徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    占い活用法~⑱。

    おはようございます。 今日と言う日はどんな一日になるのか、これから起こる出来事が分からないからこそ楽しめるのですが、何でもかんでも分かってしまうと面白くないことが増えてきます。

    その際たるものが男女の恋で仮に霊視占い師がデートに誘う時には二本の道が見え、それも悲しい現実を突きつけられる未来が視えたとしたら、それでも未来が視えた方が楽しいなんてありません。

    その内訳を説明するとOKを貰う時は楽しいから良いけれど、断られる場合は「嘘を吐かれる」と言う選択しか無く、こちらとしては相手の時間が空いているからこそ誘っているのに、「その日は仕事なので」と断られるのは「あなたが嫌いです」と宣言されたことになります。

    つまり、霊視できると誘った時点で相手が自分のことを好きか嫌いかが100%確定、それも目の前で嘘を吐かれるのを経験することになるから、恋する時のドキドキ感は全く無いし、目の前で好きな人に嘘を吐かれるのがリアルに分かることがどれだけ嫌か、恋をしたいなら霊視できない方が遥かにドキドキできるのです。

    さて、今日は占い活用法の⑱回目ですが、私は自分を戒める為にも「嫌なことは言わない・怖いことは言わない」と決めていますが、人間の脳は決めていても大部分は守れないから少しでも嫌なことを言わないようにする為には、最初から言わないと決め付けておかないとできないことなのです。

    しかし、占いの鑑定では「質問を代えたくなるほど耳に痛いこと」こそ、運命を変えるのに必要なことだったりするので、その耳の痛いことを聞いて自分を変えたり修正したりが踏ん張りどころでもあります。

    例えば、恋愛の相談で彼の本質や彼の未来を聞いた時に、「この彼は刑務所帰りのシャブ中で無職の借金男、あなたと付き合って既成事実を作ったところで、奥さんと共謀してあなたから慰謝料を取ろうと画策しています。」と、こんな感じで本当のことを言ったら席を立って帰りたくなるはずです。

    こういう時は「違うことを聞いてもいいですか?」と質問を変えるのではなく、そこから「別れ方を聞く」と言う風に信じたくないことや耳の痛いことへと、深く掘り下げていけるかどうかなのです。

    占いと井戸掘りは似ている部分があって深く掘ると水源(核心)に当たる、そこは大切な部分だけれど大切な部分だからこそいろいろなモノが噴出してくるのです。

    ただし、これに関しては相談者だけに責任があるのではなく、占い師側にも責任があり信用されていないのに痛いことを言えば怒らせるだけ、お互いに信頼関係がないから余計に問題になり受け入れられないだけなのです。

    この信頼関係と言うのは占いにおいて大きな要素があるのですが、全ての占い師さんとは言いませんが少なくとも独立できている占い師さんに限定すると、ほぼ間違いなく来店時に「相手が自分を疑っているかどうか?」は分かります。

    占いにおける信頼感とは「信じている・心を開く」と言うことですが、私も事務所へお越しになられてお出迎えの時には、良いか悪いかが分かってしまうので30分後にどうなっているか、それを分かった上で鑑定するのはなかなか難しいことがあります。

    以前に書いた某有名占い師さんが嫌がらせに来た時は、「信頼度0%・心開き度0%」と言う状態だったので、最初から喧嘩を売りにきたことがありあり、ドアを開けた瞬間に「まいったなぁ」と言う感じでした。

    注:東京事務所では入れ替え制なので部屋の前でお待ち頂いている為、必然的に前後の方と顔を合わせることになります。 そこで占い師さんや芸能人と会えるのは運が良いのか悪いのか、それは人の感じ方によるので分かりません。 (苦笑)

    疑いがある方の鑑定と言うのは疑いを取り払うことに全神経を注ぐことになるので、アドバイスよりも疑われないことが主軸になります。 そうなるとマッサージに行っても身体を硬くして揉ませないようにしているのと同じで、マッサージをさせないようにしているとお金を払って損をしている状態になります。

    これに関しては占い師さんではどうしようもないのですが、ガチガチにガードして絶対に見せないようにしておいて、ananなどに登場する有名占い師さんみたいに「当てれないのか! 分からないのか!」と、他所の占い師さんのところへ行き罵倒するのはどうかと思います。

    そうならないようにする為にも、信じていない占い師さんへ行かないことです。

    「怪しい・嘘くさい」や「インチキじゃないの?」などと思ったら、それは心が閉じている状態だから、それを開かせて鑑定できる状態にするには30分ではできないことが多いのです。

    だから、信じていないのに行かないこと、信用していないのに鑑定を受けないこと、友人が行くから仕方無しに行くなども止めること、信頼関係のない鑑定は時間とお金の無駄に終わるだけかもしれません。

    同じ占いへ行くなら信頼関係が築けているようなところの方が、後々で役に立つと言うか~自分の為になることが多いのです。

    あなたは占い活用法~⑱が、お役に立ちましたか?

    m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop