徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の活用法~Q。

    おはようございます。 今日の素晴らしい出来事は朝起きて目覚めること、それだけでも幸運であることに気付けたら、それは自分の未来が明るい暗示を読み取ること、誰もが同じ空の下では平等であること、それも日本に生まれたらかなり幸運な方の平等であることに気付いて下さいね。

    運の活用法も17回目になりましたが、そろそろ年末が見えてくる時期まで続いたので、この調子だと年明けまで行く感じでもあります。 読むだけで幸せになれる訳ではありませんが、少しでも活用して日々を楽しんで頂けるならば嬉しいです。

    今日は恋愛では避けて通れない下ネタ系から入りますが、身体の関係を結ぶかどうかは女性に取って重要だと思いますが、これもOKが早いのは問題ですが渋る限度を超えると恋愛自体が消滅することが多く、結婚後のセックスレスに繋がりやすいこともあります。

    「やりたいのは男の勝手」と言う女性の考えは正しい、けれど「やりたくないのは女の勝手」と言う男の考えも正解、「だったら、どうすれば良いの?」に対する答えは「尻軽になってはいけないけれど、好きな相手なら拒みすぎてはいけない。」です。

    勘違いしないので欲しいのは好きでもない相手とのsexは命の無駄使い、そうではなく尊敬できる男に抱きたいと言われたら、それは必要とされているのに加えて大げさに言うなら功徳を積むことで、それで本当の愛を知ることにもなります。

    何故なら、愛とは与えること(見返りを求めない)で、損得勘定が入るようでは愛ではありません。

    sexとは裸で嘘も吐けない装飾無しの状態で行う男女間の究極の愛の交換で、尊敬される男は次々と相手の方から立候補されるので、グズグズしていると良い男が奪われていなくなるのは当たり前、本命との出会い~運命との出会い~真実との出会いの前には、「また、今度ね。」なんて間延びした返事は通用しません。

    さて、ここからが本題ですが恋愛に別れは付き物、失恋も別れに入るので数多くの恋愛には数多くの別れが付き纏います。 別れを経験せずに済む方法は「恋をしないこと(告白しないこと)」で、これだと失敗は無いけれど成功も無いので、面白い人生や満足する人生になるかどうかは別です。

    別れを持ち出された場合に運を活用できない人は必ず食い下がりますが、それは悪あがきで相手に迷惑を掛けるしつこい未練です。

    特に男の方は別れを受け入れられないことが多いのですが、「俺のどこがいけないんだ、悪いところは全て治すから。」など、しつこい男は嫌われるの典型です。

    人が別れを決める時、そして実行に移す時と言うのは、それまでに何十回となく危険信号を送り続けていて、それもちゃんと受信してくれたらやり直せる~我慢できる~辛抱できると、引き返す為の信号なのに無視しておいて「別れないで」はとんでもない話です。

    お願いすればするほど相手が嫌がる、相手が嫌がれば気持ちはどんどんと離れる、気持ちが離れたら復縁はありえない、その悪循環に入るだけで別れは別れで今更止められないのです。

    本来ならば、別れを言い出されない為にも日頃の行いの方が重要で、別れを切り出されて慌てて謝るのは、「王手(チェックメイト)」を掛けられてから待ったをしているオッサンと同じです。

    「じゃあ、もう、無理なのか・・・。」と聞かれたら「無理」と答えますが、可能性がゼロではないこともお伝えします。

    何故なら、一発逆転が0.1%くらいならあると言えばあるのですが、それが出来るなら最初から別れを言われる筈がない、そういう根本的な部分があるので参考意見としてお読み頂ければと思います。

    それは何をすれば良いかですが、別れを切り出された時に「良いよ!(OK!)」と即答すること、これをやられると普通の人は思考停止状態に陥る筈ですが、別れる為に説得しようとしていた相手が瞬時に快諾してくれたら、「あれ? これは、もしや、ふられた?」と疑心暗鬼にさせるのです。

    瞬時に即答したら普通は相手が何も言えないので、そこでダメ押しに「何? まだ、なんかあるの? じゃあね!」と、席を立って帰ることで主導権を握り返すことが出来ます。

    そこで本当にお別れになる可能性が大ですが、元々別れ話をしているのですから別れて当たり前、それが万が一の逆転になるかもしれないなら御の字、そこから主導権を握り返したら一安心や尊大な態度ではなく、日頃の行いを振り返り反省することです。

    別れ話は縺れるものと相場が決まっていますが、本当に愛していたら別れ話はスムーズに進む筈です。

    愛とは与えるもので見返りを求めるものではないから、自分と別れて相手が幸せになるなら喜んで別れるのが愛、別れないとダダを捏ねるのは執着で相手の幸せではなく自分の幸せ、それも本当の幸せではなく執着心が起こす損得勘定なのです。

    世間ではとっかえひっかえの方をモテルと言いますが、本当にモテル人は一人の人と長く付き合うもの、軽薄な付き合いではなく深い愛情を注いで貰える人こそ、真の運が活用できている人とも言えます。

    最後に、これは全ての人に通じることなのでお読み頂きたい文章があります。 それは神社建築では日本最古の本殿がある、宇治上神社に置かれている注意書きの紙の中身です。

    「ここは神社です。 皆様が心を静めてお参りをされる場所です。 テーマパークでもファミリーレストランでもありません。 サービス業ではないのです。 『お客様は神様』の自論は通用しません。 本当の神様は目の前においでです。 当然、不敬な行動は叱ります。 親御さんがお子様をしっかり御監督なさって下さい。 お子様を叱るのは、親の責任ですし、親が不行き届きで、周りの人に叱っていただいたなら、逆切れではなく、『ありがとうございます』です。 自分本位な考えの大人になられないように、正しい教育で共にお子様の健やかなる成長を見守りましょう。」 

    これは子どもだけではなく大人にも通じること、いよいよ新年会まであと二ヶ月を切りましたが、参加される全ての皆様が楽しく開運できるよう、お互いが相手や周りのことを考えると縁が縁を呼び好循環になるので、更に開運できるような新年会にできればと思います。

    あなたは運の活用法~Q、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は11月18日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop