徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    宿の予約。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、ポストを見ると手紙が満杯で取りあえず封を開けて目を通しておりますが、この数だと皆様へ塩が届くのは少しばかり先になるのでしばらくお待ち下さいね。 それからキリ番の「777777」を当てた方には、何かプレゼントします。 m(__)m

    さて、私は出張などでホテルへ宿泊することが多く、予約をする為にトラベルサイトを利用しています。 ホテルへ直接予約するよりサイト経由の方が安いことが多く、更にポイントまで付くのですから直接予約するのは馬鹿馬鹿しいです。

    このトラベルサイトも色々あるのでどこを利用するのがいいかは人により違いますが、私は2014年2月までは楽天トラベルを利用して今はじゃらんを利用です。

    一般的には「じゃらん=女性が多い・楽天=男性が多い」で、私も楽天でしたが正直に言うと楽天よりもじゃらんの方が、グレードアップがあったり~上層階を用意してくれたり~応対が良いなど、楽天はどうもホテルに負担を掛けていると推測されます。

    そしてサイトに付き物のクチコミですが、私はクチコミを全く信用していません。 カンを頼りに決めていますが、そのカンに間違いはなく「ダメだ」と思った所はダメで、「良い」と思ったところ当たりです。

    そう言えば以前の定宿のホテルは朝食に、ナイロン袋の切れ端・ホッチキスの針・クリップなど異物混入が毎朝で、霊視を試そうと支配人やSTAFFが冗談のつもりでやったにせよ、一歩間違えれば事故の元でやりすぎ、お世話になったけれど今は泊まる気になれません。

    話は戻りますが、楽天は悪いクチコミを削除できるけれど、じゃらんは経営者が気の毒なくらい利用者を優遇、じゃらんのクチコミも逆の意味で当てになりません。

    じゃらんは重箱の隅を突く悪口が多く、EVの来る速度が遅い、テーブルの醤油や胡椒に賞味期限が無い、お風呂が透明だから温泉じゃない、経営者がクレームを付けても本部は、「お客の意見は全て正しい」となることが多いそうです。

    また、トラベルサイトの利用者には非常識な人も多く、「じゃらんに良いクチコミを書くから安くしろ」と脅迫する家族や夫婦(恋人)も多く、丁重にお断りしたら無茶苦茶な悪口を書き込まれた旅館は星の数ほどあります。

    そして当然ですがホテル側も従業員がサクラとして良いクチコミを書くなど当たり前、だからじゃらんに限らずサイトのクチコミを信用してはいけません。

    沖縄県のホテルがよくやる手法ですが他の施設からクチコミを書かせることを推奨、やり方はAホテルがBホテル⇒BホテルがCホテル⇒CホテルがAホテル、こうやってお互いがお互いの良いクチコミを書きあう互助会です。

    やらせの仕組みは「ホテルを予約するけれど泊まらない」で、次に「泊まらないけれど泊まったことにする」として、これは楽天もじゃらんも泊まった実績が無いとクチコミへ書き込めないからです。

    宿泊日前にサクラ予約であることを相手に連絡、例を出すとAホテルがBホテルに「明日、例のやつ、よろしく。」など話を通しておきます。 これはサイト利用後の手数料は支払う必要があるからで、NO SHOW扱いにすると宿泊実績が無くなるのを防ぐ為です。

    この手数料は大した額ではないから宣伝広告費と考えれば安いもので、後はコンピューター上の処理が住むと、良いクチコミと満点の評価をして書き込みます。

    この方法を使えば運営ノウハウゼロでコンプライアンスも気にせず、やりたい放題で常に評価は上位と言う、良いクチコミだらけのホテルの完成です。 (一応、ここまで作り話です。)

    クチコミが参考になるのは一つだけ、書き込んであるクチコミへ「ホテルがどれだけ真摯に返信しているか?」で、返信していないからホテル側が読んでいないとは限りませんが、真面目に返信している方がお客様を大切にしているホテルと言えます。

    ただし、楽天だけがやらせ&沖縄県だけがずるくて汚い不正を働いている、そんなわけではなくどのサイトもホテルも、それなりに色々な手口をやっていると思われ、食品偽装問題と同じで一つが見つかれば芋づる式です。

    いまやクチコミ操作は当たり前、色々な旅行サイトに取ってクライアントはあくまでも「旅館・ホテル」で、「旅館・ホテル」からの広告料や手数料で収入を得ている為、「旅館・ホテル側」に不利な投稿は削除されても仕方がありません。

    各旅行サイトも旅館もホテルもボランティアで運営しているわけではなく、不利益を生じさせる恐れに対して防衛策を講じます。 実際には苦情のクチコミも掲載されていたりしますが、過去のもので評価の低いクチコミが見当たらないのは防衛策の一つです。

    ネットでの旅館やホテルの予約が主流の今は、多くの人がクチコミを参考にする時代だからこそ、ある程度の情報操作は金銭が絡む以上は発生します。 これは旅館やホテルに限らず、どんな商品やクチコミにも言えることです。

    例えば、飲食店でもネットやマスコミのヤラセは当たり前、並木通りのフレンチAはヤラセと裏操作で星を獲得して味オンチの騙される人々に大評判、ところが本物の分かる人は近所のロオジエに行くので、フレンチAと比べられる本物のロオジエはいい迷惑です。

    こういうことを念頭にクチコミを読まないと、ねずみ講やマルチ商法に引っかかる人たちと同じ、儲けたら黙っているのに損したら国に責任と言い出す欲ボケした人々と同じです。

    それから最近はスマイルホテル東京日本橋が検索されて、HPやブログに辿り着いている人が多いので人気があるのかどうか不思議です。

    最後に、お手紙などで非常に多いコメントが5月1日のブログに付いてで、「どうして、あのようなブログを書いたのか?」に付いて、6月14日のブログで少しだけ触りを書きたいと思いますが、全てを書くのも馬鹿馬鹿しい内容なのでご容赦下さいね。 m(__)m

    あなたは宿の予約、クチコミを参考にしますか?

    (・´艸`・)・;゙.、ブッ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop