徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    判断して決断。

    おはようございます。 まぶしい光を受け止めることができるのは、それを受け止めるだけの器がある人だけ、氷を日の光に当てると溶けてしまうように、明るい未来を受け止めるには受け止めるだけの準備が出来ていないと、それは脆くも熔けて流れて行ってしまうものなのです。

    人は当たり前のことは当たり前として受け止めているうちはましな方で、当たり前から「なんで?」や「これじゃ、嫌!」など、起きていることが不平不満の塊になってしまうのです。

    そうなると見えているものが不満に思えてくることが連続して、本当に良いものが見分けられなくなると言う現象が起き、本当は良いものなのに価値に気付かず逃がしてしまう、そんなことの繰り返しで幸運を不運に変えてしまうのです。

    これは恋愛でも起きることですが、今の目の前にいる良い男に気付かず後で「しまった!」と思っても時既に遅しで、時間は帰らないし他の女性と付き合ったり結婚した後では遅いのです。

    「あの時、付き合っておけば・・・。」や「プロポーズを受け入れておけば・・・。」など、逃がした魚は大きいとの例え通りに後で後悔するのは、その失ったモノ(彼)の大きさに気付いてしまったからです。

    口説かれている時には「しつこいなぁ、嫌だって言ってるのに!」や、「何度来られても、あなたとは無理!」と断っているのに、自分を口説いていた彼が他の女性と結婚して幸せな家庭を築いていると、「あれっ、もしかして、あの場所に居たのは私だった?」と、隣の芝生は青く見えてしまうのです。

    では、どうして口説かれている時には良い男かどうかを判別できないのか、その要因を探ってみたいと思いますが、一つには手に入れやすいものは余り大切に思えないで、空気はタダで手に入るから無駄使いして環境汚染が始まり、慌てて空気清浄機を買い込むなんてのと同じです。

    つまり、その男性は凄く素敵にも拘らず口説いてくれる、自分さえOKすればいつでも付き合える、だったら他にもっと良いのがいるかもしれない、脳は無意識のうちに架空の最上を求めてしまうのです。

    次に良い男とは成長する速度が違うので、それにより自分の方が成長速度に付いて行けず、判断を誤ってしまうことが多いのです。

    最初はドンくさい感じに見えてファッションも会話もだめだめかも知れない、ところが成長する速度が素早いと見る見るうちにスマートになります。 そうなると今度は他の女性が彼のことを良いと思い始め、彼も断られる女性より親切にしてくれる女性へ傾き始め、気が付いたら良い男に成長して取られて終わります。

    そして良い男と出会えない~もしくは良い男と接点を持てない、その最大の理由は良い男ほど「良い女の基準が刻一刻と変わり続ける」からです。

    これは男女共に気付かない人が多いのですが、良い男とは基本的に男女問わずにモテルので多くの人と出会います。 多くの人と出会うのが基準の変わる要因で、多くの人と出会うことで考え方や見方を色々と吸収して、昔はAが良いけれど今はBが良いとなります。

    この変わっていく速度が速いからこそ良い男に口説かれたら、こちらも素早く良否を判断して良いか悪いかを決断して、それで良い男をゲットしないと時間は待ってくれません。

    ここでちょっと解説すると、「判断と決断」の使い分けを理解できていない人は良い男を捕まえる以前の問題で、「判断とは過去~決断とは未来」なので「判断して決断する」との文章になります。

    良い男はいつまでも待ってくれない、それなのに「私さえOKすれば、いつでも付き合える。」と、この感覚を持ち続けていると自然に良い男を排除してダメ男に行くのは必然で、ダメ男はいつまで経っても成長しないから、一見すると純愛に見えて気の迷いが生じるのです。

    ダメ男は交友関係も狭くて勉強もしないから閉鎖的で、それでも仲間内では意外と人気があったりするから「この人、素敵!」と思えますが、内弁慶でつるんでいる男はいざと言う時にどうにもなりません。

    話は戻りますが、良い男から見た基準がどのように変わっていくのか、それを解説すると「1月1日には5人の女性と知り合い」で、良い女の基準は「5人の中から1人」を選ぶと言う状況です。

    ところが良い男は勉強して交友関係も広げようとするので、「3月1日には10人の女性と知り合い」で「10人の中から1人」を選ぶ状況になり、これを繰り返すと「5月1日には20人の中から1人」~「7月1日には40人の中から1人」と、選ぶ基準のピラミッドがどんどんと巨大化して、その頂点に立つ女性は洗練された要求を満たす女性となります。

    つまり、小さいピラミッドの時にOKしておけば良いのに、巨大化したピラミッドになってから「付き合いたい」と思っても、いまさら「時、既に遅し。」となってしまいます。

    例えば、私は現在のところ約18000人の女性を鑑定しているので、これでピラミッドを作ると18000人に1人となりますから、これだけ巨大なピラミッドになると選ぶ規準は普通の男性とは全然見方が違ってきます。

    だからこそ男が女を選ぶ基準~女が男を選ぶ基準、どちらも分かっているから恋愛のアドバイスが出来るのです。

    良い男の基準は変わるので以前に口説かれたからと言って今も口説かれるとは限らない、昔のことを持ち出して「あの人、私のこと、口説いたのよ。」と、いつまでもしつこく言っていると一人だけ取り残されて誰にも相手にされなくなります。

    良い男は遥か昔に口説いたことなどすっかり忘れているし、「あの時はあの時、今はあなたに興味は一切ありません。」と歯牙にもかけず、それでもしつこく言うとダメ出しされるか、最初から相手にされず無視されるか、良い男の周りにいる人からも非難される状態になるかです。

    あなたは判断して決断、できていますか?

    (=`ェ´=;)ゞ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop