徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    生き様。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、素敵なお客様にお会いできることが原動力となっているからこそ、疲れるなんてとんでもないと言うくらい元気に過ごせております。 これもひとえに素敵なお客様のおかげで、本当にありがとうございます。

    さて、生き様とは100人いたら100通り、どれが正解とか決まりきった答えがある訳ではなく、田舎が好きな人もいれば都会が好きな人もいるので、人によって違う答えが無限にあります。

    10代や20代では分からないことが30代や40代になると分かってきたり、更には50代や60代になると全く違うものが見えてきたりもします。

    その分かってきたことや見えてきたことに対して、勉強したり修正したりと生き様を変えて行く人も入れば、我が道を行く人もいるので人生は悲喜交々、正解があるのは本当は楽なことなのです。

    一つの基準となる答えがあるなら、それだけしていれば良い~それだけを目指せば良い、そんなことになるので考える必要もありません。

    ところが世の中はそう簡単なことでは済まないもので、Aが起きればBと対処して終わったかと思えば今度はCが起きてDと大変な事態に、そんなことの繰り返しでゴールの無いマラソンと同じです。

    ただし、ゴールの無いマラソンではあるけれど、寿命と言うゴールがあるので亡くなる時に後悔しない、そんな生き方がベストですが死んだことがないので分かりません。 (←ここ、笑うところです。)

    占いと言うのは悩み相談ではあるけれど、本当は人生を拝見させて頂いている~その人生とは命を削っている時間であり、その重さに気付かない占い師は人としてアウト、全員とは言いませんが真摯にお客様方の想いを受け止める占い師さんもいます。

    それをどうやって見分けるかと言えば以前にも書いておりますが、その占い師さんの周りに「魅力溢れる人がいる」が一つの答え、結局は幸せでないと魅力なんて出る訳も無く、占い師さんの実力は周りにいるお客様方が、魅力溢れる素敵な人々かどうかを見れば一目瞭然です。

    世の中には飲食店や美容室やアパレルやデパートなどの接客業を見れば分かるように、相手によって態度を変えるお店が割とあります。

    その良い例が「お金持ちや芸能人を特別扱い」で一般の人々を他所にする扱い、これは誰でも無意識のうちに意外とやってしまうことの一つで、誰でも公平に接客(応対)できる人はかなりの精神力です。

    お恥ずかしいことに有名な占い師ほど芸能人しか鑑定しないと言う差別をしますが、これは生き様の一つで相手によって態度を変える先生方を、周りの人やファンがどう思うかだけで良い悪いではありません。 芸能人を特別扱いする占い師を嫌だと思えば行かない自由もあるので、その占い師を調子に載せているのはファンと言うのも事実です。

    生き様とは日常生活でも隠せないもの、彼(旦那)の生き様は食事へ行くだけでも見えたりしますが、それは食事代を払うなど当たり前のことではなく、「相手によって態度を変える男なのかどうか?」を見るのです。

    つまり、恵比寿にある世界最高の三ツ星レストラン、「Joel Robuchon(ガストロノミー ジョエル・ロブション)」へ行く時は、「ここが良い」と「が」をつける行動、ところが新橋の居酒屋へ行く時は「ここで良い」と「で」をつける行動、これではダメだと思います。

    Joel Robuchonと居酒屋で態度を変える男は間違いなく「差別する男」で、Joel Robuchonへ行く時は服装はきちんとして店員さんにも丁寧な言葉、居酒屋へ行く時は服装も適当で店員さんにも横柄な態度、こんな男が女性を幸せに出来る筈がなく、素敵なお客様が選ぶのは当然ですが「分け隔てなく裏表の無い男」の方です。

    人は自分が差別されると怒るのに、人を差別するのは意外とやってしまいがちです。

    私は寄付の神様に連れられてJoel Robuchonに初めて行った時は緊張して、何が何やら覚えていない状態でしたが、色々なお店に連れて行ってもらう度に自然と色々なことを学べたのは一つの財産です。

    雑誌やネットに出ている決まりきったお店、俗に言うお洒落なお店や高級なお店しか行かない男は間違いなく中身が薄い、自分で探す感性もなければ~自分で見つける勇気もない、飲食店選びは彼(旦那)の性格や本音が出てくるもの、「どうして、こんなお店を知っているの?」と言うセンスのいい男は間違いなくモテます。

    生き様とは何かを見た時に何を受け止めてどう学ぶのか、いくら素晴らしい行いを見ても気付かなければ絵に書いた餅、私はJoel Robuchonから立ち食いそばまで何でもOKですが、何も高級レストランだけが学びの場ではなく、たった一人の小さなお店から学ぶことも遥かに多いです。

    私がよく行く天ぷら屋さんは某下町にある創業64年の老舗、軽く80歳を超えているのに現役バリバリのおじいちゃんが一人で営業、カウンターのみ(11席)のお店で気軽にいけます。

    黙々と天ぷらを揚げている無口な御主人の背中には生きてきた人生の重みを感じ、このお店に行く時は口で会話するのではなく、ご主人の背中から滲み出る雰囲気と会話しに行っているようなものです。 入り口脇の揚げ場前に座ると作業がよく見え、目の前で揚げてくれる天ぷらの美味しいこと、銀座では味わえない人情と言う隠し味が染み込んでいます。

    大きな仕事や綺麗な仕事だけがかっこいい訳ではなく、日々変わらず自分にできる精一杯のことを一生懸命にやる、そういうこつこつと歩んでいくことを馬鹿にする風潮が強いけれど、私はおじいちゃんの揚げる天ぷらを食べて、ほのぼのとして明日も頑張ろうと言う気になると同時に人生を学ばせて頂いております。

    このお店は天ぷらのお任せが海老2本~メゴチ~キス~アナゴ~イカ~野菜など8品、これを目の前で揚げてくれて値段は850円(銀座で8品だと7000~12000円)ですが、儲け云々ではなく気持ちで揚げてくれている天ぷらの味を、ちゃんと理解できる男と結婚したら幸せになれると思います。

    あなたは生き様を見られる、そんなお店を知っていますか?

    (人´∀`)アリガトー♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop