徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    恋をする。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、今回の東京は色々ありました。 「トラブル?orアクシデント?=お笑いのネタ」と笑って頂けるネタとして、はてさてどのように書こうかと思案中です。

    通常だと東京より帰ってきた時のブログは東京出張に関することですが、早くも11月と言うことは今年もあと2ヶ月だから少し内容を変えますが、誰しも年末となれば人恋しくなります。

    一人でいるのは精神的に楽だけれど、二人でいると悲しいことは半分に~嬉しいことは倍にできる、そう思うと一人じゃなく二人で過ごす時間も考え始めることが多くなる時期で、そうなると恋の相談が増える時期でもあります。

    ただし、恋の相談と言うのは年齢に関係なく~時期に関係なく~季節に関係なく、いつであろうとも恋の相談と言うのは変わらずありますし、恋が上手くいく人と上手くいかない人、必ずどちらかへ道が別れてしまうのが恋なのです。

    恋の勝敗は無いから勝ち負けと言う表現はおかしいのですが、そろそろ雑誌などにも「年末までに恋の勝者になる!」などのキャッチコピーが飛び交う頃です。

    しかし、この雑誌の特集などが眉唾モノと言うか~適当でおもしろおかしくと言うか、こんなのを当てにしていたら絶対に恋の勝者にはなれません。 低俗な雑誌に合わせて恋の勝者と書いていますが、本当は恋に勝者も敗者もなく縁が有るか無いかと言う出会いの有無が有るだけです。

    さて、恋を本当にしたいなら必ず守らなければならないことが有るのですが、実は見落としていると言うか~出来ているつもりで出来ていない、この部分に抵触している&当てはまる人は恋が上手く行かないか~出会いが無いか、自分でもわけが分からない間に彼がいない期間だけが過ぎて行くことになります。

    今日は恋の入り口である付き合う前のことについてですが、実は出会いと言うのは常日頃からゴロゴロあるのですが、恋のチャンスを逃して入口にすら辿り着けないでいるから、出会いが有るのに出会いが無いと口にするようになります。

    人は生きている限りは通勤途中であろうとコンビニであろうと、絶対に誰にも会わないと言うことはあり得ないのですが、人と出会うだけなら難しいことでも何でもありません。

    ただ、出会った時に次へ繋がるかどうか、出会った時に話ができるかどうか、話ができても「もう一度会いたい」と思ってもらえるかどうか、この流れが理解できていないと「出会いが有るのに出会いが無い」へ、ひたすら進んでしまいます。

    基本的に成人している20歳以上と言うことを前提にお話ししますが、20年以上生きていると一度も男性と話をしたことが無いとか、一度も男性と会ったことが無いと言う人はいません。

    学生時代に同級生~先輩&後輩と言う場合もあるでしょうし、お勤めでも同僚&上司~先輩&後輩と言う場合もあるでしょうが、とにかく男性と出会っていると言う点については必ずあります。

    つまり、出会いが無いのではなく出会っても付き合いが始まっていない、出会っても良い人だけど好みではない、このように出会いが無いのではなく出会いだと考えていないだけです。 これでは出会いが無いと言う思考から出会いが無い運命を引き寄せてしまうので、恋が始まらないのは当たり前と言うか仕方がないのです。

    冷静に考えると20年以上生きてきた人生の中で「期間が長いか? 短いか?」は別にして、男性と連絡を取ることはあります。 (ただし、良い人だけど忘れている人や、行為を持たれているけれど気付かない場合もあります。)

    その流れの中でメールも電話も度々するし~食事にも何回も行く、そして遊びにも行くけれど「付き合って下さい」と言われない、これは出会っているけれど「恋愛関係になれない女」になっているのです。

    これを解消しないといつまで経っても出会いが無いと言い続けることになるのですが、出会いとは基本的にどこへでもゴロゴロと転がっているのですが、それを拒否するから出会いが無くなっていると言う場合が最近は増えてきています。

    今日から「出会いが無い」ではなく、「出会いはあるから、出会った以上は本命(彼女)になる!」と気持ちを切り替えて、自分に取って「恋ができない原因」とは何かを理解することが本命(彼女)となる必須条件です。

    私は男性なので霊視だけではなく男性心理と言う点で、男性がどういう心理でどういう行動をするか、どういう気持ちの時にどういう言葉を出すのか、それが手に取るように分かりますが、キツイ内容になる時や悪いことを言わないといけない場合、それは伝える内容が遠回しとなり伝えきれない場合があります。

    明日は「本命の彼女になるには、本命になれない原因を知ることで逆をすれば良い」ので、逆にするだけでダメな理由が良い理由へと変わる部分を男性からの目線で、解説して行きたいと思います。

    なお、今回のデジカメの小部屋へ恋愛では最強と言われる、東京大神宮の画像を入れてあります。

    では、明日へ続きます。

    m(__)m
    関連記事

    PageTop