徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    反論ばかり。

    おはようございます。 今日も活き活きとしている素敵なお客様は、誰にも憚ることなく行動できる、何もしなければ人生は変わらないのですから、思い立ったが吉日と言うように行動して人生を変えることが、自分の人生にメリハリを与えます。

    人は生きている限りは人と関わり続け、その関わる相手によりストレスの増減が決まり、変な人とばかり話をしていると疲れが貯まって嫌になるのは当たり前、できることなら素晴らしい人と心地の良い会話が出来るのが理想です。

    いつもイライラしている人と仲よくしたい人はいないし、不機嫌そうな人の近くにいる機会が多いと嫌な気分に引き込まれます。 他人から好かれる為の第一歩は、「いつも上機嫌でいること」だと思います。

    人間社会でストレスを溜める原因の第一は人間関係で、いつもイライラしている人は「他人が悪いのだから仕方がない」と、人のせいにする傾向が強いような気がします。

    冷静に考え直してみれば分かるのですが、他人のせいでイライラさせられているなら世の中の全ての人が常に不機嫌の筈、それなのに明るく上機嫌に過ごしている人もたくさんいます。

    その違いは何なのかですが、明るい人の周りには良い人ばかりが集まっているし、不機嫌な人の周りには嫌な性格の人が集まっている、その現状を変えるには他人に腹が立つ時とは自分の思い通りにならない時だと認識することです。

    他人の考え方を変えようとしても無駄なエネルギーを使い疲れてしまうだけ、あの嫌な人のせいで自分は不機嫌にと思う人は、自ら嫌な人に執着してしまっているだけで他人を変えるのは無理です。

    自分と仲の良い人に愛情を持って前向きな提案をするなら良いけれど、嫌いな人に自分の思いを伝えて変えようと提案しても時間の無駄です。

    「自分が相手を嫌っている=相手も自分を嫌っている」で、相手も自分に変わって欲しいと思っているのと同じ、嫌いな人から変わるよう命令されて素直に受け入れられる人はいません。 人間社会で嫌いな人から逃れる術は無く、できることと言えば「その人に合わせた付き合い方」をするだけです。

    「絶対に自分の意見を譲らない人」には反論しないこと、「愚痴や悪口ばかり言っている人」は適当にあしらっておけば良く、「自慢ばかりする人」は調子よくおだてて良い気にさせておく、そして何より重要なのは付き合う必要のない人とは「付き合わないこと」です。

    好き嫌いで他人を分けるのは冷たい感じもしますが間違いではなく、できることなら人として正しい道は全ての人と仲良くが理想です。 そんな神様のような人が地球上に何人いるかはしりませんが、全ての人と仲よくできれば一番良いことが分かっていても無理なのが人間です。

    ほとんどの人は嫌いな人に対してストレスを溜め込んでいるけれど、それで何かが変われば良いけれど結局は何も変わらず疲れるだけです。 それよりは「嫌いな人=幼稚な子供」だと思って相手にしない、その方がよほど明るく健康的です。

    まずは自分が幸せになり充分に他人を受け入れられる寛容さを身につけて、それから嫌いな人のことも気にかける、相手に合わせた付き合い方とは自分を押し殺して他人に迎合ではなく、自分の意志で自分の為に自分を変えていくことです。

    人それぞれに考え方は違うのは当然で、自分の好みに合わない人がいても不思議はありません。 人生は合わせ鏡なので他人に傷つけられた時こそ、自分も同じよう他人を傷つけていないかと確認、そうすることで学びが進むほど腹が立つことが少なくなります。

    「他人が変わるべき」と思い込んでいるなら今後もストレスから解放されることはなく、他人が悪いのが事実でも自分が変わった方が早く気が楽になります。 自分の考え方を変えることは勇気がいることで、それでも自分を楽にすると思えば難しいことではありません。

    人間関係で疲れるのは当たり前と思いながらも、それでも毎日反論ばかりする頑固な人と仕事をするのは嫌なモノ、そういう時の対処法の参考です。

    学校でも職場でもこちらの意見に必ず反論する人がいますが、その反対意見を聞くとイライラしたり落ち込んだりすると思います。 だからと言ってコミュニケーションを取らなくていい訳でもなく、職場などではどんなに嫌でも話をしなければなりません。

    こういう人たちを変えるのは大変なので、こちらが変わる必要があります。

    それも自分の心を守る為に害があっても得の無い人と関わらない、こういう人たちは人の意見を使って自分を正当化することが日常茶飯事、「お前は甘えている!」と言う言葉の裏には「俺は、もっと苦しい人生だった!」との自慢が隠されています。

    こういう時は「この人は他人の意見を使って自分の人生を語りたい自慢しい」と、少し客観的に聞いてみるとストレスが軽減されます。 世の中には色々な心のクセを持った人いて、コミュニケーションの中でなるべくストレスを感じない為にも相手と対等にならない、相手を子どもだと思う方法を試してみて下さい。

    ただし、反論の全てが悪い訳ではなく反論にも良い反論と悪い反論があります。 良い反論の場合は、その反論を認めるかどうかを検討して、なるほどと思えるなら認めた方が楽です。

    良い反論:こういう理由でダメなど反論を述べた後に提案があり、そしてやるのは自分で責任を取るのも自分です。

    悪い反論:やりたくないのでやらない理由を探しているだけ、その反論からは何も生まれず停滞や後退しかなく、そして自分ではやらないし責任も取りません。

    なお、4月5日のパワスポ巡りは雨天中止、雨が降っていたらゆっくりとお休み下さいね。

    あなたは反論ばかり、そんな人と居たいですか?

    (´ー`A;) アセアセ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop