ修行僧対策と言われています。

    ただし、年々上級会員への道は厳しくなってきていて、今はJALもANAも他社運行便利用による資格獲得の条件が厳しくなり、少なくとも半分を自社グループ便利用でないとステータスアップできません。

    また、両社共に2014年以降は特に低価格な運賃における積算率の引き下げ、ボーナスマイルの積算率の改定など、本当に高額な運賃(正規運賃等)で搭乗しなければマイル獲得が余りできなくなりました。

    上級会員になると不遜な態度をとるバカタレが増えるので、そういう輩を排除する為にステータス獲得がどんどんと厳しくなり、真面目に利用している人に多大な迷惑が出ています。

    JALは稲盛会長が社内改革をしたので少しましになりましたが、ANAは年々態度がでかくなってきて、パイロット~CA~GHなどの早割り利用者へ対する評価は低く、岡山空港で「あの飛行機は飛ばない」と正確なことを言ったにも関わらず警備員が来たこともあります。

    ただし、JALも経費削減で正社員を減らしたので下請けが増え、クラスJと一般席の違いも分からない、業務内容事態が理解できない、そんなGHが増えています。 (GH=グランドホステス=地上勤務のこと)

    芸能人で言うと私より上のダイヤモンドは3名(宮川大輔・出川哲郎・イモトアヤコ)で、海外への渡航が多いから最高の扱いを受けています。 (航空会社としては海外利用客が美味しいメイン、国内利用客は隠語でカスやゴミと呼ばれています。)

    なお、JAL岡山便だとクラスJの1列目と一般席の15列目、ANA岡山便だとプレミアムの1列目と一般席の6列目まで、こういう席に座る男は不遜~横暴~陰険~貧相など人に嫌がらせばかりする人生、その顔をよく見て覚えておくとろくでなしの見分け方の参考になります。 (この席は政治家や社長や役員など、人の気持ちが分からない人たちの専用席。)

    あなたは修行僧、やってみたいですか?

    (〃艸〃)ムフッ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop