徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    フレネミー。

    おはようございます。 6日のブログでのおみくじの補足ですが、私は東京でしかおみくじを引かないので月に3~4回ほどしか引けません。 ほぼ100%が大吉でも現時点で、約40名ほど希望があるので「40÷4=10」です。 つまり、40番目なら10ヶ月以上先になるので、その点はご了承下さいね。 m(__)m

    さて、人は生きている限りは人間関係で悩むことが一度や二度はあるのですが、その時に注意しなければならないのが精神科の医師や医療関係者なら御存知の、「フレネミー」と言う厄介な人格(状態や現象)です。

    これは「friend」(友)+enemy(敵)」の造語(混成語)で、良く言えば「ライバル+友」であり、悪く言えば「友を装う敵」です。 もともとは学校など10代でよく見られていましたが、最近ではそうでもなく職場におけるフレネミーも珍しくありません。

    仕事環境の上下関係があやふやになるにつれて、仕事上の付き合いと個人的な生活が曖昧になり、密接に絡み合うケースが多く見られるようになってきたことが要因の一つです。

    同僚との付き合いは過去にもありましたが、失われた10年の時などは仕事が忙しいので職場以外で友情を培う時間がなく、その気も失せていく傾向があったことにより表面化はしていませんでした。

    ちなみに精神科医によると、フレネミーは「友人にも、敵にも、いじめっ子にも、成り得る前兆(precursor)」だと、言われています。

    しかし、今日のブログで取り上げるのは、職場ではなくプライベートでの恋愛、フレネミーの恐ろしさを感じていただき、それをうまく避けることができるようにと願いながら書いてみます。 (今日は女性編ですが、男性にもフレネミーはいます。)

    ケース1:ステキな彼がいる子への「嫉妬フレネミー」ですが、自分の恋人よりいい男だったらフレネミーが発動、ターゲットに色目を使って誘惑して落ちた瞬間にゲームセット、それを人にアピールしなければ気がすみません。

    例として「あの人が私にアタックしてきた、悪いけど彼はよくないね。」と、二人を別れさせるところまでが一連の流れ、ターゲットが怒ると謝るけれど陰で「私は悪くないのに謝らされた」と泣きます。

    しかし、その彼と行った場所の写真や記念写真を見せたり、自分がモテるアピールとターゲットのダメージと言う一石二鳥です。

    ケース2:苦しむのをみたい「サディストフレネミー」ですが、これは「私より幸せで目立ってムカつくから許せない、私より下でいなさい!」です。

    陰で悪口や噂を広めてターゲットの耳にわざと入るようにしたり仲間外れにしたり、更には内緒で飲み会などの楽しい計画を進めておきながら、ターゲットには「あぁ、連絡行ってたと思ってた、ごめん、また、今度誘うからね。」と明るく謝るけれど、決して仲間に誘うことはありません。

    幼稚園や学校などの行事が終わった後も延々と楽しかった話をしたり、集合写真をSNSにアップしたり、時には「ごめんね。○○ちゃんが、あなたを誘うのやめようっていうから。」など、人のせいにして突き落すタイプでターゲットが意気消沈して苦しむのを見て笑うフレネミーです。

    ケース3:人を利用しないと損の「向上心フレネミー」ですが、社販で洋服が買えるアパレルの知人など、自分の得になる人ばかり周りに揃えて交流をはかる、利用するだけの存在なので心から仲良くなろうとは思っておらず適当につながっています。

    合コンに誘ってくれる人も大好物で取り入り気に入られようとしますが、裏では「こないだの合コンはいい男がいなかった」などと文句を言います。

    ケース4:プライドの塊「女王様フレネミー」ですが、最初はいい人で愛想がよく話を聞いてくれたりしますが、ひとしきり情報をゲットしたなら他人に「彼女、友達がいないから、仲良くしてあげて。」など上から目線で吹き込み、それと同時に「心配しているいい人」の心象操作も行います。

    「私たち、親友だね」と言うけれど自分の情報は出さない、これは友達と思っていないからですが、「みんなの話を聞いてるだけでいいよ」と謙虚さのアピールも兼ね、「私、嫌われてるみたい」など落ち込んでみせたり、深く知らない人から「いい人だね」と評価してもらえることが多いです。

    いくつか御紹介しましたが、このようにフレネミーは多種多様で細かく分かれていますが、共通点は「こちらの話を聞きたがっても、自分のことは語らない」で、話を誘導するのがうまいので気づけば私ばかりしゃべっていたなどがあります。

    フレネミーは原則として、自分の虚栄心を満たしてあなたがいるポジションから引きずりおろし、その位置に収まるのが目的で「ライバル」に似ていますが大きな違いは「悪意がある」です。

    フレネミーは交流関係をたどり、よりよい男子や友人を探したりするのでフレネミーが通ったあとは焼け野原で、その時はあなたにしわ寄せが来るので要注意、逆に考えれば人をコントロールするのがうまいのが特徴です。

    友達や異性や上司もうまく操作して、「よく考えたらあの子のこと、あんまり知らない?」と、仲良くしているのに違和感があります。 自分の変な噂が立てられている時などフレネミーの仕業です。

    「あなたの話も聞きたい」と言って、「私の話なんていいよ」とはぐらかされたら注意、友人に話を聞かれるのは嬉しいのに拒絶するのは変です。 正体がばれないような逆切れ作戦もあり、「あんた、自分の話しかしない勝手な女なのに!」などとキレられてごまかされます。

    これは自分もフレネミーに知らず知らずなるかもしれないので、人のふり見て我がふり直せです。 私も人のことは言えないのですが、このフレネミ-は一見すると親切に見えますが、メールや会話に上から目線の発言が時々入ります。

    「私が防いでいるから・私が抑えているから・私が言えば大丈夫だから」など、これらのフレーズが出る人はフレネミー予備軍で、その可能性があることを頭に入れて付き合うことです。

    あなたはフレネミーに、なっていませんか?

    ねぇヾ(・ω・`。)≡(。´・ω・)ノ" ねぇ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop