徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    弱者のふり。

    おはようございます。 素敵なお客様に会える日常は奇跡の出会いであり、当たり前と受け止めるのではなく素晴らしい運命に感謝、私は素敵なお客様とお会いできる日常が何物にも変えがたいの幸せで、本当にありがとうございます。

    真面目に頑張っている素敵なお客様は日々の生活も素晴らしい、きちんと働いて嫌な上司やクレーマーにも対処しながら、きちんと生きているのは人としての尊厳も保ち天女の如く素晴らしいです。

    ところが世間には「弱者のふりした強者」と言うのが数多くいて、真面目に働いている人の税金でぬくぬくと暮らしているのは、どう考えてもおかしいと思うので厚かましい弱者に付いて解説してみたいと思います。

    最低賃金の全国平均は749円で今日の舞台となる大阪は800円、1日8時間勤務で週休1日だと749円×8時間×25日=14万9800円(月)で、仮に1ヶ月休みなく働いて約18万5752円(月)で、この金額を覚えておいて続きをお読み下さいね。

    慰安婦や吉田調書など嘘の記事を載せ続けて日本を貶めた朝日新聞に、母子家庭の生活保護受給者の女性が月額で約29万円の支給を受けている記事が掲載されました。

    女性は朝日新聞に対して、「子供に劣等感を持たせたくない、今でも食べ盛りの子供2人と自分で食費を1日1500円に切り詰めている。 これ以上減額されたら私の食費を減らすしかない。」とコメント、ようは生活保護の減額を批判する記事でした。

    では、生活保護支給額と用途の詳細が出ていたので本当に苦しいのかどうか、これを見てきちんと働いている善良な国民の方々の感想が聞きたいです。

    この女性の生活保護支給額ですが、「住宅扶助5万4000円・生活扶助21万9580円・教育扶助1万9000円の計29万2580円」で、その内訳は「家賃5万4000円・食費4万3000円・電気5200円・ガス8300円・水道0円」と、ここまでは生きていくには必要ですから反対する人は少ないと思います。

    次に「携帯電話代2万6000円・固定電話料金2000円・おやつ代7000円・外食費2000円・日用品3万7000円・灯油代4000円・交通費1000円・医療費2700円(病院代とは別)」と、これが毎月の必要経費ですが日用品が毎月3万7000円とはどういう生活なのかと思います。

    そして「被服費2万円・交際費11000円(慶弔費別)・習い事費4万円・学校関係費1万3000円・余り1万5380円」ですが、毎月2万円(年間24万)の服を買い~毎月4万円(年間48万)の習い事、これで生活が苦しいから生活保護減額には反対、こんな主張をするのはどうかと思います。

    ちなみに「こんな金額じゃ、コンサートも月に1回しかいけない! 私達は娯楽を楽しむこともできないのか!」とお怒りでしたが、毎月コンサートへ行ける家庭がどれくらいあるのかなと思います。

    普通に考えれば働かずにお金を貰って家でゴロゴロしているだけなのに、固定電話は不要~携帯電話を使いすぎ~子供の習い事に4万円もかけない、こうやって節約を考える人が大半ではないかと思います。

    これを当然と受け取る弱者も問題ですが、こんな金額を支給する行政(大阪)にも問題があります。 これは大阪の話なので大阪都なんて馬鹿な話をする前に生活保護を減らすべき、橋下市長は良いことも言うのに机上の空論が多く大阪府は実質破綻しています。

    そもそも生活保護とは、「最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること。」であり、受給を続けたいと思ってしまうのは本末転倒で、働く気の無い人には打ち切りが妥当です。

    こういう事実を知ると毎日きちんと働いてる人からするとやりきれない思いで、保護受給者を差別するなと声高に言う人もいますが、逆にきちんと働いている人に対する差別じゃないのか、きちんと働いた方が収入が低いなんておかしいです。

    生活保護は恥ではないと権利ばかり主張するなら、生活保護世帯をネットで氏名を閲覧できるようにするべき、納税の義務を果たしている人は税金の使い道を知る権利があるので閲覧は当然の権利、生活保護は恥ではないと言うなら堂々と氏名を出せる筈で、誰が生活保護なのかを知る権利が納税者にはあります。

    また、きちんと働いている人が病気になった場合、電車や徒歩などで病院へ行き治療費は全部自分が払います。 仮に入院となれば相部屋で節約して早く仕事に復帰するようにしますが、これが生活保護だとどうなるかを余りにも世間の人は知りません。

    生活保護の人が病気になった場合、治療費と交通費は全て支給されるので一円も自腹を切りませんし、これは毎月の生活保護とは別に支給されるのでボーナスみたいなもので、とにかく領収書さえあれば何でもかんでも支給されます。

    そして病院へタクシーで往復するのは当たり前で入院する時はもちろん個室を要求、保険が下りるから治ってもわざと長い入院生活を送り、退院したらすぐに保険請求をして保険金を自分の懐へ入れる、こういう事実を世間の人は知りません。

    そうでなくとも日用品と娯楽費で毎月7~8万を使える余裕があるのですから、こんなことをしていたら勤労者の労働意欲を確実に奪っています。

    ここまで読んで憤りを感じるなら、ちゃんと選挙へ行ってきちんとした政治家と政党へ投票する、ろくなのがいないと思うなら少しでもましな政治家と政党へ投票、そうしないとますます日本がだめになります。

    広島空港でのアシアナの着陸失敗(操縦ミス)の事故が良い例で、今の国土交通大臣は何も無かったようにスルーして日本人を守ろうとしませんが、今の国土交通大臣は「どの政党の誰なのか?」を検索して、日本人を守らない政治家へ投票したら痛い目に遭うことを学んだ方がいいと思います。 (←自分で検索すると、頭によく入ります。)

    橋下市長の唱える大阪都構想の是非を問う為に、住民投票を行う費用(約9億3千万円)も税金であることを、大阪の方々はよく考えて欲しいと思います。

    今の大阪に限らず日本には弱者の振りした強者が数多く存在、でかい顔して権利ばかり要求しているのは是正されるべきです。

    あなたは弱者のふりを、是正したいですか?

    ・・・(=ェ=`;)シーン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop