徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    茅の輪くぐり。

    おはようございます。 開運成就は誰しも願うことですが、それは日頃の行いにより多少の差が生まれてきて、それが続くと更に差は広がり「いつもツイている」と言う人と「いつもダメ」と言う人に分かれてしまいます。

    そこで6月にある開運の儀式の一つ、「茅の輪くぐり」に付いて解説してみたいと思いますが、今月末にあるところがほとんどなので行ってみるといいかもしれません。

    この「茅の輪くぐり」とは毎年6月に行われる神事で、無事に夏の暑さを乗り越えて元気に何事もなく無病息災を願うので、人気が高い茅の輪くぐりですが意味・由来・作法などに付いても書いてみます。

    茅の輪とは元々、茅(ちがや)を束ねて大きな輪としたもので、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより疫病や罪穢が祓われると言われています。

    今では多くの神社では「芦(アシ・ヨシ)」を使っていますが、6月は芦が手に入りますけれど12月は芦が手に入らないので稲藁を使うところが多いようで、これにより夏の大祓では茶色の輪、年越しの祓では青みのある輪になったりします。

    開催の時期は6月末から7月中、そして~年末に行われるのが通例で、6月の大祓のことを夏越の祓(なごしのはらえ)と呼んだり、12月の大祓のことを年越の祓(としこしのはらえ)と呼んでいます。

    どうして大祓の時に茅の輪をくぐるのか、その由来は奈良時代に編集された備後の国風土記から引用すると、日本神話の中でヤマタノオロチを倒した素盞鳴尊が南海の神の娘と結婚する為、南海で旅をしている途中に蘇民将来&巨旦将来と言う兄弟のところで宿を求めたら、弟の巨旦将来は裕福なのに宿泊を拒み、兄の蘇民将来は貧しいのに喜んで厚くもてなしました。

    その数年後、再び蘇民将来のもとを訪ねた素盞鳴尊は「もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」と教えられ、そして疫病が流行した時に巨旦将来の家族は病に倒れましたが、蘇民将来と家族は茅の輪で助かったのです。

    この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を、玄関などに貼っておけば災いを免れると言われます。

    茅の輪も当初は伝説の通り小さなものを腰に付けるだけでしたが、しだいに大きくなって江戸時代初期には大きな茅の輪をくぐって罪や災いを取り除く神事になりました。

    茅の輪くぐりの意味ですが、正月から半年間の穢れを祓い残り半年の無病息災を祈願する意味があり、茅の輪をくぐることで禊をして邪悪な穢れを祓い、災難を予防する為です。

    基本的に6月30日に行われて夏越の祓と言われ、この梅雨の時期から夏にかけては、天然痘などの疫病が流行った為に行われることが多かったようで、そういった疫病除けに茅の輪が有効と考えられていました。

    また、大祓では茅の輪をくぐるだけではなく人の形に切った白紙など、人形の身体に息を吹きかけ身代わりとして水に流す儀式も行われ、これは茅の輪と同様に知らず知らずのうちに犯した罪や、積り積もった心身の穢れを取り除くことができると言われます。

    茅の輪くぐりの作法やくぐり方ですが、まずは茅の輪の前に立って軽く礼をして、左足から跨いで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻ります。 次に茅の輪の前で軽く礼をして右足から跨いで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。

    そして茅の輪の前で軽く礼をして左足から跨いで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻り、茅の輪の前で軽く礼をして左足から跨いで輪をくぐり、ご神前まで進み二拝二拍手一拝の作法でお詣りします。

    もっと凝ってやりたいなら茅の輪をくぐっている時、神拝詞(となえことば)を言いながらくぐります。

    その言葉とは、「はらへたまへ きよめたまへ まもりたまへ さきはえたまへ(祓い給へ 清め給へ 守り給へ 幸え給へ)」ですが、地域や各神社で「神拝詞(となえことば)」は、違いますので、各神社でお尋ねくださいね。

    茅の輪くぐりの時にやってはいけないこともあり、これは多くの人がやるので日本人も厚かましい大人が増えて恥ずかしい限りですが、それは「茅の輪の草を何本か引き抜いたり、引き抜いて持ち帰る。」と、これをやる大人の多いことには呆れます。

    これは絶対にやってはいけないことですが、その理由は「多くの参拝者の穢れを吸収しているのが茅の輪」ですから、それを引き抜いて持ち帰ったりする行為は、穢れを自分の体や家に吸収させるようなものです。

    つまり、茅の輪を持って帰るのは、たくさんの人の疫病・罪穢れを家に持って帰る行為となります。

    占い師や霊能者やスピリチュアルカウンセラーやヒーラーの先生方が、茅の輪くぐりの時に抜いて持ち帰ると開運や幸運などと説きますが、これは手水舎の水が水道水とも知らずに、開運できるから家に持ち帰れやパワーストーンを浸けると浄化できるなど、これと同じくらい神様を怒らせる行為であると知っておいて下さいね。

    また、夏越の大祓には「形代(撫物)」と言い紙を人の形に切り抜いた物に、名前と年齢を書き、その形代で身体を撫でて息を吹きかけると自分の罪穢を移し、それを海や川などに流し我が身の代わりに清めます。

    お時間のある時には半年分の穢れを落としに、茅の輪くぐりをしてみるのもいいかもしれません。

    あなたは茅の輪くぐり、やってみたいですか?

    (つ∀`*)っ))⌒☆きゃはは

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop