徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    砂町銀座商店街。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、行きの岡山空港ではANAが2時間半遅れで搭乗口が大混雑、私はJALで行ったので助かりましたが相変わらずB787は危険です。

    こういうトラブルに巻き込まれないのも素敵なお客様のおかげで、私の人生は素敵なお客様方のおかげで無駄ではないと思えます。 今回もトラブルに巻き込まれず無事に帰って来れたり、予定通りに物事が進む幸せに本当に感謝です。

    日常に変化が無いのは時としてつまらなく感じますが、変化が無いと言う保守的な守り抜くのも伝統としては大切で、変わらなければならないモノと変わってはいけないモノ、その区別は人の感じ方によるのかもしれません。

    私はデパートなどを歩いてウィンドウショッピングをするのは好きですが、商店街などを見て歩くのも好きで、どちらも繁栄して頂ければいいなぁと思います。

    私は地方のいち占い師でマスコミに出ている高名な先生方とは生きる世界が違いますが、大きく言うのであれば日本を元気にしたい、色々な街を復興させたい気持ちはあります。 東京だけではありませんが駅から商店街を歩いて自宅へ帰ると言う人の流れの中で、駅周辺の施設や商店街が沈み込んでいたなら街の勢いは無くなるので残念です。

    しかし、駅から離れていようと近くにイオンやアリオが来ようとモノともせず、勢いが止まらない商店街もあります。 これはやり方次第でいくらでも商店街を元気にすることは出来る証拠で、今日は砂町銀座商店街に付いてです。

    砂町銀座商店街は戦前に30軒位の小さな商店街であった場所で、強制疎開の後に焼け野原だった場所へお店の人が戻り始めて昭和25~30年頃から、飛躍的に店舗数が増えて昭和38年頃に現在の形となりました。

    砂町銀座の由来は昭和7年10月1日平和会記念式典で、「この通りが早く砂町銀座と呼ばれるような一大繁華街となられん事を望む云々」と祝辞を受けたことに由来、その夜には役員会を開いて砂町銀座に命名しました。

    この下町の情緒を残す商店街でもある砂町銀座は、訪れてみたい商店街3位」にランクインしている商店街で、ちなみに2位は横浜市元町で1位は巣鴨地蔵通り商店街です。

    ただし、立地条件はかなり不利で江東区にある砂町銀座商店街まで、一番近い駅の地下鉄である西大島駅から徒歩15分、私も暇な時には行きか帰りのどちらかを歩いて散策しますが、普通はバスかタクシーが無難です。

    こんな悪条件にも関わらず下町情緒が溢れる砂町銀座商店街には、いつでも多くのお客様が訪れるので生鮮食品など、この辺りの地域の台所としての役割を担っているので、住んでいる人々も頼りにしていることが伺えます。

    この商店街を歩くと鮮魚店~青果店~惣菜店などが非常に多い上に、日用品を取り扱う店も多く低価格を謳うPOPが店頭に並び、商店街内部での競争は激しく活気があります。 通りの幅は3.5mと非常に狭いのですが長さは670mもあり、その中に約180店の店が並んでいます。

    古くからあったお店は売上不振から廃業したのではなく高齢化が原因での廃業、今は50店が新しい店に変わっているようです。 坪2万円と言う家賃は高いかもしれませんが、空き店舗もすぐに埋まってしまう超人気の商店街です。

    この商店街の特徴は豊富な販促イベントで、毎月10日に行われる「ばか値市」は各店が思い切った値下げ商品で競争します。 その他にも歳末福引売り出し~砂銀七夕祭り、中元福引き大売出し~春の砂町銀座フェアなど、1年を通して地域のお客様に喜ばれる販促イベントが開催中です。

    砂町銀座商店街を歩いていると懐かしい雰囲気があり、その秘密は店頭陳列にあります。 商店街によくある陳列台は通りに大きく見える形で並べて、歩道が狭いことを逆に利用して、商品の安さやボリューム感を前面に押し出しています。 「どこかで見た風景やなぁ~?」と思っていたら、一番分かりやすい表現としては縁日の雰囲気がまさにそれです。

    また、ばか値市の時なんかは「3.5M×670M」の道に3万人も訪れるので、1平方メートル辺り約13人の密度になり、どれだけの混雑ぶりかは驚くばかりです。 知らずに行ったら人ごみが凄すぎて、女性なら流れに押されて買い物はできないかもしれません。

    地方の商店街は廃れていくのを行政のせいにしたりお客様のせいにしたり、情けないことを言うだけで自分たちは何もしない、親から受け継いだ財産を食い潰すだけ、この砂町商店街の爪の垢を煎じて飲むと良いかもしれません。

    砂町銀座も近くにイオンとアリオが進出してきて、大企業の論理で次々と仕掛けてくるので衰退の危機もありましたが、負けずに地元密着型の経営を引き続き行い顧客の支持を得ることで盛り返しています。

    「砂町銀座商店街VSイオンVSアリオ」については、イオンとアリオが楽勝だと仕掛けてきたようです。

    しかし、砂町銀座の勢いは止まらずイオンとアリオは、砂町銀座へ行く為の駐車場と化しています。 この2つが来たおかげで駐車場問題が片付き、砂町銀座へ行く為の駐車場が二つ増えたようなものです。

    私も久しぶりに行ってみたい商店街ですが、東京の予約が多すぎて全く動けません。 春のパワスポ巡り(4月5日の予定)を開催するのがやっと、今は事務所とホテルの往復で新たな神社や宿などのパワスポ発掘ができません。 o(T◇T o)

    なお、東京鑑定における現在の予約状況は「4月17~20日を受付中」ですが、休みの関係で「5月1~4日(GW)」へ予約する方が多く、今の予約状況ではもしかしてGWの予約が先に埋まるかもしれません。

    本来ならば予約を消化しないと次の予約は入れられないのですが、ここのところ常連の皆様方には予約が取り難く大変ご迷惑をお掛けしておりますので、過去にお越しになった方に限り予約の消化を待たずに次の予約も受け付けます。

    また、予約電話も非常に繋がりにくく大変ご迷惑をお掛けしておりますが、必ず予約電話は繋がりますので、お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 m(__)m

    あなたは砂町銀座商店街へ、行ってみたいと思いますか?

    (*人´-ω-)アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop