徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    お水取り。

    おはようございます。 素敵なお客様には意気消沈は似合わない、たまには凹む時もあるかもしれないけれど楽しいことがあるから笑えるのではなく、笑っているといつの間にか笑えることが周りに溢れてくる、そういう考え方でいないといつまで経っても笑えることはやってきません。

    今日も活き活きしている素敵なお客様にお会いできることは極上の幸せで、素敵なお客様にお会いできることが私の生きがいでもあり、素敵なお客様がいることは世の中の幸せの元なのです。 私は他の占いの先生方と違って、365日年中無休でしているから当然のことながら休みがありません。

    しかし、私は疲れたと言う感覚が余り無いのですが、それは素敵なお客様にお会いできることでエネルギーが補充されると言うのも変ですが、元気の源を皆様から頂くからこそだと思います。

    私に取っての休息は人と会うことが疲れを癒す唯一の方法だと考えていますので、人と会って疲れたと思うのであれば人と会って疲れを癒すのも正解かもしれず、だらだらと休日を過ごして何もなかったというのが一番の問題かもしれません。

    人は部屋でゴロゴロとして休憩することが休める訳ではなく、何かをすると言う目標や夢があってワクワクすることが、疲れを取る第一歩ではないかと思うのです。

    鑑定していると人の一生は短いから休んでなんかいられないと言う気持ちが強く起こり、毎日あれやこれやしていないと逆にイライラしてしまいそうで、鑑定をしていて疲れるかと言えば疲れないと信じていて、予約を受けて素敵なお客様の前に居る以上はベストコンディション、そこに言い訳はなくベストで居る以上はミスも何もかも自分の責任です。

    それに「することがない」と言うのが私に取ってものすごい苦痛で、毎日休まず霊視をすることが疲れない一番の特効薬、多くの人の役に立てる人生を歩めるならば疲れるなんてありえないのです。

    ただし、倉敷事務所だとPCがあるのでブログ更新とかすることが無い、そんなこと自体がありませんが、東京の場合はPCが無いので掃除以外はすることがありません。

    だからこそ東京では事務所に篭らず色々な場所を見て回ることもストレス解消ですが、その時に場所にもよりますが「お水取り」と言って水を汲んでくることがあります。 これは昔から開運の方法とも言われていて、簡単に言うと吉方位の湧水を飲むだけです。

    しかし、今は昔と違うので自然の水を勝手に飲むのも危険なので、その水を家の中の観葉植物に与えたり、その水で濡らしたタオルなどで家の四隅を拭いたりすることで、開運の水の力を手に入れると言う方法です。

    これは正式に言うと生年月日からお水取りを行う日を割り出して、その当日に吉方位へ行って自然の湧き水~岩清水~神社の御神水を汲みます。

    そうは言っても日にちや方位を割り出しているとキリが無いので、現代のお水取りは「好きな神社や場所へ行く」が主流になっていて、イチイチ誕生日は吉日を割り出していると行く日がなくなってしまいます。

    そしてお水取りをやる場合の注意事項としては、いくら吉方位でもとんでもない遠いところや危険な場所など、やり過ぎて事故や怪我や病気になるようでは本末転倒です。

    また、お水取りの場合は「溜まり水、池の水、滝つぼの水、水道水」は、お水取りの内に入らないと言われていますが、その線引きは難しく池でも湧き水から発生している場合はOKなど形状や状態にもよるので、今のお水取りはかなり自由度を持たないと水源すらなくなります。

    その開運の方法であるお水取りは早朝に行うのが基本で、まずは決めていた場所へ早朝に行ってお水を汲みます。

    神社であろうと自然の公園であろうと場所に着いたら感謝の気持ちで水を頂きますが、今の時代はペットボトルと言う便利なモノがあるので、持ち運べるだけの量を持ち帰れば良いと思いますが、モノには限度と言うモノがあるので2リットルを5本とか、無茶苦茶はしないでくださいね。

    たまにポリタンクを10個など無茶苦茶な人を見かけますが、そんな人に幸運が来る訳もなく欲張りはお腹を壊すのが落ちです。

    それから神社にある手水場など境内の御神水を頂く時には、当たり前ですが御賽銭をある程度の金額は入れて行うべきで、タダで持ち帰ろうなんてのは開運と言う以前の問題です。

    では、このお水取りが「何故、開運にいいのか?」の説明ですが、それにはいくつかの理由があります。

    まずは運気の良い場所へ行くことで心身の浄化がされるので開運になると言われ、水は自然界の中でも重要で人の身体は70%が水分でできていると言われるので、運気の良い場所の運気の良いお水を取り入れることは、すなわち心身ともに運を良くすることになります。

    言うなれば自然界の良い気を頂くことになり、お水を頂くだけでマイナスの気が本来自分の持つ気に戻り、それ以上のプラスの気になると言うのがお水取りの基本的考えです。

    ちなみに「開運のお砂取り」と言うのもあるのですが、これはお水取りの砂バージョンになりますが、これはあまりお勧めしません。

    何故なら、水分であれば蒸発するなど消えてなくなるのですが、砂は固形物だから蒸発する訳でもないから、もしも自分と気の合わない砂の場合はむやみやたらと捨てる訳にも行きません。

    なお、最近は予約電話が繋がりにくいと思いますが電話が一気に掛かる為で、決して着信拒否ではないのでお手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 m(__)m

    また、先日取材の申し込みがあり「どうせお金が~」と言ったら、「いえ、取材はタダです。 ただ、掲載にはお金が掛かります。」とのこと、週刊○○や女性○○などに掲載されている占い師さんたちはお金持ちだと思いました。

    そのマスコミは神戸市長田区の行方不明の女子児童の居場所を、私に電話で聞くよりテレビに出ている霊能者や超能力者に聞けばいいのに、無名の占い師に聞くなんて不思議です。 それに「偉い俺様が聞いてやるんだから答えるよな!」と上から目線、これだからマスコミは横暴や嘘吐きと言われるのです。 (犯人は○○かな~、男として残念ですが…。)

    あなたはお水取りを、どう思いますか?

    (〃 ̄ω ̄)σぁゃιぃ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop