徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    運の活用法~K。

    おはようございます。 今日も素晴らしい青空が広がるように良いことがある一日の筈、素敵なあなたの未来に良いことが起きるのは日頃の善なることへの御褒美で、幸運を引き寄せられるのは当たり前のこととして堂々と受け取って下さいね。

    今日は運の活用法も11回目となりますが、迷った時には何かのヒントや基準として運を活用できるように、そして何か上手く行かないことがあっても出来るだけ最小限の被害で済むように、自分の人生は自分が出来ることを積み重ねて出来上がるものだから、その為にお役に立てれば嬉しいです。

    さて、社会人になると相手との交渉や話し合いなどでロジカルシンキングは大切なことですが、中には「ロジカルに話す人は嫌われる」と言う人もいるので両方の意見が存在していますが、それはロジカルとは何なのかを分からず話している人もいるからだと思います。

    この「ロジカル(logical)」を日本語に訳すと、「論理に適っているさま・論理的」と言う意味ですから、「ロジカル=理屈」と感じる方もいるかもしれませんが、「論理に適っている」と言うことは、妥当性が高く誰にでも分かりやすく誰もが納得の意味もあります。

    つまり、よく言われるロジカルシンキングとは論理的な思考のことになりますから、社会人として身に付けておくことが大切です。

    ただし、仕事と言うのはロジカルを学んだ上で「とんでもない仮説を立てること」ができる人が、次々と大きな仕事や後世に名を残す仕事をしている現実がありますから、ロジカルは大切ではあるけれど根拠ばかり追い求めると良いことにはなりません。

    遥かなる昔は空を飛びたいと言っても「馬鹿なことを」と笑われていましたが、今では飛行機はばんばん飛んでいるし身体に付けるジェットエンジや、自然の力だけで飛べるスカイスーツまであります。

    仕事をしない人(できない人)に多いのですが、何かに付けて「根拠は何ですか?」と聞く人は勇気がないだけ、仮説ですぐに動ける人は勇気があるだけ、ノーベル賞のほとんどは「馬鹿なこと&できない」と言われたことに仮説を立てて実験、その繰り返しで人類に大きな飛躍を齎しているのですから、成功する為には理屈を言うより行動が先なのです。

    例えば、世間に出ているヒット商品の数々も、大抵は反対されたり貶されたりしていた筈ですが、それを発案者がこつこつと周りを説得したり上司に何度も提言したりで、誰の目にも売れないと判断されていたのがようやく日の目を見たところ、あっと言う間に世間の心を摑んで爆発的ヒットなんてのがほとんどです。

    つまり、根拠と言うのは自分が探すのではなく周りに見つけてもらうものであり、それが最善の策にもなりうるから自分であれこれ理屈を考えなくてもやってみる、それが一番効率的でもあります。

    それでも不安な人は心配しなくても、世界でも一流と言われる経済学者のほとんどが株で儲けていない、経営に成功していない、経済理論の説明はできても実際に儲けることはできていないのが現実、ロジカルロジカルと理屈ばかり言っても無理なモノは無理な証明です。

    だからこそ「○○理論であなたも大儲け」などのタイトルで本を出したり講演をしたり、自分では実際には儲けられないから無知な人からお金を搾り取るしかない、実際の現場では海千山千のつわものが居るから借りてきた猫のようになるしかありません。 

    本当にできるなら自分だけ儲ければ良いのに、わざわざ儲ける手段を人に教えると言うことが矛盾で、特許や商標登録を企業がしている時点で経済学者の言うことは破綻しています。 人に儲け話を言うことはない、その原則が分かっていれば詐欺には引っかかりません。

    騙される人は盲目的で信者になりやすく、その良い例が宮本武蔵を尊敬する経営者で、宮本武蔵は百戦無敗と威勢のいい話ですが、巌流島で佐々木小次郎と戦った時は弟子15名を配置して闇討ち、息も絶え絶えのところに遅れて登場して「小次郎、敗れたり!」と手段を選ばぬ卑怯者です。 (なお、戦った時に小次郎は52~55歳、武蔵は18~20歳でした。)

    だから百戦無敗でも「士官の口が無く誰にも相手にされなかった」のが現実、宮本武蔵は岡山県の県北出身だから卑怯なのは当たり前ですが、本当に百戦無敗ならいくらでも殿様の耳に入って城へ招かれた筈です。

    TVや映画は話を盛り過ぎ、五輪書をバイブルとする経営者はアンポンタン揃いでろくなのが居ないことからも、類は友を呼ぶで倒産したり経営不振なのは卑怯者を尊敬しているからこそ、小説や時代劇を信用している経営者はダメで当然です。

    仕事ができる、それはまじめにこつこつとしているだけでも尊いもの、どんなにかっこよく見えても卑怯なことは長続きしません。

    それは恋愛の時に相手が気が効く人なのかどうかを見分ける方法でもあり、仕事ができる男を見ていると時間に厳しい代わりに手抜き&休憩もちゃんとしています。

    何故なら、仕事ができる男は予測と遂行が概ね正しく行われるのですが、何時までには何ができるがきちんと把握できていて、それを限りなく正確に遂行しようとします。

    そして遂行できない時にはちゃんとヘタ打った時のカバーも考えて行動、そうやって8時間掛かるところを5時間でして、5時間掛かる所を1時間ですると次々に時間短縮をして、その浮いた時間で他のことをすると言う手際の良さまで発揮する、そうやって時間をどんどんと作り上げて「時間が無い」などとアホなことは言いません。

    時間と言うのは限られた命の灯火、忙しい中でも時間を作って命を削りながら会いに来てくれる、そんな男が周りに居るのに捕まえないなら恋のチャンスは永遠に来ません。

    仕事ができる男は忙しいと言わず「ぼちぼち・まあまあ」などと言って、自分の忙しさを表に出すことは余りありません。 それだけ忙しく仕事をしていることは誰の目にも明らかなのに、涼しい顔してペースを落とさないのが粋と言うものです。

    最後に、ここ最近よく聞かれるので少しだけお答えしますが、寝屋川市立中1年の少女が高槻市で遺体となり発見された事件ですが、これは夜に薄着で外出するのを泊めなかった親が悪い、夜中に男と商店街などうろうろして夜明かしすると言うのも親が悪い、子どもへの日頃の教育と言うのがいかに大事かが見て取れます。

    犯人の目星は付いているので鑑定の時に聞かれたらお話していますが、くれぐれも精神鑑定に持ち込み無罪や犯人の名前と顔を出さないなど、加害者保護ばかりせず○○○だろうがなんだろうがきちんと罪を償わせるべきです。

    あなたは運の活用法~K、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は8月26日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop