徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    杉原千畝。

    おはようございます。 今日は長くなりそうなので前ふり無しで始めますが、東洋のシンドラーと呼ばれた外交官を紹介したいと思いますが、今の私利私欲に塗れて自分のことしか考えない霞ヶ関の官僚と全く違い、自分はどうなってもいいと多くの人の命を救った日本人がいたのです。

    それは「杉原千畝(すぎはらちうね)」で、第二次世界大戦中に日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナスと言う都市で、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給して、彼らの亡命を手助けしたことで知られている偉大なる人物です。 (以後敬称略)

    杉原千畝がリトアニアの在カウナス日本領事館領事代理に任命されたのは昭和14年で、多くのユダヤ人を救い「東洋のシンドラー」と呼ばれることになった場所です。

    ちなみに「東洋のシンドラー」の「シンドラー」とは何のことか、これも人の名前で「オスカー・シンドラー」と言うドイツ人の実業家で、第二次世界大戦末期に多くのユダヤ人の命を救ったことで知られる人物です。

    シンドラーはドイツ占領下のポーランドで自らが経営していた軍需工場に、労働者としてユダヤ人を雇い入れて身柄を保護することで1200人のユダヤ人の命を救い、シンドラーがユダヤ人労働者の保護を申請する為に作成したリストこそ、映画の題名にもなった「シンドラーのリスト」と呼ばれているます。

    この映画は大きな反響を呼びシンドラーのことを更に多くの人の知るところとなり、このシンドラーの行いに重ね合わせて杉原千畝は、「東洋のシンドラー」と呼ばれるようになったのです。

    杉原が在カウナス日本領事館領事代理となった頃、ユダヤ人に対するナチス・ドイツの迫害が激しくなり、この状況下ではドイツ占領下のポーランドなどナチス・ドイツの影響の強い地域から、逃れてきたユダヤ人をどうするかが国際的な問題となりました。

    日本も例外ではなく松岡外務大臣が在サンフランシスコ総領事にあて、昭和15年7月26日に出した電報によると、ヨーロッパから日本経由でアメリカに渡るユダヤ人難民が、この月の13日横浜発の鎌倉丸に13名、22日発の氷川丸に77名、引き続き多数に上るであろうと述べられています。

    このように日本にも多くのユダヤ人が逃れて来ていましたが、その多くは日本を通過して他国に避難していきましたが、日本ではユダヤ人に限らず全ての外国人について、避難先の国の入国許可を得ていない者には通過ビザを発給しないと決めていました。

    しかし、それだけでは対処しきれない問題が出ていたことが、内務省警保局長から外務省に宛てた文書から分かりますが、ヨーロッパからの避難民の中には避難先の国で入国許可を取ることができると偽り、日本の通過ビザを得て来日しても実際には行き先がなく、それを理由に日本にとどまろうとする者がいるとあります。

    また、日本までの乗船券しか持っておらず避難先の国に行く費用もなく、取り締まりに困っているとも述べられていますが、添えられている表を見るとユダヤ人が含まれていて、通過査証月日及官庁の欄に「同年七月十六日 在カウナス帝国領事代理 杉原千畝」とあり、杉原がビザを発給したことが分かります。

    昭和15年7月16日には杉原によりユダヤ人へのビザ発給は既に行われていましたが、これは決して順調ではなく7月28日に杉原より外務省に宛てて出された電報で、その末尾には日本通過ビザの発給を求めて、連日100名ほどのユダヤ人が領事館に詰め掛けているとあります。

    実はビザ発給を求めて領事館にやって来るユダヤ人の大半は、規則に従えばビザの発給が認められない人々で、その規則とは昭和13年10月7日に外務大臣から在外公館に宛てて発せられたモノで、日本通過ビザの発給が認められるユダヤ人の資格は、「避難先の国の入国許可を得ている」や「避難先の国までの旅費を持っている」などでした。

    日本としては規則に従い資格を持たないユダヤ人への、ビザ発給の許可を出すことは最後までありません。 それでも杉原は独自の判断で発給を続け、その発給された日本通過ビザにより日本に渡ったユダヤ人の多くは、非難先の入国許可を得ていないので、結果として日本で足止めとならざるを得ない人々でした。

    しかし、命の危険が迫るヨーロッパから脱出させることができ、それは彼らの命を救ったことにほかならず、ソ連への併合にともない杉原のいたリトアニアでは各国の在外公館が相次いで閉鎖、日本領事館も閉鎖することを求められ杉原も退去命令が出ましたが、最後まで杉原はビザの発給を続けました。

    この行動は日本の外交官としては「訓令違反」で国に帰れば銃殺かもしれない、それを承知でビザを発給することを人々に告げ、杉原は外交官としての職務よりも人としての道を選択しました。

    目前で死の恐怖に曝されている人間の命を救う以上に尊いことはない、六千人のユダヤ人の命を救った杉原は昭和二十二年の終戦間もない日本に帰国、ところが外務省の態度は思いの外に厳しいもので、何と詳しい理由も告げられないまま解雇、外務省は現在でも首切りの理由を説明していません。

    要するに杉原の勇気ある行動が「自分だけ良いかっこしやがって」と許せない、そんな男の嫉妬が外務省に渦巻いていたと考える方が自然です。 その杉原は外務省を首になった後は様々な職を転々として長い失意の時を過ごした後、語学力を生かし企業の海外駐在員として働きました。

    しかし、救われた人々は恩人「Tiune Sugihara(チウネスギハラ)」を忘れず、昭和60年にイスラエルは「諸国民の中の正義の人賞」を杉原に贈ることを決定、イスラエルは杉原の勇気を最大限に讃えエレサレムの丘に顕影碑まで建立、この時に杉原は八十五歳となっていました。

    こうして杉原は日本の外交官から世界の「人道の人、チウネスギハラ」となりましたが、日本の外務省はますます男の嫉妬の炎を燃やして杉原の存在を公的に無視、とうとう名誉回復がなされぬまま杉原は鎌倉の自宅で波乱に満ちた生涯を閉じましたが、これが「日本のシンドラー」と言われる杉原千畝の物語です。

    そして2000年10月10日に「杉原千畝を讃える顕影プレートの除幕式」が、都内外交資料館で行われたので外務省も渋々ながら功績を認めたようで、その時の外務大臣が故杉原氏と遺族に対し「外務省とご家族との間にご無礼があった」と語り、初めて外務省の非礼を認め正式に謝罪をしました。

    ただし、外務省の姑息なところは白川英樹氏のノーベル賞受賞に合わせて発表、それにより素晴らしい出来事がノーベル賞の陰に隠れて全く記事にされず、ほとんど注目されなかったのは残念で、外務省(官僚たち)はここまで卑怯者揃いとは呆れました。

    あなたは杉原千畝を、ご存知でしたか?

    オォォ♪((*゚゚∀゚゚*))

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop