徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    食べログ男。

    おはようございます。 昨日も無事に移動できたので感謝していますが、日本の場合は飛行機の移動のトラブル率は約6%、これは100回に6回は飛ばない遅れるなど何らかのトラブルがあります。 それなのにほぼノートラブルで移動できて、予約時間には必ず素敵なお客様の目の前に居られるのは幸せなことです。

    さて、人は自分が幸せだと気付かず不平不満も出てきますが、その一つの食に関することは日本に住んでいると幸せどころか贅沢そのもの、人口増加により地球上には食料が足りないのに、「ウマイ! マズイ!」とテレビも雑誌もブログも批評を垂れ流している現状は、食に感謝もなく自分のプライドや見栄を満足させる為だけの悲しい自己満足です。

    お金を払えば何をしても良いと考える男が多いのは食べログを見れば一目瞭然、クチコミが山のようにあり100軒どころか1000軒など食べ歩いている男がいて、イチイチ批評を書いて自分こそ正義と上から目線で批判してあります。

    こういう男たちは飲食店を出したところで繁盛させることは無理ですが、その前に自分で店を持つことすらできません。 所詮はネット上で匿名で人の悪口を書くのが精一杯、店主や料理人など本人を目の前にしたら小さくなって黙るだけです。

    私の周りの男性たちで食べログやブログなどに書き込み、それで自分は偉いと思い込んでいるアホな男は一人もいません。 多くの人に必要とされる男が、一々食事をした店の批評をネット上に公開している暇は無く、そもそも食べたモノの批評なんて感謝もない低俗な行いです。

    こういうアホな男は「マズイ店や態度の悪い店を懲らしめている(やっつけている)」と、自分の幼稚な考えに気付かず正義感でやっているつもりですが、そんな店を選んで入った自分のマヌケを悟れないのがアホ丸出しです。

    良い店を見つけるのは仕事のできる男なら当たり前、外れのお店に行く時点で自分はアンポンタンですと言っているのと同じ、どんなに小さなお店でもちゃんと営業しているお店ならば見習うところは多く、何事からも学ぶべきで些細なヒントからも得ることは大きいのです。

    食べログやグルメブログの類いは的外れで浅いものが多く、プロからするとまるでお馬鹿の品評会みたいなもの、知ったらしく批評しているのに見当違いも甚だしく、一つ食べログから抜粋してどこがおかしいのかを書いてみたいと思います。

    私は実名でブログをしていますが、食べログやグルメブログなどは実名でする勇気などある訳もなく、陰でこそこそ悪口を言うのが関の山、食べログ自体が真偽を問わない批評を放置しているので同じレベルの会社です。

    さて、食べログを見ると暇な男たちは驚くことに画像のアップが大好きで、10~20枚なんてザラですが食事よりも写真を撮る方が忙しく、更にこういう男たちは数をこなすからディナーではなくランチ(←安いから)しか行きません。 (以下、食べログ男で表記。)

    ランチだと高くても千円以下が主流、滞在時間も昼時なので60分以内、それなのに食べログ男たちに取っては、写真を10~20枚も撮影したくなるほど凄い出来事なのです。 よく考えれば60分以内に写真を10~20枚も撮りたくなるのは「どんな時か?」で、ランチを1人で食べている時に60分以内に20枚も写真を撮る暇を考えると、かなり忙しいと思います。

    普通に考えれば、どんな料理でも出されてから温かいうちに食べてこそ美味しいもの、冷めてしまったり~油が分離したり~乾いたり、料理人が想定していないほど放置した後で食べても美味しい訳がなく、食べログ男たちは食事の仕方さえ知らず、自分勝手な汚い食い方でマナーも知らないようです。

    例えば、餃子とは本来、水餃子か蒸すかで食ベるのが本当で、焼餃子は本当の中国料理ではありませんが、食べログ男は歴史も由来も勉強していないから「餃子を食う=焼き餃子」となります。

    本格的な中華料理のお店では焼き餃子はメニューに載せたがらないし、ビジネスとして載せるにしても水餃子が上に来ていることが多く、日本では焼き餃子が食生活として定着しているからモノを知らない食べログ男は一般的な刷り込みを知識とします。

    食べログ男の頭には中華とはラーメンや焼き餃子ばかり、それも焼き餃子にこだわっているのか、それとも焼き餃子以外は頼み方を知らないのか、もしくは恥ずかしくて頼めないのか、ひょっとして中華と言えばラーメンと餃子しか食べたことがないのか、食べログ男の頭の中は意味不明です。

    こういう輩が写真を撮る時は、餃子自体を写してから自分が齧った後の断面を取る、自分の食べた後をわざわざドアップにして写してネット上に晒す、これを恥ずかしいと思わないのが食べログ男の知性と教養と品格です。

    そして文面を見ても自分の無教養をさらけ出し、「皮とタネの比率が、まずまずである。」など上から目線で書いていますが、おにぎりや寿司じゃないので、餃子の中身は「あん」が正解でタネと呼ぶ料理人は皆無です。 (食べログでは、タネの表記が多い。)

    知りもしない符丁を使って自慢するアホタレの見本市が食べログで、見識のある人が見れば失笑するしかない品格の無さが全てを表しています。

    また、「しんなりのシナパリ・カリッとの後にふわのカリふわな食感」など、これがまともな男が書く文章なのか~もしくは日本語が苦手なのかもしれませんが、人の批評をする前に自分の知識と教養の無さを恥じるべきで、日本語の間違いにすら気付けていません。

    ちなみに写真を20枚も写して長々と批評するくらいだから余程の料理かと思えば、食べログ男が食べたメニューは「ラーメンライス餃子付」で、これを写真と文章で自分の教養の無さをネット上で曝け出しながら、自己主張しないといけないほど大層なメニューです。

    食べログ男は気付いていませんが、「ラーメンライス餃子付」を分解すると「麺+ライス+餃子=米か小麦粉」で、これを日本食に当て嵌めるとうどんをオカズに御飯を食べながら箸休めにお餅を食べる、この状態に気付かないのが食べログ男です。

    批判するのは誰でもできるけれど誉めることは難しく、批判はアホでもできるけれど評価は利口でないとできない、だから食べログ男は批判しかしない(できない)のです。

    御飯を食べられるだけでありがたい、そのことも分からず贅沢を言う男と結婚したら、人生を失敗したと思うことになりかねません。 ネット上で匿名なら強気の男と人前でも堂々としている男と、どちらかが良いかは好みの差です。

    あなたは食べログ男、どう思いますか?

    (・´艸`・)・;゙.、ブッ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop