徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    イイオトコ。

    おはようございます。 素敵なお客様が恋をすることでウキウキワクワクが発生して、それにより笑顔になれるなら自然と周りにも幸運のお裾分けができる、だからこそ自分が幸せになるのは周りを幸せにすることです。

    そうなる為には「イタイオトコ」とは付き合わないこと、働かない無職やニートやすねかじりの男、パチンコなどギャンブルやキャバクラなど借金の男、独立や開業など出来もしない夢ばかりで中身のない男、転職ばかり繰り返して何一つ実績を残せない男、こういう誰がどう見てもろくでなしの男と恋愛や結婚をしなければ良いだけです。

    「そんなの分かっている、だけど・・・。」と、この最後に「だけど」と付けて別れない理由にしてしまうのは問題です。

    その「だけど」は自分が寂しいから誰かがいてくれたら良いと言う、堕ちて行く未来しかないことを見ようとしない、ようは臭いものには蓋をして根本を見ない(もしくは見たくない)だけ、そんなことを繰り返して「本当は彼って優しい人なの」と自分に嘘を吐いていると、残念ながら自分の一度しかない人生を無駄にします。

    そうならない為にも今日は「イイオトコ」の見分け方ですが、これは馬鹿馬鹿しいと思わず厳しい目で見ないとダメです。 「そんなことで?」や「たったそれだけで!」と言うようでは、甘やかしてしまうだけで「男を見る目が無い」に分類されてしまいます。

    では、ここからイイオトコとはどういうことを言うのかに付いてですが、人として基本的なことができていれば、そこさえ見ればそんなに酷い男と付き合う訳がありません。

    ところが多くの女性は、ゆるく見なければならないところと厳しく見ないといけないところを、間違えているのか~好みで偏らせているのか、どちらにしてもダメ男君を選んでしまっている現実があります。

    まずは、耳にタコができたと思いますが「食事へ行ったら全額男性が払う」で、素敵なあなたと楽しい時間を過ごしている、その対価もきちんと支払えない男がまともと思う方がどうかしています。

    大食い選手権のように70人前とか食べる訳ではなく、二人で少し飲食を楽しんだ金額をスパッと気持ちよく支払えない、割り勘にしたり女性が支払っても平気、こんなろくでなしと付き合って幸せになれると思う感覚が、根本的に間違っていると気付いて下さいね。

    他にも日常生活での、ほんの些細なことで男としての品格や頭の良さや心使いが見抜けるのに、「たった、それだけのことで?」と言う甘い考えが外れくじを引いていることに気付かないと、今後もイイオトコとは縁がありません。

    例えば、イイオトコを見分ける些細なことの一つがエレベーターにおける行動で、「ボタンを全て押して早く来たのに乗る」なんてことをしているアホタレ男には、思いやりも優しさもない自己中でろくでなしと言うことが一発で分かります。

    最近はエレベーターも集中コントロールシステムが増えたので、一つ押せば全てが反応して一番最適なのが来るようになっていますが、少し古いビルなどでは1台ごとにボタンがあるので、どのボタンを押すかが品格や頭の良さを見抜くポイントです。

    どこでもある風景ですがボタンを一つだけ押して待つイイオトコがいる、それなのに後から来たアホタレ男が他のボタンを必ず押す、そんなことをしても無駄でイイオトコが押したエレベーターが一番早く来ます。

    アホタレ男はイイオトコが押したボタンのエレベーターが来たら平気で乗り込む愚挙、自分が押したボタンで作動したエレベーターは空で動いて余計な電力を使い、他の階の人が乗れたかもしれない無駄と二度手間を発生させ、それについて何も考えない自己中なアホタレ男を見る度に日本は大丈夫かと情けなくなります。

    ここまで読んで「たった、それだけで?」と思うかもしれませんが、日本の大半のビルが設置台数4台前後が主流です。

    その台数のなかで一番早く来るのを一つだけ選べない男は人生の選択の大半を選べない、4分の1程度のことすら判断できず機転も利かず予測もできない男、そこには自己中で品格や責任の無さを露呈した男しかいません。

    そしてエレベーターに乗る前には下りる人の邪魔をしないよう扉の端にいて、それから乗り込み開くボタンを押して乗る人の補助をします。

    そして「何階ですか?」と周りの人に声を掛けて次々と設定して行き、降りる人の補助をして自分が下りる時には周りに気を使わせないよう、すばやく移動するけれど軽く会釈して不快感を与えず下りていく、これがイイオトコのやることです。

    「たった、それだけで?」と言う前に、エレベーターと言うのは乗る前から降りるまでにイイオトコかどうかの判別が、かなりできる場所であることに気付いていないのも問題で、エレベーターの乗り降りだけでもイイオトコかどうか相当な部分が読み取れます。

    そして集中コントロールシステムの場合でも、イイオトコなら一番早く来るエレベーターの前で待っている筈、扉が開いたら分かるなんて言うのは予測も機転もできていない証拠、そんなヌルイ人生を送っているのにいざと言う時に何ができるのか、「たった、それだけで?」では済まない場合になったら逃げるのが関の山です。

    「私、見る目が無いからなぁ~。」と言う気持ちも分かりますが、その言葉に逃げてしまってはいけません。

    見る目が無いのではなく見ようとしていない、見抜けないのではなく見抜かないようにしている、そういう優しさと甘さの境目における判断をきちんとすることで、イイオトコと出会うチャンスも増えるし見逃さなくなります。

    他にも飛行機や新幹線など乗り物バージョンなど色々とありますが、見極め方法を全部書いているときりが無いので、別の機会に改めて書いてみたいと思います。

    イイオトコが分からないのではなく分かろうとしない、当たり前のことが当たり前にできる男に行けばいいのに、ちょっとなら我慢しよう~少しくらいはいいか~100点満点はいないし、こうやってお目溢しするのは本来ならいいことですが、甘えてはいけないところを甘えさせるのが間違いの元です。

    イタイオトコとイイオトコ、文字で見ると「タ」があるかないかですが、人生で見ると浮気・借金・暴力に留まらず、マナーも品格も無いろくでなしで変わることはありません。 それでも可哀想と思って付き合い結婚するならば、その為に自分の人生を棒に振る覚悟が必要です。

    あなたはイイオトコ、見分けることができますか?

    (●´δ-`)フーン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop