徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    第七弾。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、年末の慌しさが始まっているようで空港も電車も人が増えている感じがします。 いよいよ師走なので今年も残り僅かですから、一年の締め括りがきちんとできるように過ごせればと思います。

    なお、事務所へ到着後、ポストを見たら新年会の申し込みが届いていて、途中経過として9日の午後2時現在で応募は19名、このまま20名を割り込んだら普通なら絶対に行けない超高級店で開催します。 (゚∇^d) グッ!!

    さて、開運の宿の第六弾には現在のところ8回泊まりに行き、本館が4回で新館が4回と本館の確率50%、この中から寄付の神様と泊まりに行った回を引き、自分一人だけなら本館が2回で新館が4回と30%の確率です。

    第六弾は本館に泊まれる確率が50%を切るので、なかなか泊まれないからこそ開運は簡単ではない証拠ですが、そうは言っても余りにも本館へ泊まれないと時間&費用が無駄になるので、素敵なお客様をがっかりさせないよう第七弾のご紹介です。

    今までの宿もそうですが「古い宿や長くやっている宿には何かいる」で、昔からどこの家にも座敷わらしや守り神はいましたが、「視えるか視えないか?」と「出てきてくれるかどうか?」だけだと思います。

    緑風荘みたいに集客の手段は別として、どこの古い家にもいる座敷わらしや守り神が、そこにいる人間を「気にいって出てきてくれる」ならば、わざわざ座敷わらしがいる宿へ行かなくても会える筈です。

    何故なら、私が今まで発掘した宿で誰もが不思議な体験をしていたら、有名になり緑風荘みたいに金儲けの手段に使っている筈ですが、普通の人が泊まっても何も起きないから噂にならないのです。

    この事実から視えない霊能者にはいることが分からない、そうなると座敷わらし(守り神など)も気付かない人間の前には出てこないとなり、私が行った時は気付いてデジカメを向けるから「あれっ、こいつは視えるの?」と、向こうが気にして部屋へ遊びに来てくれるのではないか、それが今まで検証してきた結果です。

    だから素敵なお客様が泊まりに行った時、私のところへ長く来ている常連の方ほど何かが起こっているので、座敷わらし(守り神)の方も山崎と知り合いかどうかを見ている節がありますが、この辺りのことは神様相手に尋ねる訳にも行かないので不明です。

    今回のデジカメの小部屋にある第七弾は予約を入れたら誰でも泊まれますが、その代わりに部屋が多すぎて、どこの部屋に何が出るなど全く検証できていません。 この宿には40部屋以上あり、リフォームした部屋の方が居心地は良いけれど、古い部屋の方が何かでそうな感じはあります。

    この宿は皆様が泊まりに行って感想を聞かせて頂かないと、余りにも部屋が多すぎてすぐには検証できません。 この宿は利便性が良いとは言えない場所ですが、下町で閑静な住宅街の中にあるから静かに過ごすことができると思います。

    建物は古いけれど掃除も行き届いているから館内は清潔で、いつものように風呂やトイレは共同、大浴場では足を伸ばせる感じである意味で露天風呂とも言えます。

    この宿は明治時代に創業して100年以上の建物、創業時は下宿が主体だったらしく昔の趣が残っていますが、昔は旅館だけではなく下宿も兼ねていたケースが多く、戦後から旅館業だけになった宿が多いのです。

    建設現場にいた経験から建物を見ると増改築やリフォームはしているようですが、建物自体は創業当時を使用しているようで、大震災や戦争を乗り越えたラッキーな建物とも言え、東京在住の方も片道3時間もあれば行けると思います。

    この宿の中を視て歩いていると気になる部屋が何ヶ所かはありましたが、まさか入る訳にも行かず外から見るだけで、この宿へ座敷わらしか守り神かは分かりませんが何かがいることだけは確実で、その理由はデジカメの小部屋を見て頂けると分かります。

    宿が大きいことと人が多い為、玄関から順番に写すことが出来ませんでしたが、宿へ到着して部屋へ荷物を置いたらすぐにオーブが出現して、私がお風呂へ行こうとしたら先導してくれました。 だから後を付いて行くと自動的に男湯へ行けましたが、画像を見ても男湯の方へオーブが案内しているのが分かる筈です。

    そして夜10時頃に宿内の探検に出かけようとデジカメなどを準備していたら、再びオーブが出現したので後を付いて行ったのが今回の画像で、オーブが案内してくれる通りに歩いてみました。

    その為、同じオーブが何回も画像に写り、何かが出る部屋の前では大きく光を放っていたり、何かがいる部屋の前では戸や壁に近付いたりと教えてくれているので、次に泊まりに行くのが非常に楽しみで、変な言い方ですが馴染みのオーブになるのかもしれません。

    この度、急に第七弾を御紹介した訳は、新年会に参加した翌日に第六弾へ宿泊予定の方が多い為です。 第六弾は本館へ泊まれる確率が45~50%なので泊まれない時のがっかり感は半端なく、「せっかく来たのに…。」となるのが嫌な方は第七弾がお勧めです。

    第七弾は予約を入れれば間違いなく泊まれるので、私は第六弾をキャンセル(1月12日)して第七弾へ予約を入れ直しました。 それにぶっちゃけると、自分の未来を視たら12日は新館だったので、本館じゃないので素直に第七弾へ変えました。

    このブログを読んだ方々は第六弾と第七弾の二手に分かれると思いますが、その辺は気分次第とも言えるし運次第とも言えます。

    第六弾で本館へ泊まれることを信じて行くか、私と同じく間違いなく泊まれる第七弾にするか、この辺は運命の別れ道で第七弾へ予約を入れ直す人が多ければ、逆に第六弾が少なくなり本館に泊まりやすいかもしれない、この辺は運次第で決断は自分です。 (苦笑)

    あなたは第七弾へ、泊まってみたいですか?

    ヾ(●`・ω・´●)ノ頑張るぞっ!!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop