徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    マナー。

    おはようございます。 一日の始まりが気持ち良くて、更に終わりも良ければ一日が凄く素敵だと思いますが、そうなる為には日頃の行いが大きくモノを言いますが、法律には書かれていないけれど人間関係や社会の潤滑油として存在するのがマナー、決まっていないけれど守るとは心のレベルに関係があると思います。

    この「マナー」とは行儀や作法のことを指しますが、マナーの様式は多くの場合に堅苦しく感じられるけれど、その形は社会の中で人間が気持ち良く生活する為の知恵とも言えます。

    マナーとは国や民族~文化~時代~宗教などさまざまな習慣により形式が異なるもので、それは個人間でも価値観や捉え方による差異があるから、あれが正しいこれが正しいとなってしまうのです。

    ある国では美徳とされている事が他の国では不快に思われることもあり、日本では他者の目の前でげっぷをすれば不快に思われますが、中国では食後にげっぷをするのが儀礼に適っていると言われます。 (美味しいからげっぷの意)

    他にも日本では食事の際に飯椀を持ち上げて食べることが一般的ですが、諸外国では逆に皿を食卓に置いたまま箸や匙やフォークを用いるのが一般的で、食器を持って食べると「乞食のようで卑しい」と批判されたりします。

    結局のところは「他者を気遣う」と言う気持ちを所作として形式化して、分かりやすくしたモノが形式としてのマナーで、古今東西を問わずにもっとも悪いマナーとは「マナーにうるさいこと」です。

    整った形式が存在しているマナーとしての例は、やはり何と言ってもテーブルマナーですが、食事の際のマナーを「テーブルマナー」と呼びます。 食事が洋食か和食であるかによってマナーは異なりますが、中華料理や諸外国料理にも該当するテーブルマナーがあります。

    ただし、海外にて食事をする際は「郷に入っては郷に従え」との諺どおり、現地のマナーに従うことが望ましいとされています。

    洋食は欧州のヨーロピアン・スタイルと北米のアメリカン・スタイルに大別することができます。 席に着いたらナプキンを「ひざ」に掛け、席を離れる際はナプキンを椅子に置き、帰る際にはナプキンをテーブルに置いて去ります。

    食物を切る時は右手でナイフ~左手でフォークを持ちますが、これは左利きの人も同じですが、食べる時はフォークを右手に持ち替えてもOKで、フォークとナイフは外側に置かれている物から使います。

    現代の流れではナイフとフォークを左右逆に持ってもマナー違反にはならないようで、皿の上にナイフとフォークをクロス(もしくはハの字)に置くと「まだ食事中のサイン」で、並べて置くと「食べ終えたのサイン」になり、ナイフの刃は常に自分の側に向け一度使ったナイフやフォークをテーブルの上に置かないです。

    あとはいくつか並べると、音を立てて飲まない(スープやコーヒーなど)や、音を立てて食べない(食器の音、食べる音)・皿に口をつけない・器を持ち上げない(ただし、軽く手を添えてもよい)・口に物が入ったまま喋らない・飲み物は右手側・パンなどは左手側に置くなどです。

    パブリックマナー(公共のマナー)としてはレディーファーストが有名、欧米諸国の特にイギリスやフランスから伝わったマナーで、女性をエスコートする際にはさまざまな場面で尊重したり、危険から守るなどして扱うことを言います。

    携帯電話は図書館や映画館などの公共の場所においては、電源を切るかマナーモードにしておくですが、これはできていない人が50%以上はいます。 (例:倉敷から県北へ行く電車内で、通話しているのは普通のこと。)

    そしてマナーの問題点もあるのですが、マナーとは他者を気遣う気持ちの現れで、相手を不快にさせないよう個人個人が考えを巡らして行動すべきモノですが、「他者を気遣う」よりマナーをマニュアル化して、マニュアルに沿って行動しているかどうかを重要視してしまうことがあります。

    これはビジネス・マナーでそういった傾向が見られ、命令や規範がなければ行動できない、マニュアルに載っていること以外の対応力に欠ける、考えることをしないなど弊害が見られます。

    マナーのルール化も問題になっていますが、挨拶をマナーでなくルールとして強要や押しつける組織も存在して、マナーはあくまでも個人が自発的に守るものであり、罰則はない筈がルールは違反するとペナルティーが課せられることから、マナーの心は置き去りにされマナーを守らないのがルール違反となったりします。

    このマナーの良し悪しとは本人次第の部分が大きく、なかなか定義付けするのは難しいです。

    ちなみにマナーに関することで一歩間違えばセクハラ発言ですが、彼がいない女性に対して「彼がいるように見える」と言った場合、気になる男性に言われたら「遠回りの告白?」などポジティブな妄想が広がりそうですが、実は「場馴れした雰囲気=男慣れしている」と同じ意味で使われます。

    逆に好意がある時は「彼がいないなんてもったいない」と、「彼氏がいるように見える」よりも踏み込んだ発言になるので、ここで「誰か紹介してください」と言ってしまうと、目の前の男性は対象外と宣言するようなものです。

    あなたはマナーに付いて、どのような認識ですか?

    (*`σェ´*)フムフム

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop