徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    いじめ。

    おはようございます。 素敵なお客様の心は美しい、その尊いお考えは何者にも汚されること無くまっすぐ、それを続けて頂ければ少なくとも皆様の周りではいじめが無くなります。

    小さなことかもしれないけれど自分の身の回りでいじめが無くなれば、自然といじめが減るのは自然の道理、まずは身の回りでいじめを無くすことが一番の近道です。 マスコミは存在自体がいじめを誘発、マスコミがまともになればいじめは減ります。 いじめは無くならないからこそ、被害者の個人情報を晒して加害者を隠蔽するのはやめて欲しいです。

    いじめと言えば初耳学と言うTV番組はいじめそのもの、林先生でも不得意な分野があるのに林先生が知らなかったら、天下でも取ったように「知らないの~!」と見下す発言、ハライチ澤部・千原ジュニア・モデルたちは特に酷く、林先生と同等以上の学力と知識があって言うならまだしも、林先生が一つでも知らなかったら馬鹿にする低俗な集団いじめ番組です。

    そして先日も岩手県矢巾町の中学でいじめを苦に自殺、同校は全生徒を対象にアンケートを実施して約60人がいじめを見聞きしたと回答、ここまでしないといじめを認めない学校~教師~教育委員は最低の大人たちです。 オマケに教師も学校も生徒たちへ「余計なことを言うな」と脅し、学校教師にはろくでなししかいないと言われても仕方がありません。

    学校の先生は社会の仕組みが分からないから自分の給料や地位の保身に走るのみ、そんな人に子ども達の教育ができる訳もなく、県北の教師は名簿を悪用して女子生徒を呼び出し暴行を加える、それを逮捕されるまで100人以上へ繰り返しましたが、いじめを止められない教師は同じ穴の狢です。

    いじめとなれば県北を思い出しますが、いじめがあるのは明白で私が生き証人、学校で無視されるか嫌がらせをされるかが朝の始まり、休み時間にはいじめられるのが嫌でトイレに逃げていましたが、「山崎はトイレばかり行く」と更にいじめられていました。

    給食に唾やゴミを入れるなんて当たり前、先生の給食にはトイレの水を混ぜるなんて当たり前、尿をファンタオレンジと言って飲ませるなんて当たり前、これがあるから私は人から受け取った食べ物を信用できない時期が続きました。

    仮にお弁当を誰かが持ってくると「農薬か青酸カリが入っているのでは?」と心配、席を離れると飲み物へ何かを入れられると心配、それが県南では普通に飲食できるから凄く安心できます。

    県北で殴る蹴るは当たり前、いじめは色々とありすぎて数え切れませんが、軽い方で言うと2階の窓から下へ落とされたこと、学校など公共の建物の2階は結構高いけれど、県北では窓から人を落とすことに迷いなんてありません。

    以前も書きましたが某神社の跡取り息子K君を中心に抱え上げられて窓から落とされ、たまたま渡り廊下の屋根の上に落ちたから死なずに助かりました。 あの当時は苦しみから逃れたくて自殺を考えましたが、私がいじめで自殺しても「やったー!」と喜ぶのが県北クオリティです。

    ただ、いじめる方が悪いのは間違いありませんが、いじめられる方にも悪いところがあるかもしれない、もしかして悪口を言ったのはいじめられっ子の方が先かもしれない、物事には原因があるのでいじめられる方が100%が正しい訳ではなく、何らかの理由があるのかもしれません。

    私自身がいじめられたからこそ分かりますが、今から思うと私も空気を読まなかったことがカンに障ったのは事実だと思います。

    例えば、小学生の時に賽銭泥棒へ加わらなかったこと、中学時代は万引きに加わらなかったことや動物虐待に加わらなかったこと、私の通った中学ではツバメの巣を除去して雛を生きたまま焼却炉で焼く、それが毎年恒例の行事でしたから先生自体が動物虐待です。

    工場時代だと入社当時にあったことですが、結婚式の前夜に寿退社の女性の送別会をした時、「明日が結婚式じゃけん、訴えんじゃろ。」と部署の男性たち(15人くらい)で集団○○○しました。 社内結婚だったので旦那は同じ工場だから、その時の様子を同僚や上司から毎日聞かされるいじめ、それに耐え切れず挙式後2週間で首吊り自殺して奥様も葬式後に引っ越していきました。

    こういうことに一切加わることも無いから工場内でも「オマエはどうしてせんのなら!」と、加わらなかったことで殴る蹴るの暴行を受けましたが、今から思うといじめられても犯罪に加担していないことは正解でした。 なお、建設現場時代の前半は沖縄からの出稼ぎ男性たちや、○人者ばかりの建設会社など相当いじめられましたが後半は平穏でした。

    ただ、全て相手が悪い訳ではなく私にも大きな非はあり、いじめや犯罪を止める勇気も力もなかったこと、県北を出る勇気がなく県南へ出てこなかったこと、見て見ぬふりや行動しなかったことは完全に私が悪いのです。

    この思いがあるから女子職員人質事件で見て見ぬ振りした男たちは最低、皆で飛び掛れば犯人のおっさんは何とでもできるのにビビッて動けない、あの事件を機に普段は偉そうなこと言っても「所詮は口だけ」を更に実感しました。

    県北時代の私はいじめや犯罪を見てもいじめられるのが嫌で、見て見ぬふりする卑怯者だったことは心の傷(恥)です。 いじめや犯罪行為を見て見ぬ振りする位なら死んだ方がまし、今は見て見ぬふりをしないと決めていますがヘタレの私はなかなかできません。

    教師の給料は県知事ですら口出しできない聖域で高騰する一方、岡山だと30代前半小学校教師で年収630~820万の高給取りだから、それに見合う働きをするべきでいじめを止める義務があります。 元々は尊ばれる人格や教養があるから教師の筈が、今は金と欲しかない低俗でバカタレな教師が多すぎです。

    最後にネタとして、私の同級生に限らず20~40代の独身男性はゴロゴロいるので、結婚したいなら県北の男性をいつでもご紹介できます。 (←このネタ、100%の方に断られます。)

    あなたはいじめを、どう思いますか?

    (=`ェ´=;)ゞ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop