徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    好事魔多し。

    おはようございます。 生きているとたまには愚痴りたくなる時もあるのですが、そういう時には誰かに愚痴を聞いてもらって終了後は、「愚痴を聞いてくれてありがとう」とお礼を言ってカフェ代を払うなどすれば、愚痴を言っても運が悪くなる負のサイクルには入りません。

    人は生きていれば色々とありますが、調子の良い時には相手のことも考えずに傍若無人な振る舞いをしたり、自分の我を通して相手のことより自分のこととなります。 運命と言うのは自分がしたことが自分へ返るもので、嫌がらせばかりしているといつかは自分に返って来ます。

    占い師や霊能者の多くはすぐに「祟りじゃ~!」など惚けたことを言いますが、祟りなんてものがある訳も無く、日頃の行いの積み重ねが祟りに見えることはあります。

    例えば、猫ちゃんを虐めていた人に不幸なことがあれば、すぐに猫ちゃんの祟りなどとまことしやかに語られるのは都市伝説で、猫ちゃんを虐めたから猫ちゃんの祟りと言う訳ではなく、そういうことをする人は猫ちゃんだけではなく誰でもかれでもいつでもどこでも、ろくなことをしないからろくでなしの積み重ねが自分へ返ってきているだけです。

    特定の何かにしたからではなく、常日頃の行いの悪さが呼び起こした罪であり、何か特別な意味での天罰と言う訳ではありません。 (引き金やきっかけと言う場合はあります)

    昔から「好事魔多し(こうじ まおおし)」と言いますが、人は自分の調子が良い時や有頂天の時には分からないけれど、一つ歯車が崩れ始めてしまうと邪魔が入りやすいと言う戒めでもあります。

    昔から良いことには邪魔が入りやすいので気を引き締めて、よく注意すると言う戒めの意味ですが、仏教では魔を4つに分けて「四魔(しま)」としていますが、最も重要な魔は人の心の中にあるので湧き起こる念に注意しなければならないです。

    ここで「好事魔多し」について東京のネタを二つ、いつものように作り話なのでさらっと読み流して下さいね。

    お笑い芸人Wは常日頃から「お店をたくさん知っている」と吹いていて、最強の●と言う行ったこともないのに解説する本まで出して、「俺はモテルぞ」や「俺は顔が広いぞ」など有頂天です。

    このWは某飲食店へも女性をよく連れて来ますが、その時にも「このワインは~」や「この肉は~」など薀蓄バリバリで、店員さんへも上から目線でボロカスに言うなど態度が悪いことで評判は最悪でした。

    そういう態度ばかりしていると「好事魔多し」で、某飲食店にて食後のコーヒーが出た時に「おい、きみ! これはなんだ。 いつものと違うじゃないか、俺は違いが分かるぞ!」と、コーヒーがいつもと味が違うと難癖をつけましたが、いつもと同じ物で違う訳がありません。

    女性(噂のSとは違う人)の前で張り切っていたのかもしれませんが、日頃から態度が悪くて店中から嫌われているから、ついには言われた店員さんだけではなくお店全員がカチンと来たようです。

    そこで出がらしのコーヒーを出したところ、「おう、これこれ、この味。 やればできるなら、始めからしろよ!」との台詞、馬鹿丸出しの味オンチが店中に知れ渡った瞬間で、その後はオーナーもマネージャーも「あれ、出禁。」とヒトコト、今では予約を全く受け付けてもらえないWでした。

    なお、最強の●に出ていた中華料理店は東京事務所の近所で、女将さん曰く「W? 誰それ、全く知らない。」なので、芸能人の本はゴーストライターが多いのは仕方がありません。 そう言えば松本伊代さんが自分の書いた本のことを聞かれて、「まだ、読んでいません。」と答えたのは有名な話です。 (苦笑)

    そして次の「好事魔多し」ですが、某モデルさんがデパート主催のアパレル関係のイベントへ出演、中央区の某デパートにて無料開催だったので立ち見も出るほどの大盛況、椅子は100席なのに300人ほど来たので吹き抜けなども立ち見で溢れました。

    そしてトーク終了後の握手会(サインや写真)も無制限にしていたので、その場にいた人が次々と集まり100人以上が行列を作り、現場は大混乱するほどの大盛況でした。

    条件(場所・日程・時間・天候など)が味方したのもあり、この結果に本人は大喜びで「私って人気ある!」と勘違い発言、「期間を空けずに同じことをしたら大変ですよ」と釘を刺したにも関わらず、デパートも事務所も本人も有頂天で3ヵ月後に全く同じ構成で同じトークショーをしました。

    すると「どうなったか?」ですが本人曰く、「今度は椅子を300席並べたら開始前に30人くらいで始まっても多めに見て70人ほど、握手会も先着50人限定にしたら10人しか来なかったので、もう、凄く恥ずかしかった~!」と反省していました。 (なお、10人中5人はデパートの人だったそうです。)

    その説明の仕方と言うか話し方が面白いので不覚にも笑ってしまいましたが、本人も反省しているし元々は感じの良い方なので売れて欲しいとは思いますが、吉本の陣内や小藪より明らかに話が面白いので笑えるトークを活かした方が正解かも・・・。

    このようにいつでも誰でも「好事魔多し」は必ずあることですから、私も人のことを言っている場合じゃなく今の予約はたまたま入っているだけ、いつ予約がゼロになるか分からないからヒヤヒヤして夜も寝られない日がありますが、今後も努力と精進を持って未来へ進んで行きたいと思います。

    皆様のご支援とご愛顧のおかげで予約が入っているだけで、実際は暇で暇で仕方がないプータロー状態に、いつなるかと気が気じゃないのが本当のところ、拙い未熟者の私にご予約頂けること、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたは好事魔多し、気を付けていますか?

    (o´艸`o)プッ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop