徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    自分を信じる。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、東京事務所も開設当初に比べると快適で掃除と浄化もできています。 東京事務所は机と椅子だけですが、それでも雰囲気の良さは倉敷事務所へ匹敵すると言われる幸せな空間にしたいです。 ただ、今はビルの全面改装中で7月まで、音がうるさいので申し訳ありません。 m(__)m

    基本的に事務所は素敵なお客様の為にあり、倉敷も東京も理想はお越しになった瞬間に笑顔になれること、鑑定とかどうとか言う以前に「来るだけで開運できる」と、何もしなくとも心が晴れ晴れするようにしたいです。

    初期の東京では会議室を借りていたので自由にはできず、あの頃に比べると今はようやく自分の城となる場所もでき、東京でもワクワクドキドキが増して行くと信じています。 そう言えば昨日、以前にお借りしていたホテルより年賀状が届き、旧正月より遅い年賀状も新鮮でした。

    さて、東京初期の五反田時代を知らない方の為に、東京事務所を借りることになった経緯や、どのようにリフォームして行ったのか、それを少し説明してみます。

    元々東京へ事務所を出したいと思っていましたが、東京で通用しない占い師が地方でごまかしながらやるのは嘘ではないのかと感じていて、分からないからと言って地方で嘘や自慢を繰り返して鑑定するなんて、騙しているのと同じで私にはできません。

    人にはそれぞれの考え方があるので個人的見解ですが、占いと言うなら自分も開運しないと嘘になり、地域で№1ではなく日本で№1を目指さなければ言うこととやることが矛盾します。

    人の未来を見て開運や悩み解決と言っているのに、いつまで経っても街頭で鑑定していたり~事務所も持てずに喫茶店やエスカレーターの横で鑑定、そして全国からお客様が来るや芸能人が来るなど自慢する割りに東京進出ができない、これでは自分の開運もできない証拠だから嘘で塗り固めた占い師になってしまいます。

    人様よりお金を頂いて鑑定する以上は自分の言葉に責任を持つのが占い師、私もどうにかこうにか東京で事務所を構えるところまでは辿り着きましたが、まだまだ初心者で何もできない唐変木なので不安が一杯、それでも不安の向こうに期待を見て進むしかありません。

    運命は動かない時には暗示をくれるもので、その暗示を読み取らなければ未来が開けることはありません。 私自身も東京へ事務所を出すことに気合いが入ったのは、2010年7月24日の午後12時7分の出来事が、運命からの暗示と後押しだったと思えます。

    2010年7月24日の午後12時7分の暗示は私の至らなさから起きたもので、フロントで注意~エレベーターの中で注意~部屋まで付いて来られて注意、更に会議室内で4回目の注意は「早く動け」と運命が暗示していたからです。

    東京事務所は未来で自分が居る場所を視てすぐに決めましたが、お金を掛ける訳にいかないので節約の為に自分でリフォームや掃除をやるしかありません。 幸いなことに余り痛んでいない物件だったので、掃除や修繕は自前でやれそうだった助かりました。

    東京へ出張する度に鑑定が済んだら物件へ行って内装工事をするの繰り返しで、この時期は予約を減らして作業時間を作り夕方の4時頃から夜10時頃まで作業して、リフォーム材料を買う為に物件と東急ハンズを往復していました。

    この当時は作業中も予約を受けていましたし複数の作業を同時進行、工事中に事務所の窓から夜空を見上げて、「大丈夫かなぁ」と悲観的になることもありました。

    注:ここから先は2010年当時のミーハー時代の話であり、今なら視界にも入らないけれど当時は新鮮なことがあり、当時の間抜けな私のアホな話で笑ってください。

    そんな少し落ち込みかけていた時ですが六本木駅に向かい歩いていると、目の前に黒服の男性に囲まれた女性がいて、よく見るとSPやスタッフに囲まれて移動中のあゆこと浜崎あゆみ、目の前で見た瞬間に意味は無いけれど「あっ、東京でやれるかも?」と思いました。

    単なる偶然ですが街中で偶然に遭遇する確率は低く、当時は「ついてる!」と勝手に信じました。 単純と言われたらその通りですが、ミーハー時代は疲れが解消できたヒトコマで、再びコツコツと内装や準備を始める気力となりました。

    これは震災前のミーハーだった時の話ですが、東京事務所の周りはTV局や芸能事務所だらけで日常的に芸能人へ遭遇しすぎる為、今は遭遇しても全く違う感想です。 (苦笑)

    倉敷事務所も自分で内装をやりましたが東京事務所も自分で内装をすることになり、建設現場で働いていたことがプラスに作用する偶然が重なりました。 その後もビルが火事になった時、私の事務所だけ被害無しと言う奇跡など色々とありました。

    そんな東京事務所も今まで何度かブログで書いたように昨年は悲劇(喜劇)に見舞われ、真面目に廃業危機でしたが今は笑い話になっています。

    自称「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康」の生まれ変わりの方々が、東京事務所と同じビルへヒーラー(黒田官兵衛)と占い師(森蘭丸)を送り込み、私に東京から出ていけと言う話(過去ログ参照)です。

    この5人は2010年後半に東京進出を計画して事務所を出していましたが、東日本大震災が起きたので中止して岐阜や愛知や福岡などへ逃亡、そろそろ安全と考えて2014年に私と同じビルへ東京進出を再開、誘致した人は私のお客様だった男性で場所は狙って出したと言われた時は悲しかったです。

    ただ、震災が起きたらすぐに東京を引き払い愛知や岐阜や福岡へ逃亡、自分だけ助かろうとした事実は一生消えません。 私は震災があろうと原発事故があろうと、素敵なお客様を置いて自分だけ逃げるなんてできません。

    私が東京へいる時には地震も何も危険なことは起こらない、根拠はないけれど自分を信じるのも開運成就の元、震災や原発が怖くて素敵なお客様方を置いて逃げる、そんな卑怯なマネを私がすることはありえません。

    あなたは自分を信じる、それができますか?

    ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop