徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    出会いの怖さ。

    おはようございます。 素敵な笑顔が良いことを呼び込むのであり、何も無い時でも笑顔でいることが幸運の証、凹んでいる時こそ笑顔でいられたならば、それは極上の幸運が来る前触れと言って良いかもしれませんが、人は辛い時にこそ自分の真価が問われて運の良し悪しが変化して行きます。

    人は誰しも自分の人生を振り返った時に思い浮かべるのは、運が良いとか悪いとかを占いが好きでなくとも自然に考えます。

    そして今が不幸な時ほど「運が悪い」の方を思い浮かべ、ふと不安が心をよぎることがあります。 それは普段ならば信じないけれど、心が弱っている時には「もしや・何か」など、普段は考えないことへ向けて意識が向いたり飛んだりしてして、悪いことや不遇なことばかりを考えてしまいます。

    しかし、運が良いとか悪いとかは「今日したら明日結果が出る」と言う訳ではなく、日頃の積み重ねがモノを言うので、すぐにすぐ結果は出ないけれど積み重ねて行ったらいつの間にか結果が出ていた、そういうことが運の良し悪しに関わることなのかもしれません。

    誰しも運が悪いよりは良い方を好みますが、好き好んで運が悪くなることを望む人はいません。

    強いて言えば「みんなが不幸になるくらいなら、私が代わりに不幸になります。」と、こういうケースでは徳を積むことになるのかもしれませんが、そういうケースで幸せになった人を余り見たことがないのは不思議です。

    本来ならば他人の代わりに不幸を受け入れている筈ですから、運が良くなってもいいと昔は思っていましたが、今は「他人の修行の邪魔をした」と言うことに気が付きました。

    つまり、他人の不幸と言う部分が不幸ではなく修行だった場合、その人が苦労することで気が付く部分を横取りして楽をさせてしまった、その人が修行せずに成長させるどころか堕落させてしまった、そういうことに繋がるので他人の不幸を身代わりが必ずしも良いことには繋がりません。

    そして運と言うのは悪くする方が簡単ですが、その一番簡単な方法は「運の悪い人と付き合う・運を吸い取る人と付き合う」です。

    これは目に見えるものではないし科学的に証明できるものでもありませんが、運が良い人と付き合えば運が良くなるし、運の悪い人と付き合えば運が悪くなります。

    ここがポイントですが運とは人が運んでくるケースが多く、「Aさんのおかげで~」や「Bさんの推薦で~」など、人と人との繋がりこそ幸運が運ばれてくる元だからこそ、運の良い人との付き合いを大切にして運の悪い人とは疎遠、そういうことが自然にできなければなりません。

    しかし、疎遠と言っても喧嘩しろとか付き合いを止めろと言う訳ではなく、運の良い状態を保っていたら自然と運の悪い人は寄り付かなくなります。

    私は県北時代に嫌と言うほど犯罪者(窃盗・万引き・傷害・暴行)や、非人道的な生き方こそ自然な人たちと同級生や同僚や近所と言う立場でしたが、この時代には運が良いどころか刑務所へ入っても良いと言う考えの時代でしたから、私自身もろくでなしと言われても仕方が無い時代です。

    この県北時代の私と素敵なお客様が会っても素通りするか気にも留めないか、どちらにせよ接点が生まれることはありません。

    「人は自分に応じた人に会う(類は友を呼ぶ)」と言う言葉がありますが、自分の目の前にいる人は自分と同じ運勢レベルだからこそ、運の良い人と付き合いたければ精進して自分をレベルの高い位置に保つしかなく、運の悪い人と付き合いたくなければ下へ落ちないようにするしかありません。

    断捨離と言う言葉が流行りですが、何でもかんでも使うのには違和感を覚えます。

    何故なら、「人間関係の断捨離だ!」などはおかしな言葉で、自分が相手との関係を切ったつもりでいても、自分に応じた相手との関係を断ち切ったところで、次に出会う人も同じレベルの人でしかなく、人間関係と言うのは切った切られたではなく自然発祥的に始まりいつの間にか友人知人と言うのが運命的には正解です。

    それに人間関係の断捨離と言ったところで本当は相手よりも自分の方がレベルが下、相手を切ったつもりが相手から切られたのが正解かもしれません。

    流行の本を読んで人間関係の断捨離なんてくだらないことを真に受けるよりも、自分の行動や言動や態度を変えることで、自然と人間関係が変わることを気付けたなら人間関係の大切さも分かる筈です。

    確かに世の中には運の悪い人がいて、その人と一緒にいるとお金が無くなる~病気になる~事故に遭う~家族に不幸続きなど、色々とあるかもしれませんが付き合っている以上は同じレベルであり、それは「自分から切るよりも自然に切れる」が正解なのです。

    出会いとは怖いもので、相手の運が良いかどうかなんてすぐには分からないし、会社などでは運の良し悪しに関わらず相手と一緒に行動する、もしくは同じ場所にいるのですから、運の悪い人との出会いは少なからず影響を受けてしまうのです。

    だからこそ運の良い人が集まる場所へは顔を出す、最近は開運の新年会への参加のお問い合わせが時期的にも増えて参りましたが、「私が行くと運が悪くなる」や「私が行って邪魔をしたら悪い」など、このようなことを考えずお気軽に遠慮なく参加して下さいね。

    1年に一度の運が良い人たちが一堂に顔を合わせる機会であり、参加した人たちが和気藹々と楽しく過ごして頂ければ、2015年も更なる運気上昇が見込めると信じています。

    あなたは出会いの怖さを、気付けましたか?

    d(*^v^*)bヤッタネェ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop