徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男へのメール。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様には突然に幸運のメ―ルが届く、そうやってワクワクしていると良いことが良いことを引き寄せます。 良いことを想像するのも少なからず開運法の一つで、良いことを想像すると良いことが起きる、悪いことばかり考えていると意識が悪い方へ向かい悪いことが起きます。

    さて、男女間で悪いことと言えばメールの返事が来ないと不安になるなど、これも悪いことを想像してしまうへ繋がる一つです。

    メールに関しての相談は非常に多く内容がイマイチで彼を不機嫌にしたなど、こうなるのは男と女の脳の違いもあり、よほど精通できていないとお互いが「相手を怒らせるメール」を送り合います。

    言うなれば女子はメール好きではあるけれどメール下手、自分が良いと思うメールを送るのは同性にしか通用しません。 異性に送る場合は自分が良いと思うメールでは無く、相手が良いと思うメールを送らないとダメなのです。

    例えば、「絵文字を使わなくても何も言わないで」と思う男性は多いし、「デコレーションメールは嫌い」と言う男性も多く、「ラブラブメールなんて恥ずかしい」と思う男性は星の数ほどいるし、この3つだけでも男性と女性では考え方や捉え方が違うのです。

    そしてメールにおいて一番やってしまう間違いは、「仕事中のメールはやめて・文章量を減らして・回数を減らして」と、メールの回数も量も全て多すぎるのはアウトです。

    ここで「そんなに送ってない!」と言うのは大間違いで、多い少ないは人により違うので極端に言うと、週1でも多いと思う男性もいれば~1日3回でも少ないと思う男性もいます。

    そこで基本的なメールテクニックは恋愛の武器になるので、知らないのは損しているようなものだから、今日はメールに付いての解説です。

    まずは「褒める・感謝する・励ます・相手の都合を考える」ようなメールは基本、これができれば彼の気持ちはあなたに向きます。 例として相手が忙しそうだったら、「忙しそうだから、また、明日メールするね。 あんまりムリしないでね(ハート)」です。

    男性の心を揺さぶるメールとしてはメールの内容に「相手の名前」を入れるで、男は自分の名前があると無意識に文面が気になるので、文面は普通でいいから相手の名前を繰り返し文面に入れることで、男性はなんらかの意味を感じ始めます。

    そして「返信のタイミングに緩急をつける」と効果的で、常に即レスよりも待たせる方が気になるのが男、返信のタイミングに緩急をつけると男の気持ちは揺さぶられます。

    そして即レスしたいなら「深夜メールに即レス」は効果的で、寝ているだろうとの予測を裏切り即レスだと親密感がUP、更に寂しさを感じがちな深夜メールに即レスだと男は特別感を覚え、「寝てたけど、予感がして起きた!」などの文面で送ると運命を感じ始めます。

    また、「身近な良い出来事など、突然の嬉しさや驚きを報告。」も、「それがどうした」と思いつつも嬉しい気持ちになります。 他にも「友達の○○の悩みについて意見を聞く」は効果的、相談すると言うことは信頼されていると勝手に思うので、男として信頼されている意思が伝わります。

    そして待つ期間が大変ですが半年以上、音信不通の相手に突然「今、何してる?」と近況を聞くのも妙手で、唐突に近況を尋ねるメールを送ると喜ぶ男は多いです。 後は「〇〇くんのそういうとこ、なんか好きだな。」と、このワンフレーズを文面に入れると男性は間違いなくドキドキします。

    そして男性がデートしてみたいと感じるメールも参考程度にご紹介ですが、「サッカー好きなの? 私も~!」など趣味が同じとアプローチ、もしくはお誘いメールだと、「スマホを変えたいけれど、よく分からないから、今度一緒にショップへ行って、選び方を教えてください!」とやれば、この「誘い+教えて」に男は弱いです。

    だから「聞いてほしいことがある」と相談を持ちかけられたり、自分の得意分野にて誘われると、男はウンチクを語るのが好きだから知識を披露することに快感を覚えるので、「お父さんのプレゼント選びに困ってるの」など、出かける理由を相談として用意すると「一緒に~」と誘い水を向けやすくなります。

    また、勇気のある人は率直に「今度、二人で会えない?」と言うで、「二人で~」に男は特別な意味を勝手に感じて、「自分に気がある!」と想像してしまう生き物です。

    そしてデートに誘われた時も気を抜いてはダメで「男をドキッとさせるべし!」で、返信メールにも「喜んで!(ハート)」などシンプルで分かりやすく、テンションの高さを伝えるべきです。

    他にも「今からすでにドキドキしちゃった!」や「デートの誘いって初めてです。」など、
    あえて女性から「デートであることを男に再認識させること!」で、男性に対してドキッとさせる+脳に刻み込むことができます。

    更にデートの後に送るメールも気を抜いてはならないで、「突然の誘いにびっくり、でも、すごく嬉しかったです(ハート)」など、楽しかった気持ちを素直に少し大げさに伝えて彼をドキドキさせるのです。

    そして手を緩めずに次のデートの約束への手筈ですが、「今日は楽しすぎて、あっと言う間に時間が過ぎてしまいましたが、本当は、もっともっと、お話、聞きたかったです。」など、次のデートのお誘いがあったら「行きますから誘って!」と、暗に要求する内容を脳へ刻み込むのです。

    ここで一つ注意ですが女性誌や恋愛本に書いてある、「暇なの・ドタキャンされて時間がある」とメールして、誘われるように仕向ける作戦は低レベルの男には効果ありですが、トップクラスの男になると逆効果、「暇・ドタキャンされる」と言う女性に時間を使う気にはなりません。

    最後に、男は頼られると自信がつくので思い切って、持ち上げるだけ持ち上げるのもありで、「私には○○君みたいな頼りになる人が必要かも」と甘えながら好きアピールをすると、「俺って、モテテル?」や「もしかして行ける?」など勘違いが始まります。

    あなたは男へのメール、熟知できていますか・

    (-ω- )o< フムフム

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop