徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    カフェ。

    おはようございます。 毎日毎日仕事だけだと息が詰まることもあると思いますが、そんな時には少しブレイクタイムと言うことで、お茶する時間が息抜きになるお店があれば英気も養えるかもしれません。

    人は気分により精神も身体も変わることがあるので、気分転換に行きつけのお店があるのも悪くはありません。 日本にはお茶屋さんと言って今で言うカフェみたいなお店が昔からありましたが、今はコーヒーや紅茶を飲むのが主流と言えば主流になっています。

    このカフェとは本来コーヒーの意味で、そこから転じてコーヒーなどを飲ませる飲食店を意味するようになりました。

    ヨーロッパの都市などでよく見られますが、特にパリやウィーンなどで新聞や雑誌が読めて、時の話題について談笑して情報交換のできる場所、そんな感じで親しまれていたのがカフェの始まりでした。

    ちなみにフランス語表記では「café(パリ周辺ではキャフェ)」で、イタリア語表記では「caffè(カッフェー)」で、英語表記では「café(キャフェイ)」となります。

    そのパリの典型的なカフェは映画などでもお馴染み、街路に面して歩道にせり出しテーブルや椅子が置かれています。 店内にはカウンターやテーブル席もあり、一般的にカウンター席か立って飲むのが最も安く、次に店内テーブル席となりテラス席が一番高い1物3価方式です。

    店のある場所やメニューによっても違いがあるようですが、テラス席はカウンター席のおよそ2-3倍くらいと考えてよく、給仕は原則として男性でギャルソンと言います。

    カフェを頼むとエスプレッソが出てくる為、日本で言う普通のコーヒーを注文する場合は「カフェ・アロンジェ(Café allongé⇒直訳すると薄めたコーヒー)」と言い、そしてほとんどのお店には「ビール・ワイン・サンドイッチ」などおいてあります。

    基本的にパリのカフェには有名店以外クーラーがなく、盛夏時は比熱の関係で涼しい店内テーブル席やカウンター席に座る人が多く、もちろん冬は店内席の方が暖かいのですが有名店などでは冬でもテラス席に座りたい人の為、テラス用屋外ヒーターを設置している店もあり、ここで注意点ですがトイレは地下にあるのが普通です。

    このカフェの小史ですが、イスラム圏にはヨーロッパより古くからコーヒーを飲ませる店があり、史上初めてのカフェが登場したのはコンスタンティノープルです。

    ロンドンでは17世紀後半からコーヒー・ハウスが流行して、こちらの方がパリのカフェよりも歴史は古いけれど後にパブに取って代わられました。 現存するフランス最古のカフェがパリのカフェ・プロコップで1686年の創業、18世紀に入る頃に300軒ほどのカフェができました。

    更にフランス革命前には700軒ほどになった為、ルソーやディドロと言う思想家や革命家や政治家もカフェに集まり、議論を行ったり密議をこらすような場面も見られました。 カフェはフランス人の生活に根付き、ヴェルレーヌ、ランボー、マラルメ、ピカソなどの文化人や芸術家が出入りしたドゥ・マゴ・パリも有名です。

    ウィーンには17世紀末に初めてカフェが開業したと言われ、18~19世紀に店舗の数も増えていき、かつて文学者や芸術家が通った名物カフェが観光名所になっています。

    ヴェネツィアのサンマルコ広場にあるカッフェ・フローリアンは、Caffè Latteカフェラッテの発祥店でもあり、1720年12月29日サン・マルコ広場に創業して現在も同じ場所で営業しています。

    当初はアッラ・ヴェネツィア・トリオンファンテと名付けられましたが、現在では創業者であるフロリアーノ・フランチェスコーニの名を取りフローリアンと呼ばれ、向かい側の回廊には1638年創業のカッフェ・クアードリがあります。

    次にイタリアのバール(bar)は主にイタリアやスペインなどの南欧にある、軽食喫茶店の事を差し食事にも重点をおいたリストランテ・バールから、コーヒー中心のカフェ・バールや、アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがあります。

    カウンターで立ち飲みするスタイルが多く、バリスタがエスプレッソやカプチーノなどを作って提供、朝食をとったり仕事帰りに気軽に立ち寄って一杯飲んでいきます。

    軽食(パニーノ)や夏場ならジェラートなどが用意されている店も多く、公衆電話やトイレを備えているので休憩所にも利用され、バスの乗車券や煙草やトト・カルチョなどのくじを売るタバッキや、他の商店を兼ねている多様型店も多いです。

    語源はバー(bar)に由来しますがバーのように酒類を飲むのが主ではなく、コーヒー類を飲んだり情報交換場所として使用され夜は酒類も注文可能、古くは男性のみが集まる場所でしたが、女性の社会進出に伴い女性単独での利用も当たり前となり、テーブル席には別メニューの高い料金を取るのでカウンターに比べ利用されないことが多いです。

    最後に日本のカフェですが、日本では明治時代の終わりにパリのサロンを範とした「カフェー・プランタン」が開店、本場のカフェでは男性が給仕をしますがプランタンでは女給を置きました。

    これが評判になり今のカフェーの原型となりましたが、現在では喫茶店など飲食のできる「カフェバー、インターネットカフェ、オープンカフェ」など、業種の総称として使われています。

    2000年代よりカフェブームが起こり、ソファ・暖色系等のインテリア・白熱灯による薄暗い照明や、近代建築や町家や倉庫などを活用して建物の雰囲気を生かしたインテリアにするなど、そのカフェ独自のこだわりがいくらかでも感じられる店のことを指す場合が増えました。

    この現象はアメリカの「ラウンジ」文化の影響もあったと考えられ、海外旅行で見てきたことを生かしての店作りをするので、必然的に日本文化との融合をきちんとできるお店が流行るし、見てくれだけで中身がないと潰れて行きます。

    あなたはカフェ、利用していますか?

    (●´σД`●)ゞ エヘヘ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop