徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    異文化交流。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰って参りましたが、今回も楽しいと言えば楽しい宿の検証となりました。 開運の宿シリーズの第六弾は駅から遠いと言う点を除けば、アクセスの利便性と言う面では一番良いかもしれません。

    最近は東京の鑑定時間は枠の増加で遅く終わることが多く、それから宿へ向かうと早くて19時50分頃~遅ければ21時前後ですが、それでも何となく宿へ向かうのは楽しいです。

    こちらの宿はある事情によりリフォームがしずらい(してはいけない)ので、部屋の畳や襖も自由に張り替える訳には行かないので、その辺が痛し痒しですが事情を優先しないと宿の経営も大変だろうし、泊まった時に味わいや趣と捉えないなら泊まるのは止めた方が良いと思います。

    ただし、テレビやエアコンや冷蔵庫やティッシュなど一通りの物は揃っているので、シティホテルの感覚でないなら悪いどころか面白いです。

    そして前回のブログでは起きた出来事について書き切れなかったことですが、宿へ到着して部屋へ入ってクーラーを点け、その時に「25度+弱」の設定にして荷物を置き浴衣に着替えました。

    そしてお風呂へ向かう時にクーラーを消して、そして部屋の鍵を閉めてからお風呂へ行って部屋へ戻るとクーラーが点いていて、設定は「20度+急速に冷やす」になっていて、操作パネルの蓋が開いていました。

    誰も部屋に入る筈はないし消して行ったのに点いていた、しかも風呂上りで熱いのを見越していたかのようでした。 しかも違い棚の地袋が開いていましたが、閉めてあったのにいつの間にか開いているなんて不思議です。

    そしてクーラーに関して寝る時のことですが、お休みタイマー+緩めの温度設定にしようと、操作ボタンに触ろうとしたら画面の数字が25⇒26⇒27⇒28と勝手に上がっていき、「やっぱり、何かいるなぁ?」と思いながら寝ました。

    それから宿は下町にあるので飲食店には不自由しないから、和食でも洋食でも色々とあるのを探すのも楽しく、夕食に関しては宿で食べるよりも外で楽しんだ方がいいかもしれませんが、朝食に関しては朝からかなり豪華で食べ切れませんでした。

    最初に泊まった時は夕食無しのプランでしたから、色々見て回っていると小料理屋さんがあったので入ると、懐かしい味のチャーハンが出てきたので何となくほのぼの、良いお店だと思っていたら外国の3人組が入ってきました。

    ご主人と女将さんは英語が話せないのでオーダーが取れずに困っていて、外国の方々も日本語が分からないので寄付の神様に、「行ってあげたら?」と言って女将さんに代わりオーダーを取りました。

    この時も帰国子女の実力を感じましたが、楽天やFR本社(ユニクロ)が「社内公用語は英語、英語が喋れないやつは馬鹿。」と言うのは勝手ですが、他人を馬鹿にしていいかどうかは人間性の問題です。

    寄付の神様が、まずは「Chinese? Korean? Muslim?」など国と宗教を聞いていましたが、国により好みも違うし宗教上で食べられないものもあるからです。 (注:余りにも流暢に早く話すから、聞き取った内容に自信はありません。)

    次に好きな食材を聞いていましたが生魚を食べられない国もあるから、魚は焼いたものか生なのかなどを聞いていました。 そして日本に着たからには豆腐に関するものを食べたいと言うので、厚揚げなど日本ならではのメニューを頼んでいました。

    マーボー茄子と厚揚げ葱味噌付を寄付の神様が英語で説明していましたが、岡山県内の英語教師で咄嗟に聞かれて答えられる教師はいません。 (聞かれることが分かっていたなら、答えられる人もいると思います。)

    なお、マーボー茄子は「Fried eggplant with Chinese chilli sauce」で、厚揚げ葱味噌付は「thick fried tofu leek miso」でしたが、よく聞き取れなかったので自信はありません。 (注:私は英語が全くできない、TOEICは0点のアホです。)

    そのおかげで3人組や女将さんと打ち解けましたが、話をして分かったのは3人組は台湾人で中国や韓国に間違えられるのがとても嫌、宗教上の問題はなく何でも食べる、日本にはSightseeing(観光)など、私も英語が分からないなりに異文化交流ができて楽しい出来事でした。

    英語の実力はTOEICではないと断言できますが、寄付の神様はTOEICを受けたこともありませんが900点以上の人より英語はペラペラ、その矛盾を分からない馬鹿な企業が社員に無意味な英語を押し付けて業績ダウン、世界から笑われていることを知った方が良いです。

    なお、東京五輪があるので外国人が今後も増えますが、「enjoy Japan!」と言って笑顔で手を振る、それだけで日本が好印象になるので余計な単語は言わない方がよく、うまく話そうと余計なことを言うと誤解を招きます。 (注:外国人にピースサインは使用禁止!)

    開運の宿から英語や異文化交流の話になりましたが、下町だけではなく宿も外国人が多く泊まるので異文化交流できるかもしれません。 外国の人々の方がわびさびを分かっているようで、私が泊まる時は平均すると6~7割が外国の方でした。

    そして三回泊まって分かったのは「土曜日は泊まらない方が良い」で、理由は鑑定の時にお話しますが土曜日は避けた方が楽しいと思います。

    なお、寄付の神様と検証していましたが、「この宿は怖すぎる、早くみんなに公開して。 もう、行かない。」と今回でギブアップ、仕方がないので今後は一人で検証するしかありません。

    寄付の神様が「怖すぎる」と言った理由は、デジカメの小部屋を見れば気付く人は気付くと思いますが、前回は□で今回は○です。 余りに色々な写真が撮れた為、かなりの画像を非公開にしましたが、何かの機会があれば素敵なお客様にお見せできればと思います。

    あなたは異文化交流、楽しめそうですか?

    (○゚∀゚)ガハッ∵∴

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop