徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    第五弾。

    おはようございます。 昨日も無事に東京より帰ってきましたが、これも素敵なお客様のご支援とご愛顧があるおかげで、今後も努力と精進を忘れないように自分を戒めて行きたいと思います。

    さて、今回の東京出張では明治神宮にてパワスポ巡りを開催しましたが、岡山からの参加が割と多かったので、開運成就への道は行動する人に道は開かれると思いました。 その時の画像はデジカメの小部屋の最後にありますので、素敵な天女の方々の輝きを御覧頂ければと思います。

    そして今度は倉敷事務所でのイベントですが「5月4日(日)の朝9時より」で、昨年も開催した「開運の品を無料プレゼント」を開催します。 お守りではなく~神社関連でもなく~どこにでも売っているわけでもない、それを念頭に昨年の金箔ラスクが第一候補ですが、開運成就のきっかけになることを信じています。

    過去に鑑定へ来たことがある方々が対象のイベントで、受け取る時に写真OKが条件でHPに掲載します。 昨年はお昼12時よりしましたが日差しがキツイので、今回は朝の涼しい時にお渡しできるように改善しました。

    なお、今回は「先着20名様へプレゼント」ですが、昨年は先着10名様(2日目)でも余ったので、ほぼ大丈夫だと思いますので余りにも早く来るのはご遠慮くださいね。

    さて、前フリが長くなりましたが今回は開運できる不思議な宿の第五弾ですが、ここはデジカメの小部屋を見て頂けると分かりやすいのですが、宿へ泊まることと宿への途中にあるパワースポットの二段構えです。

    まずは第五弾への行き方ですが、赤坂の事務所より電車⇒バス⇒徒歩で行くと約2時間20分くらい、車で行くと首都高や山道に慣れているかどうかにもよりますが約1時間20分くらい、この宿は公共交通機関よりも車の方が早く行けます。

    ただし、山陽自動車道など地方の高速道路と同じ感覚だと、首都高速は運転できない~もしくは危険なので、地方の高速道路のように乗ったら乗りっぱなしのほぼ1本道とは違います。

    網の目のように目的地へ向かって次々と分岐しているので、取り合えず東名や中央などへ抜けるまでは気を抜かず、さっさと抜けるようにしないと首都高の運転は意外と危険です。

    東京はポルシェやフェラーりなど高級外車や改造車も多く、腕も無いのにスピードが出る車で回りに危険な運転をする人が多く、割り込みの時は手も上げない人が多いので要注意、これはマナーが悪いだけではなく手を上げる余裕の無い人が多いので、首都高は無法地帯だと思った方が良いです。

    今回は車で首都高から某高速道路へ抜けて某ICから降り山道をしばらく走行、更に脇道へ入り山道や林道となったところが宿のある場所で、先日も炬燵+エアコンが無いと寒くて部屋にいられないくらいの山奥でした。 (なお、さすがに砂利道ではなく舗装道路です。)

    ただし、旅館の駐車場へ車を出し入れするのは少しテクがいると思いますが、お客様用駐車場が宿から離れたところへあるので、そちらだと楽々停めることができると思います。 ここまでの説明がデジカメの御部屋だと車から写した画像と、私が橋の上で写っている辺りの画像です。

    そして部屋へ入ると昔の建物なので隙間風は普通にありますし、とにかく寒くて炬燵が無いと寒さが苦手な人は大変だと思います。 そして注意事項ですが電話はドコモしか使えないことと、TVはTBSと日テレとNHKがようやく映る程度です。

    取り合えず寒くて仕方が無いのでお風呂へ向かうと通路の先に鎧兜があるので、それを目印にして階段を下りるとお風呂場です。 何となく建物自体が異様な雰囲気でしたが脱衣所にはオーブがいたので、お風呂にゆっくり浸かろうとしても何となく落ち着きませんでした。

    身体を洗っている時も後ろから視線を感じるし、お風呂へ浸かっていても外から見られている感じがして落ち着きません。 その為、かなり早くお風呂から上がりました。

    そして部屋へ帰ると色々と来ているようなので、いつものようにデジカメで写しましたが、その画像をよく見ると日本人形のケース入りとケース無しが写っているのが分かると思います。

    夜の出来事は後述するとして部屋にいたオーブを見て頂くと、出現しているのは入り口と床の間に集中しているのが分かると思います。 この夜は何故か食事が大広間ではなく部屋食になったので、部屋から出ることなく食事をしましたが何となく落ち着きません。

    そして再びお風呂へ行きましたが誰もいない筈なのに見られている感じが消えず、早々に部屋へ戻り夜10時頃には布団へ入りましたが、床の間の前に敷いてあったので頭の横(右側)には日本人形で足の方に鹿の生足、これを想像して頂けるとなかなか寝付けないのがお分かりになると思います。

    それでもいつの間にか眠っていたようで夜中にふと目が覚めると、布団の入り口側(左側)に日本髪を結った着物の女性が立っていて、顔の上に手を翳すのが見えた時は怖いなんてもんじゃなく、動いたらヤバイ~目を開けるとヤバイ~気付かれたらどうなるか、そう思いながらも寝てしまったのは夢なのか現実なのか分かりません。

    なお、デジカメの小部屋の最後の方に芸能人のサインが山のように写っていますが、そのサインを入れた日付を見ると1989~2006年が多く、サインの日付から読み取れるのは「売れる前に来て、泊まった後に売れた。」です。

    そして第五弾の宿の途中にある、もう一つのパワースポットは画像整理ができていないので、遅くとも次回の東京出張より帰った頃にはパワスポの画像をアップします。

    ただし、そのパワースポットの説明をすると第五弾の宿の位置が分かってしまうので、次回はデジカメの小部屋で画像のみ公開となりますが、残念ながらどうしてパワスポなのか~どうしてあんな場所に注連縄があるのか、どうやっていけば良いのかなどの説明はブログ上では公開できません。

    あなたは第五弾へ、行ってみたいですか?

    ゚.+:。(ノω`)ノ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop