徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    占い活用法~29。

    おはようございます。 今日と言う日を考えた時に当たり前と思うのか、それとも素晴らしい日で感謝すると考えるのか、同じ日なのに考え方で過ごし方も違ってくる筈ですが、感謝する気持ちは当たり前だと思ったなら出てこない、当たり前ではないと思うからこそ出てきます。

    人は日常生活を普通に送れるだけでは感謝できないことが多いのですが、病気になると不安が生まれて「どうなるんだろう?」と考えた時に、始めて健康がありがたいと思うようになります。

    自分の人生は自分だけのものではなく、周りの人との関係性を浴することで改善できることも多く、それは周りにいる人だけとの関係を考えるのではなく、その先にある人間関係を見ると今だけと言う考えではいけないと気付けます。

    占い活用法も㉙回目になりましたが、占いとは活用するものであり頼るものではないとも言え、スピリチュアルやヒーラーのように「私が言うことは絶対、逆らうと地獄行き!」などは詐欺です。

    ところが本物の占い師さんは脅かすようなことは言わないし、御相談を受ける立場の職業と言うカテゴリーの中でも一番と言っていいほど許容範囲が広く、全てを肯定的に受け止めることが出来ます。

    基本的に怖がらせる占い師さんは相談に来た人に余裕が無いからカモにしよう、そして自分の自信の無さを見破られないようにしよう、そういう思いがあるからこそ相談に来た人を怖がらせるのです。

    占いへ来る時はほとんどが落ち込んだり元気が無かったり嫌なことがあった時など、少なくとも勢いがあるとは言えない場合が多いのですが、そんな時でも温かく受け止めることができるのが本物の占い師です。

    ただし、ここで勘違いしてはならないのが、いくら本物の占い師さんでも最後まで話を聞かないと冷たく感じてしまう、酷いことを言って傷付けたと感じてしまう、そういうことがあります。

    例えば、「あなたは○○にはなれません」や「あなたがしていることで他人が迷惑しています」など、こういう否定的な断言をしたら「どうして、そんなことが言えるんですか! 分かりもしないくせに!」と、お怒りになるのも無理はありませんが話は最後まで聞くものです。

    本物の占い師さんが否定的な発言をする時は、御相談に来た人が生まれ変わりや方向変換を意味する場合で、決して誹謗中傷や傷付ける意図があってのことではありません。

    そのアドバイスにより、今までの自分の生き方を変えることで更に周りの人たちを幸せに出来る、徳を積みながら自分も周りもハッピーな人生になる、そういう未来への伸び代や可能性があるからこその発言なのです。

    作り話で大げさに説明すると、最後まで話を聞かずに占い師さんを怒鳴りつけ、更には事務所へ2時間以上も居座り続けて次の人に迷惑を掛ける、そんな人がいたとしたら~しかも医者だとしたら、クビにした病院の判断は正しかったと自分自身で証明しています。

    鑑定結果の本当の受け止め方と言うのは、もしも自分が周りに迷惑を掛けていたとしたら、これからは迷惑を掛けずに周りをどんどんとハッピーにしていこう、こう考えれば良いだけでなんでもかんでも誹謗中傷と受け取るのは早計です。

    こういうケースに多いのですが占いへ来てもなかなか運が良くならない、もしくは開運できない場合は、「自分が被害者のような顔をしながら実は加害者」が多いです。

    例えば、一つには過去の栄光を話しすぎるで、昔は凄かったと言うのは分かりますが、それは過去の話で今がどうなのかと言う点を自分で気付かなければならないのです。

    鑑定時間が30分として、そのうち25分を相談も含めた昔話にしてしまうと、どんなに凄い占い師さんでも5分で全てに答えて全ての悩みを纏め上げるなんて無理です。

    友達へ相談する時と占い師に相談する時の違いは、アドバイスの中身が違うと言うだけではなく、昔話も含めて今がどうなのかを聞いてくれるかどうかもあり、本物の占い師とは未来が良くなるにはどうしたら良いかを考えています。

    ただ、今がどうかを聞いてすっきりしているだけではダメ、あくまでも未来がどうなのかを聞かないとダメ、友達と占い師の違いは「今がすっきりか? 未来がすっきりか?」の違いです。

    多くの人の人生を拝見させて頂いていると一つの法則みたいなものがあり、そのほとんどは「人生の後半で成功している人は、人生の前半で苦労している。」です。

    10代では虐めに遭い、20代では仕事や人生で不遇な目に遭い、運が悪くてやることなすこと全て裏目に出て、いくら頑張っても結果が出なかった、そういう人は人生の後半で成功したり運気が上昇したり、それが運命のバランスと言うか法則みたいなものです。

    「小さい頃は神童で、大人なったらただの人。」と言う言葉がありますが、学生時代にモテモテの人が歳を取ってもモテモテなんて余り無く、学生時代に成績の悪い人が成功して成績の良かった人がホームレス、こういう事が頻繁に起こるのが運命や人生の面白いところです。

    10~20代が順調~もしくはピークだった人は、残りの人生はあきらめてしまうしかない、改善する余地が無いとも言えますから人生は最後まで分からないのです。

    10~20代で苦労続きで人生に絶望するほどなのに、その苦労を笑いに出来て苦労を感じさせない人が、最終的には成功していくことがほとんどです。

    あなたは占い活用法~29が、お役に立ちましたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新は26日(水)より再開します。 素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop