徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    心優しきchef。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、これも素敵なお客様のお陰で本当にありがとうございます。 パワスポ巡りも雨が降らず開催でき、デジカメの小部屋に集合写真があります。 (小部屋も久々の更新です)

    さて、悲しいことがあったり辛いことがあったり、前向きでいなければと思っても気持ちが乗らないこともありますが、そんな時には美味しいものを食べに行くと笑顔になれます。

    吉本などお笑いを見ても笑顔になれる訳ではなく、実際に吉本芸人を生で見た時に意外と多い感想は「面白くなかった」で、TVでは先輩芸人のサポートなど色々な力が作用しているだけで、本当に実力だけだと笑えないのは当たり前です。

    しかし、美味しいものを食べた時には誰しも笑顔になれるので、悲しい時には美味しいものを食べに行く、そうやって自分に御褒美を上げるのも悪くはありません。 一流の料理人に会うと開運に繋がりますが、一流の料理人は運が良いと言う言葉が外国にはあり、その意味は別な機会にて。

    今日はchefのご紹介ですが、2年ほど前に銀座に「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン(閉店)」と言うお店がありました。

    そこに素晴らしいchefがいてフレンチと言うより料理の天才、エルメスのオーナーや三ツ星chefの重鎮が来日した時、わざわざ挨拶に来たほどのchefです。 それなのにどうして閉店したのか、敢えて理由を書きませんが運の悪い人が近寄ると恐ろしい現実が見えました。

    そのchefの名はDominique Corby、パリで生まれ15歳で料理の道に入り、「ル・タストヴァン」を始めとして一流のお店で修行を重ね、91年に「ラ・トゥールダルジャン」のパリ本店副料理長に就任、94年に来日して「ラ・トゥールダルジャン東京店」でエグゼクティブシェフを務めました。

    02年より10年5月までホテルニューオータニ大阪「サクラ」総料理長を務め、「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」もミシュランの発刊以来4年連続で星を獲得、08年にはフランス・センスに「LeMiyabi」をオープンして東京とフランスで活躍していました。

    Corby chefは日本各地の食材を生産者や販売者と協力してプロモーションイベントを開催、これらの食材を使っての商品開発も行うなど日本を好意的にPRしてくれています。

    フレンチの伝統をベースに自由な発想で紡ぎ出す料理は実に多彩、同じ料理は二度とメニューに載せないポリシーを持ちアイデア溢れる料理は素晴らしく、常に進化し続けるフレンチ交響曲を味わい、料理を五感以上の感覚で堪能する時間になります。

    元々は赤坂へお店を出す予定で近所になるから楽しみにしていましたが、予定変更でル・コルドン・ブルー日本校のマスター・シェフとして、料理学校の先生になってしまいました。

    そして2013年10月には、ル・コルドン・ブルー日本校のエグゼクティブ・シェフに着任、日本やフランスなど世界を飛び回る日々で、もう二度とCorby chefの料理は食べられないのかと思っておりました。

    なお、「ル・コルドン・ブルー」とは、1895年にパリに創設された料理学校で現在は25ヶ国46校で展開中です。

    東日本大震災の時にCorby chefはフランスへ戻らず日本へ残り、東北被災地での炊き出しや支援物資の輸送や配布、被災地産食材のプロモーションなど生活に直結した支援活動を行い、今も東北の食材を使い安全をPRするなど日本を支援してくれる人格者です。

    そのCorby chefが自分のお店を都内某所に開店(3月下旬)したので行ってきましたが、日本とフランスを融合させた料理の数々は、味音痴の料理評論家やグルメブロガーでは理解できないと思います。

    味の分からない人はすぐに銀座が一番と言いますが、銀座にはランチが19200円など高いだけで中身無しが多く、こういうお店や料理人と比べること自体がCorby chefに失礼です。

    銀座のお店たちが自慢したところで3万円以上も取るなら美味しくて当たり前、銀座は名前だけでお金を取る紛い物が多く、そこでは味わえない本物を1万円以下で提供するCorby chefは天才と言う他ありません。

    TVや雑誌の情報を鵜呑みにする人は知名度が一番大切で、宣伝しまくりのエ●●スなどお客様に向かって、「あなたは馬鹿舌だから、うちへ通って勉強した方が良い。」と上から目線で馬鹿にしますが、それを「勉強になります!」とありがたがる人が多いのは不思議です。

    なお、笑顔の素晴らしいCorby chefは話好きなので、日本語で「美味しいです!」と言えば心地良く会話できます。 ちょっと気取って感謝を表したいなら、「ウイ メルシー ヌ ヌ ソム ビアン レガレ(Oui merci.Nous nous sommes bien régalés.)」と、言えばお洒落です。

    私も寄付の神様もフランス語で話す時もありますが、Corby chefは日本語ペラペラなので大丈夫、私はアホなので調子に乗ってフランス語で話し、ついていけず日本語に戻したこともあります。 (←恥ずかしい~!)

    そして素敵なお客様への恩返しのイベントとして日本を支援してくれるこのお店へ、若干名(予約が取れた人数分)をご招待したいと思います。 ご希望の方は住所・氏名・電話番号を明記の上、郵便(封書・葉書)でご応募ください。 (〆切は4月9日の消印有効、当選者にはお電話にて連絡します。)

    応募条件は、過去1年以内に鑑定へ来た、予約が取れた時に必ず都内某所へ来れる、Corby chefと写真を撮る予定なので写真OK、この三つとなります。

    こちらは10席ほどの隠れ家的なお店なので大勢で行くことができない為、希望者が多い時は抽選(予約も取りにくい為)になります。 本当は応募者全員をご招待したいけれど、お店が小さいので全員は無理なのが残念です。

    あなたは心優しきchefの料理、食べてみたいですか?

    ゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop