徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    だめんず。

    おはようございます。 昨日のW杯は日本が負けましたが、外国のブログを読むと汚い日本人が負けたなどとあり、日本のマスコミと芸能人のせいで日本はアウェー状態、日本代表や西村主審に謝って欲しいくらいですが、この流れなら第二戦で終了です。

    さて、素敵なお客様には幸せな人生を送っていただきたい、その為にも恋する気持ちは失って欲しくないし、何歳であろうとも既婚であろうとも、人を好きになってときめく心は失って欲しくありません。 (注:浮気や不倫を勧めているわけではありません。)

    しかし、恋するのは良いけれどダメダメな男を好きになるのは問題ありで、だめんず製造機と化すのはオススメできません。

    この「だめんず」とは「駄目(ダメ)+メンズ」の造語で、恋人や結婚相手としてダメな男を意味します。 だめんずの発祥は漫画のタイトル「だめんず・うぉ~か~(倉田真由美)」からきたようで、具体的には「金がない男・浮気症・DV(暴力)」などがあります。

    漫画は2000年から週刊誌SPAにて連載、2002年に飯島愛や原千晶などのキャスティングでドラマ化、更には2006年にも藤原紀香主演で再びドラマ化、それが話題となり広くだめんずが普及したと言われます。

    そして「だめんず・うぉ〜か〜」の内容は、ダメな男(だめんず)ばかりを渡り歩いて行く(好きになってしまう)様な、男を見る目のない女&男の趣味が悪い女のダメ男体験談を紹介するノンフィクション漫画です。

    ネタは一般から募集されていて取り上げられるダメな男の一例としては、貧乏~虚言癖~DV~マルチ商法の勧誘~浪費癖~浮気常習など、問題が無いところを探すのが難しい男たちの実話集です。

    男性を徹底的にこき下ろす作風で本作によりSPAの女性読者数が大幅に増加、そして一方的に「だめんず」のみを非難せず、彼らを選ぶ女性側にも問題があるとのスタンスで描かれている漫画です。

    漫画のタイトルは角川書店から発行されていた雑誌の、「Men's Walker」をもじって付けられました。 そこに西原理恵子が連載をしていたことから、倉田から西原に対する遠回しな皮肉や牽制が込められているとの噂もあります。

    このだめんずも生まれながらではありませんが、仕事をしない~約束が守れない~女性を大事にできないなど、だめんずの定義は多すぎて絞り込めません。 そして男をダメにしている裏は女性なのかも知れない、そこで今日はだめんず製造機にならない、次こそ良い男に成長させるようにしてくださいね。

    それでは解説ですが「プライドを傷つける女」は危険で、男友達が多い~すぐに否定~相手を見下すなど、男性の自信をなくすタイプはだめんずを製造してしまいます。

    男はプライドの高い生き物なので行動に逐一文句を言い、「どうせ俺は」と思わせてだめにしてしまうので、文句ばかり言って男性のプライドを傷つけるのは中止です。 彼に文句を言いたい気持ちが芽生えてこないよう、互いの役割を決める&彼に頼ってみるなど男がリードできる分野を決めておくことです。

    次に「刺激を求めない女」は危険で、いくら優柔不断な男でも最初のデートから数回くらいまでは決断力があり、あれこれと段取りよくデートの進行をしてくれます。 それが会う回数を重ねるうちに緊張感がなくなり、男の優柔不断さが露呈してくるケースが多いです。

    慣れ合いこそが彼を優柔不断にするきっかけになりがち、マイペースな女性と一緒にいると男まで気が緩んで、時に過去のデートの失敗を女性に責められたりすると、自分で判断するのを恐れる男になります。

    それが一緒にダラダラして優柔不断な男にしてしまうのが刺激を求めない女で、彼が優柔不断になってきたら、いつもと違ったデートなど刺激を出して、男が率先して何かをやろうとする環境作りが大切です。

    そして「ステータスばかり気にする女」も危険で、男は目の前の女性の気を引く嘘は平気で、女性が必要以上に肩書や年収や職業や学歴などを気にする場合、嘘吐きにしてしまっている時があります。

    更に「予定の変更が多い女」は危険で、自分勝手な女性は男を自分勝手にします。 約束を頻繁に変えるなど、やむを得ない場合でもないのに、何度も約束の日時を変更していると相手もやり返すようになり、約束を反故にされて傷ついたプライドを取り返す行動です。

    最後は誰もが想像するように「尽くし過ぎる女」がもっとも危険で、なんでもやってあげようと思う女性、尽くし癖がある女性、それは男をヒモにしてしまう可能性が大です。

    特に何か夢に向かって頑張っている男には惹かれがちで、「私が助けてあげなければ」と思う女性はアウトです。 男はヒモになれると「俺は養ってもらう価値のある人間」と思う生き物で、なんでもかんでも尽くしすぎて彼のお母さんになるのではなく、自分一人で生活できる程度に支えるべきなのです。

    恋と言うのは字を分解すると心が下にありますから、恋と言うのは下心があって当然です。 それを「下心があるから男って…。」と言うなかれ、下心があるなしとだめんずかどうかは別問題です。

    恋と愛は違うように恋愛と結婚は似て異なるモノ、一時の感情で瞬間を楽しんでしまうと快楽の後には地獄が待つ、それがほとんどのだめんずのパターンです。

    誠実な肉食系の男と不誠実な草食系の男、この選択肢の時に50%以上の女性が不誠実な草食系の男を選ぶのは不思議です。

    身体を求めてくる肉食系でも誠実であれば結婚になることが多いのに、身体をなかなか求めてこない草食系は誠実と言う固定概念は間違いで、不誠実な草食系はお金と身体の両方をぼろぼろにして、いつの間にか連絡が途絶えて消えてしまうことが多いです。

    ただし、不誠実な肉食系の男にいくと目も当てられないので、そんな気の毒な状態にならないようにお願い申し上げます。

    あなたはだめんずを、製造していませんか?

    ゑゑゑ….φ(´ι _` ; )

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop