徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    オーブを。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、これも素敵なお客様のおかげであり、努力と精進を忘れずに自分を厳しく律して参ります。

    今年も残り1ヵ月半ほどとなり、自分の成長を実感できたのかどうかは自分の心の内に答えがあり、私は今年も反省することが多い年で成長は全くできていないと毎年自分のダメさ加減に凹みます。

    さて、開運の宿第六弾へは現在のところ7回泊まって本館には4回泊まれましたが、10月は全て新館、11月も1回目は新館で2回目にようやく本館に割り振られて、その時に写したのが今回のデジカメの小部屋にある画像です。

    前回の新館では写真を撮りまくりましたがほとんどオーブは写らず、何枚かは写ったと言う程度でした。

    しかし、本館はそうではなくオーブを写せる確率はかなり高く、これは私がいなくても私と縁のある方や鑑定へ来たことのある素敵なお客様ならば、誰でも写せる可能性はあります。

    ただし、この第六弾は本館に泊まることが第一関門で、今のところ本館に泊まれる確率は45~50%くらいです。 見事本館に泊まることが出来たのは現時点で4名のみ、後は全て新館へ振り分けられたので、本館へ泊まったデータがなかなか集められません。

    今までなら「どの部屋なら不思議な体験が出来る」や「どこの部屋が良い」など、素敵なお客様が次々に泊まりへ行って体験してくださるし、私自身も宿泊できてあっと言う間に傾向と対策が立てられたのですが、今回はかなり苦戦しています。

    それに一人で宿泊する場合は最初に泊まった部屋か、最初に泊まった部屋の周辺に割り当てられるので、なかなか色々な部屋に泊まることができないので、この宿のことを調べるのは意外と大変です。

    それでも何とかしなければTVに出ている霊能者や占い師と同じ、あの程度のヤラセと一緒ではダメですから、何とか傾向と対策を立ててみましたが今後も修正はあります。

    鑑定へお越しになられた時に傾向と対策はお伝えしますが、それでも本館へ泊まれる確率は70~80%と言うところなので、本館へ泊まれる道は険しいです。 (苦笑)

    ただし、一人だけ例外がいて寄付の神様は本館しか泊まったことがなく、本人は新館へ泊まってみたいけれど、本館しか泊まれないのは運が良いのか悪いのか、これはこれで凄いと思います。

    そして今回のデジカメの小部屋はオーブ特集にしましたが、この第六弾へ行くなら必ずデジカメを持っていく、そして私が写しているのと同じ場所で指定する時間にデジカメを撮って頂ければ、かなりの確率でオーブや手足や顔や流れる光など何かが写ります。

    まず、最初の2枚は部屋の中に出現したオーブですが、私が部屋にいると凄く集まってくるので、これは見飽きたと思いますので2枚だけで後は宿の中の色々な場所で写しました。

    通路やロビーや階段など至る所にオーブはいますし、気に入られたら付いてくることもあり、更には部屋に集まってくることも多いので、霊能者や占い師が「オーブを写した! 私は神と交信できる!」など、馬鹿馬鹿しい自慢をしているのは素人レベルで愚の骨頂です。

    今回はオーブ特集にしたのはプロなら当たり前だからで、オーブはいくらでも写せるので自慢するほどではありません。 座敷わらしにしても「面白いやつだな?」と興味を持たれ、部屋へ遊びに来て頂けるのが当たり前、私と同じ日に本館へ泊まったら面白いのではないかと思います。 (1月12日は、果たしてどうなることやら?)

    素敵なお客様からよく質問されるのが、「山崎さんがいるから、オーブが撮れるんじゃないですか?」や、「オーブは山崎さんがいるから、来てくれるんじゃないですか?」などは、そうとも言えますが私の関係者だと何か(オーブや宿の主?)が知れば自ずと現れ、開運の為のご加護もあるのではないかと思います。

    実際に開運の宿の第一弾は泊まるのが簡単な為、何十人もの方が泊まりに行きましたが、あの宿に出現する金太郎ちゃんには私以外にも3人の方が会っていますし、出現したことに気付かなくても身体の不調や人間関係の修復をしてくれています。

    だから、宿の神様(座敷わらしや主?)が山崎の関係者だと知れば、夜中か早朝かは分かりませんが、不思議な体験ができるのは確定だと思います。

    そして今のところの検証結果として、宿の画像にある場所(廊下)が特に圧力を感じると言うか、何かがいる(出現)可能性が高いです。 その廊下の前に部屋があるので、その部屋に泊まるか、もしくは角位置の部屋に出現しやすい気もします。

    デジカメの小部屋を見ると似たような位置で撮っているのが分かる筈ですが、この画像と同じ場所でシャッターを切れば、素敵なお客様もオーブを写せる可能性は高いです。 ピントが合わない、シャッターを切ろうとしても切れない、更にはデジカメを構えると周りの戸や窓がガタガタと振動を始めました。

    その時に私の対応は、「すみません、写真を撮らせて下さい。」とお願い(挨拶?)したら、そのガタガタがピタッと止まったので、素敵なお客様も写真を撮っている時に何か起きたら、同じようにすれば収まるかもしれません。

    なお、この宿は外国人が多いので英語やフランス語が出来たら楽しめますが、オーブを撮っている時に外国の方に話しかけられましたが、素敵なお客様など日本人女性のことを聞かれたので私が答えたのは…?

    答えは「excellent Japanese model,amazing yamato nadeshiko.」と、このように紹介しますが、ここへ泊まっているヨーロッパ系は紳士淑女が多いので、勇気を出して話しかけると答えてくれることが多いです。

    まあ、男女共に風呂場で外国人に会うと自信を失くすことが…。 (←これは意外と受けるネタ…?)

    あなたはオーブを、目の前で見てみたいですか?

    ゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオォォ☆゚・:*☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop